香川県のおすすめ観光スポットまとめ!移住者が教える瀬戸内の美しい場所




美しい香川県のおすすめ観光スポット

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

先日の記事→『香川県への移住者数が過去最大に!若者に人気の理由は瀬戸内の島?瀬戸芸?』で紹介しましたが・・・なんと、昨年度(2018年度)の香川県への移住者数が、集計開始以来の最多を更新したとのこと!

 

ありんこ
わたしありんこ、香川県に移住してきてから4年ほど経ちましたが・・・移住者のひとりとしても、なぜだかよく分からないけど嬉しいですね!香川おめでとう。

転勤などでやむなく香川県に来たという人たちは除いているんで、本当に香川を選んで移住した、という人たちの数なんですね〜すごい!

 

香川県って、面積で言うと日本で一番小さな都道府県。でもじつはこの中に、地元の人たちも気づいていないたくさんの魅力がつまっているんですよね。

ということで今回は、移住者としてもすすめたい、香川県内の観光スポット(と言われていないような、観光地化されていない場所も)、ランキング形式で紹介していきます!

ちなみに、高松港などからフェリーでアクセスできる瀬戸内の島は、今回の記事では含んでいません。本当は島に行くのがとってもおすすめなんですが・・・「島に行く時間がたっぷりある、島に行きたい!」という方はこちらの記事→『【まとめ】香川県のおすすめ観光スポット!瀬戸内海の島10選』をどうぞ!

 

香川県高松市内のおすすめ観光地へふらっと訪れる

香川県って日本一小さいとは言え端から端まで行くにはそれなりに時間がかかる・・・(東端から西端までは、おそらく車で3〜4時間)。

その中で、香川県の県庁所在地である高松市はと言うと、香川県のちょうど真ん中あたりに位置します。

 

ありんこ
だから高松から出発すれば、島も含め県内いろいろ、アクセスしやすいってことですね!

 

まずはそんな高松市内にある観光スポット、(個人的な見解で、移住者目線で)訪れて良かった場所、紹介します!

 

栗林公園

香川県高松市内にある、日本一広い特別名勝回遊式大名庭園「栗林公園(りつりんこうえん)」。

紅葉シーズン、そして梅や桜のシーズンにはとくにたくさんの観光客、地元の人たちで賑わいます!どのシーズンもそれぞれ美しい景色が切り取れるのが、この場所の良いところ。

西側に大きな紫雲山(しうんざん)という山があり、この山が背面にある分、日暮れも早い栗林公園。開園時間も、季節によって変わる日の入り時刻に合わせて変化していきます。

開演時間や入園料など詳しい情報はこちら→『【栗林公園】香川県高松観光におすすめ!超お得な年間パスポートも

 

屋島

屋島

香川県内には、お椀を逆さまにしたような形のずんぐりとした山が多いんですが・・・屋島だけは、どこにいても一目で分かる形をしています。

この山だけは、のっぺりとした台形なのです!それでいて高さはとっても高いので、高松市内や瀬戸内海の島にいても、屋島を見つければすぐにわかります。香川県民にとってはけっこう親しみのある山。

屋島は瀬戸内海国立公園に指定されており、いつでも綺麗に管理されています。それでいて人工的な感じもしない、自然そのまんまの魅力がたくさんある素敵な山。

そしてここ屋島は、源氏と平家の戦い、壇ノ浦の戦いの戦場となった、歴史上非常にゆかりのある地なのです!

 

ありんこ
高松市の中心街から比較的すぐにアクセスできる、瀬戸内海の絶景が眺められる場所。観光最終日の午前中だけ空いてる・・・というときなどにおすすめな、近場スポットです!

ちなみに香川県民にとって屋島って、”ちょっとダサめなデートスポット”みたいな位置付け(人によります)。でも眺めが良くて気軽に行ける、わたしは大好きな場所ですね〜

 

詳しくはこちら→『【屋島】香川県高松のおすすめ絶景スポット!源平合戦の地を観光

 

仏生山

仏生山

仏生山の読み方は、ぶっしょうざん。山じゃなくて、仏生山町、町の名前になっています。

仏生山は高松市内の市街地から南に7kmくらいの場所にある、高松駅や瓦町駅などからもすぐにアクセスできる地元民に大人気の地区!

江戸時代にこの地区に、松平家が法然寺を建立したそうで、そのことで門前町が作られ、今でも歴史的な建物が多く見られます。

観光地というわけでもないんですが・・・地元の人たちや移住者たちが、頑張って町おこしをしている、歴史があってなおかつ新しく魅力的なスポットも作られてきているという、個人的にもけっこう好きで興味深い地域!

