香川県で紅葉写真を撮るなら、四国八十八ヶ所霊場最終88番札所「大窪寺」




四国八十八ヶ所霊場最終88番札所「大窪寺」紅葉シーズン

高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

西日本は紅葉シーズン後半。香川にふらっと移住してきてから、山とか海とか島が身近にある暮らし、野菜や果物や魚介類の旬がちゃんと感じられるような暮らしをしています。ときどき神奈川や東京に帰ると、もはや高いビルだらけ人間だらけの環境と空気の汚さだか何だかにストレスがたまり、体の節々が痛む始末・・・。

香川に来てから、いちばんわたしが推している紅葉スポット、今年も行ってきました。

それが、四国八十八ヶ所巡りでお遍路さんが最後に訪れる88番目の札所、「大窪寺(おおくぼじ)」。めちゃくちゃ紅葉が綺麗な上に、最終札所ということもあってか雰囲気が抜群、観光にも力を入れているようで、お土産やさんやうどん屋さんもあったり。

詳しくはこちらもどうぞ→【大窪寺】アクセス便利な、香川の美しすぎる紅葉スポット

香川県内、高松市の隣にあるさぬき市のお寺ですが、お遍路さんのためのコミュニティバスが出ているのでアクセスは比較的便利。かといって紅葉スーズン中も人混みになることがなく、のんびりと秋を楽しめるのでおすすめなのです。休日は比較的混雑、駐車場もそこそこいっぱいになりますが。

 

「大窪寺」紅葉シーズン写真のコツと時間帯

大窪寺にはモミジの木がたくさん。イチョウやカエデの木なども。

紅葉の写真を撮るなら、おすすめは夕方です。太陽が真上にある昼間よりも日が傾いている時刻の方が、色とりどりのモミジに綺麗に光が入るので。

と言ってもこの時期11月中旬〜下旬は17:00ちょっと前に太陽が沈んでしまうので、ベストは14:00〜16:00頃。逆に、朝早く起きれるなら朝行くのもおすすめです。

 

「大窪寺」紅葉シーズン写真ギャラリー

赤だけじゃなく、いろんな色のモミジたち。オレンジや黄色、まだ緑色のモミジも。紅葉シーズン終了で、葉っぱが茶色くなっている木もありました。それはそれで、彩りを加えていて良い。

 

なんといっても大窪寺の紅葉シーズン名物?は、あたり一面に広がった赤いじゅうたん!紅葉シーズン後半にしか見れない圧巻の景色です!

赤いじゅうたんは、こちらの写真の方がちゃんと撮っています。

 

カラフルなのも良いし、やっぱり真っ赤なのがいちばん目を惹かれます。

 

それぞれの葉っぱの形も、色も、散ってからも、どれも綺麗なのが紅葉。

 

こんなにカラフルで鮮やかな紅葉がのんびり見れるスポット、日本全国的に見てもここ以外あんまりないんじゃないだろか。

 

完全に葉っぱが散った木、まだまだ色鮮やかな葉っぱが生きている木、季節の変わり目。

 

深い緑の森と、真逆色の紅葉

 

散った葉っぱたちも、個性豊かな色と、形。

大窪寺以外にも、香川県内のおすすめ紅葉スポットいろいろ、独断と偏見でまとめました。→『秋に訪れたい香川の紅葉スポット4選

 

その他のわたしありんこが撮影した写真たち、メインは瀬戸内、香川で撮ったものです。こちらもチェックしてみてください!

 

旅行に役立つおすすめ便利アイテム7選!夜行バスや飛行機に乗るなら必須

2018.11.28

不安でも実は簡単に「移住」できる!地域おこし協力隊も意外とおすすめ

2018.11.27

【大窪寺】アクセス便利な、香川の美しすぎる紅葉スポット

2016.11.03




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!