カメラ女子におすすめしたい!香川県の写真スポット




香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

瀬戸内海に面した香川県。日本でいちばん小さな都道府県ですが、たくさんの島や観光スポットなどがあります。今回の記事では、神奈川県から香川県に移住してきてもうすぐ4年のわたしありんこが、訪れたことのある香川県内の写真映えするステキな場所を厳選して紹介します!

この記事に載せている写真は、自分で撮影したもの以外にいろいろな人が撮影したものもあります。スマホで撮ったものもあれば一眼レフで撮ったものもあり・・・学生時代に集めた写真ばかりなので、あまり写真映えしているようには見えないことも多いんですが、とりあえずの参考に。紹介している場所自体は、カメラ女子など、写真を撮ることが好きな人たちにはとてもおすすめな場所ばかりです!

香川県を訪れてみたい、さらにちょっと住んでみたい・・・という人はこちらの記事→【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!、長いですが役に立つ情報がたくさん載っているのでぜひ!

 

カメラ女子におすすめ!香川県の写真スポット

香川県といえば、瀬戸内海の美しい島を思い浮かべます・・・そんな美しい島の中での写真スポット紹介はこちら→『カメラ女子向け!写真スポットにおすすめな香川県、瀬戸内の島

さらに、香川県内のおすすめ写真スポット。季節によっても景色は変わりますが・・・ぜひ一度訪れてみてください!それぞれ、ちょこっとずつ紹介しておきます。

  • 栗林公園(香川県高松市)
  • 大窪寺(香川県さぬき市)
  • 東かがわの街並み(香川県東かがわ市)
  • 父母ヶ浜(香川県三豊市)
  • 紫雲出山(香川県観三豊市)

 

栗林公園(香川県高松市)

国の特別名勝に指定されている文化財庭園。その中でも広さが最大だという栗林公園は、香川県高松市内のとある大通り沿いに広がってます。高松の中でも都会、人や車が次から次へと行き交う場所のど真ん中に、こんなに自然豊かで立派な庭園があるのか!ってくらいインパクトのある異空間。

 

栗林公園には、和船に乗って園内をまわれるサービス(料金がかかります)とか、栗林公園にめちゃくちゃ詳しいガイドさんをつけての園内散策(無料!)とか、その他いろいろ楽しみ方があるので、何度訪れても飽きることはありません!

季節によっても景色が変わるので、わたしは年間パスポートを購入して何度も訪れています。

栗林公園についてもっと知りたい方はこちら

 

大窪寺(香川県さぬき市)

何と言ってもここ大窪寺は、香川県屈指の紅葉スポット!めちゃくちゃ美しいです。

大窪寺は、四国八十八か所最終の88番札所。赤、オレンジ、黄色・・・びっくりするくらいカラフルな景色が一面に広がっているのです。

 

大窪寺

立入禁止なんですが、こちらの真っ赤なじゅうたんも大きな見所!

紅葉以外の時期にも、たくさんの緑モミジを見たり・・・また違う楽しみ方があります。

大窪寺についてもっと知りたい方はこちら

 

東かがわの街並み(香川県東かがわ市)

東かがわ市の古い街並み、こちらもけっこう写真映えするスポットです。

 

この日は雨でしたが、広がる街並みと海岸、写真を撮るにはとっても好きな場所がいろいろあるのです。

 

父母ヶ浜(香川県三豊市)

最近、写真映えスポットして有名になり全国各地から観光客がたくさん訪れている場所。

南アメリカ大陸ボリビアにある干潟、ウユニ塩湖はきっと誰もが一度は行ってみたい場所ですが、ちょとと似たような鏡っぽい写真が撮れる場所がじつは香川県にもあったのです!

 

ただ、じつはふつうに写真を撮るとこんな感じ。

鏡張りになっているかのような写真を撮るためにはちょっとしたコツが必要です。

一番の好条件としては、海からできるだけ近い場所にできるだけ大きな水たまりがあり、さらに風が吹いていないときです。水たまりが小さかったり海から遠かったりすると、うまく鏡っぽくなりません。風が強かったり少しでも水たまりに足が入ってしまうと、波紋が発生してしまい綺麗な鏡にはなりません。

撮影のときに必要なものについては

  • 水たまりに入れる程度の服装とサンダルorクロックス
  • カメラorスマホ(日没のタイミングや夜撮影する場合は、一眼レフなど長時間露光のできるものが良い)
  • (夜の撮影or自分も写りたいなら)低い位置から撮影できる三脚
  • (自分も写りたいなら)リモコン

三脚とリモコンはなくても、近くにいる人に撮影をお願いすればOKです。ちなみにセルフタイマーはおすすめしません。シャッターを押して10秒以内で水たまりをダッシュで超え、水たまりを踏んでしまった場合には波紋が消えるのを待つ・・・ということが不可能なので。

海と水たまりの間のスペース(被写体が立っている場所ですが)が少なければ少ないほど、キレイな写真が撮れます。そこで、できるだけ低い位置からの撮影ができる三脚が必要になってくるのです。

父母ヶ浜で絶景写真が撮れるタイミングというのは、引き潮のとき。夕暮れの他にも、昼間には一面の青空を背景にした絶景写真、夜までいれるなら、一面の星空を背景にしたまるで宇宙にいるかのような絶景写真が撮れるんじゃないでしょうか。

父母ヶ浜についてもっと知りたい方はこちら

 

紫雲出山(香川県三豊市)

桜の開花時期にはたくさんの観光客で賑わうここ、紫雲出山。香川県の北西の端っこ、車じゃないとアクセスの難しい場所にあるんですが、個人的には好きな場所だったりします。

春には満開の桜、そして瀬戸内海も一望できます。

 

そして桜の開花時期以外にも、山の上から眺める瀬戸内海の青色とそこに浮かんだ緑の島々は絶景!

季節ごとに紫陽花や水仙、桜の花や桜の葉の紅葉などなど・・・それぞれ違った表情を見せてくれる絶景スポット。カメラを持って出かけるのにもとてもおすすめです!

紫雲出山についてもっと知りたい方はこちら

 

まだまだカメラを持って出かけるのにおすすめの場所が香川県内にはたくさん!この記事を参考に、また新しい場所もいろいろ探してみてください。ガイドブックに乗っていないような、地元の人もほとんど訪れないような場所、特定の季節にだけ絶景が見れる場所などなど、たくさんあります。

ありんこ

香川県で撮影した写真いろいろ、instagramギャラリーに載せています!

香川県の写真スポット、紅葉はこちら→『カメラ女子が秋に訪れたい!香川県の紅葉写真スポット4選』!

 

香川県など地方への移住をしてみたいと考えている人は下の関連記事へ!長いんですが、かなり詳しく役立ち情報をまとめました。

【まとめ】移住者のわたしがすすめる香川県移住!成功と失敗

2018.12.22

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18




フォロー&ランキングお願いします!ポチッと