地元民に人気のカフェやケーキ屋さんも多くあって、街歩きがとっても楽しいんですよね〜。電車でもアクセス便利ですよ!→『【仏生山】香川県高松、地元民にも人気のおすすめ観光地!カフェに食事、温泉、宿泊

 

鬼無

勝賀山

鬼無町(きなしちょう)は高松駅からJR予讃線で西に2駅、高松のベッドタウンになっているエリア。山や田んぼ、畑が多く自然豊かで、とても静かな落ち着いた雰囲気のある地域。

 

ありんこ
わたしが香川県に移住したときに最初に住んでいた場所。(快速電車が止まらない無人駅ということは知らなかった・・・)

かなりの田舎なんですが、静かでとっても過ごしやすい!なにげに気に入ってました!

 

香川県はうどんが日本一ということで有名ですが、じつは松の盆栽生産量でも日本一!

国内の盆栽生産量の約8割が香川県産だそうです。そして香川県の中でも松盆栽の町として知られるのがここ、鬼無。このエリアでは江戸時代からずっと、黒松の栽培がさかんに行われていたとのこと。

 

地元ではかなり有名な、森のパン屋さんもあり・・・そして田舎を味わいたい人なら絶対に気に入る、魅力がたくさんつまった場所ですよ〜→『【鬼無】香川県高松市、松盆栽日本一の町を観光!おすすめ隠れ家パン屋さんも

 

車(レンタカー)や電車で訪れる香川県のおすすめ観光スポット

ちなみに、わたしが香川県に移住してきた当時、車を持っていませんでした・・・自動車免許ですら、一応直前にとってきた(けど運転は怖すぎて無理)というくらいで。

でも香川県ってとくに高松市内の市街地、道がずーっと平坦なので、車がなくても全然OK。地方なのに、車なしでも生活できてしまうのです!満員電車などで人混みにもまれず、なおかつ車がなくても生活できる香川県、移住の決め手のひとつでしたね〜。

ただ車があって、ちょっと遠出すればたくさんの素敵な場所を訪れることができるというのも事実!

ここからは、高松市内からは車または電車などでアクセスできる、おすすめしたい香川県の観光スポットを紹介していきます!(あくまで個人的な視点であって、ガイドブックに載っている場所が載っていなかったり、逆にガイドブックには載らない場所を載せていたりもします。)

 

紫雲出山(香川県三豊市)

高松市内から車で1時間半ほど西方向に進んでいくと、アクセスできるのが紫雲出山。

ここは桜のスポットとして県内ではとても有名。桜のシーズンには県内だけじゃなく県外などからも、カメラ好きな人たちなどがたくさん訪れます。

桜シーズンの土日には交通規制がかかるくらい混雑!(とは言っても、駐車場が満車になるというだけで・・・山の中に人が溢れるということはないんですが)

高松に住んでいてもなかなか行く機会の少ない場所なんですが、ここからの景色、個人的に大好きなんですよね〜!

 

桜の開花時期に訪れた紫雲出山、美しい桜のフィルム写真を撮影しました。こちらも合わせてどうぞ!→『カメラ女子必見!香川県のおすすめ桜写真スポット「紫雲出山」が美しすぎる

紫雲出山、冬の情報はこちらも→『【紫雲出山】香川県三豊市のおすすめ観光スポット満開の桜と島々

 

父母ヶ浜(香川県三豊市)

インスタ映えだかなんだかで最近全国的に注目され、休日の夕方などにはとんでもない人混みになる、ただのビーチ。紫雲出山から車で30分もかからずアクセスできる場所ですね。

ここ、ウユニ塩湖のような鏡張りの写真が撮れるということで有名になっています!

ウユニ塩湖というのは知る人ぞ知る、誰もが一度は行ってみたい、南アメリカ大陸ボリビアにある干潟。

 

ありんこ
もう一度言いますが、見た目はただのビーチ。ウユニ塩湖とは違います!

夕日の見れる浜辺としては良いんですが・・・最近では人混みがすごくて、正直あんまり行く気にはなれません。

 

ウユニ塩湖のような写真を撮るための方法などについては、こちらもどうぞ→『【父母ヶ浜】香川県三豊市のおすすめ観光地!にせものウユニ塩湖

 

大窪寺(香川県さぬき市)

四国遍路の88番目、最終霊場となるのがここ、大窪寺(おおくぼじ)!

