【家庭菜園】日当たりが悪くても育つ冬野菜6選

高松につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)、オーナーのありんこです。(プロフィールこちら

どんどん涼しくなってきて、すっかり秋になったありんこハウス

 

シェアハウスの家庭菜園

さつまいもを収穫したあとの畑。

まだ、先日の台風でひしゃげてしまったナスやバラがありますが。

ありんこハウスの小さな畑、冬になると日当たりが悪くなってしまうので、家庭菜園も難しくなります。

 

そこで、地元で農業をしているプロに”日当たりが悪くても育つ野菜”について聞いてきました

今回は日当たりが悪くても育つ、冬に収穫できる野菜について紹介します。

ありんこハウスでは、何を植えようかな・・・。

 

日当たりが悪くても育つ冬野菜

コマツナ

めちゃくちゃ育てやすいといわれてい、農薬を使わなくてもほぼ栽培に成功する野菜です。ちなみに、これに似ているほうれん草は難しいんですが。

コマツナは1年中作ることができますが、夏に栽培する場合は害虫が多いので、おすすめは冬。

  • 種まきは3〜5月または9〜10月頃
  • 収穫は4〜6月または10〜12月頃
  • 連作障害あり(1年あける)

※連作障害:連続して同じ場所で同じ科の野菜を育てるとうまく育たない。

 

ミズナ

生で食べても加熱しても美味しい、いろんな料理に使えるミズナ。

昨年、ありんこハウスの小さな日当たりの悪い畑で栽培しましたが、ちゃんと収穫することができました。

変人(=面白い人)たちの集まり?高松のシェアハウス交流会

2018.03.13
  • 種まきは3〜4月または9〜10月前半頃
  • 収穫は5〜6月または11〜1月頃
  • 連作障害あり(1年あける)

 

ブロッコリー

植え付けからすぐに害虫にやられてしまうことに注意すれば、あとは栽培しやすい野菜。

カリフラワーよりも、こちらのブロッコリーの方が初心者向きです。

  • 種まきは8〜9月頃
  • 収穫は11〜1月頃
  • 連作障害あり(2年あける)

 

ミツバ

香りの良い野菜。一気に大量に食べるっていうことはあまりないですが。

ミツバにもいろいろ種類がありますが、育てやすいのは「糸ミツバ」「青ミツバ」です。

強い日差しが苦手で、むしろ日当たりが悪い方がよく育つと言います。

  • 種まきは3〜6月または9〜10月頃
  • 収穫は5〜8月または10〜12月頃
  • 連作障害あり(3年あける)

 

チンゲンサイ

冬野菜・・・ではないですが。ほぼ年間を通して植え付け、収穫ができる野菜。

年間を通して栽培できますが、春になると花が咲いてしまうので要注意です。

  • 種まきは4〜10月頃
  • 収穫は5〜12月頃
  • 連作障害あり(1年あける)

 

カブ

夏にも収穫できるカブですが、冬野菜というイメージがなぜか強い。

白い根っこよりも、葉の部分の方が栄養価が高いとも言われています・・・。

冬に収穫する場合には、夏の終わりから種まきができますが、涼しくなってからがおすすめです。

  • 種まきは3〜5月または9〜10月頃
  • 収穫は4〜6月または10〜1月頃
  • 連作障害あり(1年あける)

 

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

小さな畑をシェアしてミニ農業!シェアハウスで家庭菜園

2018.06.06

変人(=面白い人)たちの集まり?高松のシェアハウス交流会

2018.03.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!