四国遍路をしているお遍路さんにとっては特別な場所です。

そして大窪寺は、じつは香川県にある四国屈指の紅葉スポット!自然豊かな香川県や四国全体の中でもかなり上位に入る、紅葉の美しい場所です。

ただ、香川県の田舎にあるということからか、まだあんまり世間からは注目されていない感じがあります・・・。

 

紅葉の時期はとくにおすすめ。それ以外の時期にも、お土産やさんやうどん屋さんがすぐ近くにあるので充分楽しめるおすすめスポットですね→『【大窪寺】香川県観光とおすすめ紅葉スポット!四国八十八ヶ所霊場最終88番札所

紅葉の時期の写真はこちらもどうぞ→『カメラ女子必見!香川県の超おすすめ紅葉写真スポット「大窪寺」

 

まんのう公園(香川県仲多度郡まんのう町)

香川県の中心部分あたり、「金刀比羅宮(こんぴらさん)」の近くにある大きな公園で、毎年夏には大きな音楽フェス「モンスターバッシュ」が行われて人混みが押し寄せる公園です。

 

ありんこ
あんまり、観光地としてガイドブックに載っていることもなく、車がないとちょっとアクセスが不便だけど・・・

季節ごとにいろんな風景が楽しめる、やたらとだだっ広い公園なんですよね〜

 

上の写真はネモフィラが咲く4月頃の風景ですが、他の季節にもまた違った楽しみがありますよ!→『【国営讃岐まんのう公園】香川県の中心部!観光地化されていないおすすめスポット

 

善通寺・金倉寺(香川県善通寺市)

つづいて、四国八十八ヶ所霊場、75番目札所である善通寺。さらにその前76番目の金倉寺。

こちらの記事→『【善通寺・金倉寺】香川県のおすすめ観光スポット善通寺市』には、冬に訪れたこの2つのお寺周辺の情報をまとめました。

ゆっくりお寺歩きがしたい、有名なお菓子屋さん、カフェ、お土産やさんなどにも寄りたい!という人はこの地域がおすすめですね。

車でアクセスするのが便利です・・・。

 

道の駅みろく(香川県さぬき市)

そして、なんともピンポイントな紹介ですが・・・つづいては、道の駅。

道の駅みろくは、香川県の中央に位置する高松市と、最東端にある東かがわ市のちょうど真ん中、さぬき市のエリアにある立ち寄りスポットです。車でアクセスしなきゃならないんですが・・・

道の片側だけじゃなく、大通りを挟んで両側に、道の駅みろくの敷地が広がっているので、なんせ敷地が広い!駐車場は、どちら側を使ってもOK。反対側への徒歩移動は、歩道橋を使ってすぐなので便利。

こちらの記事→『【道の駅みろく】香川県さぬき市にある観光にもおすすめな産直』にもありますが、産直やパン屋さん、カフェなどとっても充実しているんですよね。なおかつ地元の食材をたくさん売っていたり使っていたりします。

 

ありんこ
道の駅のなかではトップレベルにおすすめですね〜

わたしも、近くに用事があるときには必ず立ち寄りますよ!

 

五名(香川県東かがわ市)

そして、さらに香川県内を東の方向へ・・・

最東端が東かがわ市という都市なんですが、ここ、イノシシの猟をする人たちが多いようで。

観光スポットというよりもお祭りの紹介なんですが、こちら→『【五名】香川県東かがわ市観光もおすすめ!いのしし丸焼きが食べれるお祭りへ

東かがわ市の五名という場所で毎年行われているイノシシ祭り。大自然のなかで味わうイノシシ肉は格別でした!

 

ありんこ
東かがわ市は、町おこしも最近頑張っているようで・・・これから観光客向けのスポットがどんどん完成していくかもしれない、注目の地域!

そして、東側ってなんだか穏やかな人が多い気がします・・・せっかちな香川県民ですが、西側の方がそれが顕著みたい。

 

いかがでしたか?観光できる時間や季節なども考えながら、好きな場所、選んで訪れてみてください!

香川県には島もいろいろ、こちらの記事→『移住者が厳選!香川県のおすすめ観光スポット6選』には、瀬戸内の島も含めたおすすめスポットを紹介しています。島に興味がる人はどうぞ。

そして、冬〜春にかけてはいちごの季節!香川県内でできるイチゴ狩りのおすすめスポットも、まとめてあります→『【香川県観光】おすすめいちご狩りスポット4選!いちごスイーツも