四国から本州近畿へ最短アクセス!徳島〜和歌山「南海フェリー」




四国から本州近畿、本州近畿から四国への最短アクセス方法

ありんこです。(プロフィールこちら

四国から本州(または本州から四国)へ行く方法・・・車なら、徳島から淡路島を通って兵庫へ。関西方面へ行くならちょっと遠回りですが高速料金は安い、香川県坂出から瀬戸大橋を通って岡山へという方法も。坂出〜岡山なら電車もあります。

その他の方法なら、フェリーに車を乗せて瀬戸内海の各島を経由して本州へ行くというのもあったり。ただ、4〜5時間とけっこう時間はかかります。

 

徳島〜和歌山「南海フェリー」

ただ今回なんと、最短経路で四国〜本州近畿を結ぶアクセス方法を見つけたのです。

それは、徳島から和歌山へ(和歌山から徳島へ)のフェリー

 

出展

四国から岡山までなら、瀬戸大橋を通る経路がいちばん近いんですが・・・四国から関西方面へ行くならこっちのアクセス方法が断然おすすめ!

徳島港と和歌山港を結ぶフェリー、「南海フェリー」です。四国〜本州近畿まで、約2時間。車でアクセスしたいならめちゃくちゃ楽チン。

 

四国〜本州近畿最短経路!徳島と和歌山をつなぐ「南海フェリー」

「南海フェリー」の充実した船内!

車でアクセスするとなると、四国から関西方面は3〜4時間くらい。でもこのフェリーに車を乗せてしまえばたったの2時間で何も運転せず到着。

船内は座席や和室、個別ブースなどがありすべて自由席。(一部グリーン席もありますが)

 

売店もあるし、飲み物食べ物、アルコール類の自販機まであってめちゃくちゃ充実!

 

なぜかアニメ推し?

そしてゲームコーナーまでも・・・。

 

食べ物や飲み物、お土産だけじゃなくいざというときのために、酔い止めまで売っているという至れり尽くせり!かといって、フェリー自体通常はほとんど揺れません。

 

「南海フェリー」時刻表

四国→本州近畿(徳島→和歌山)

出展

まずは四国から本州和歌山へのフェリー時刻表。(左がフェリー時刻表。右は和歌山港に到着後の関西空港などへアクセスする電車の時刻表です)

カーフェリーにしては、1日に8本とけっこう多めの本数出ていて便利。

 

本州近畿→四国(和歌山→徳島)

出展

こちらは和歌山から四国徳島へのフェリー時刻表。(右がフェリー時刻表。左は関西空港などから和歌山港へアクセスする電車の時刻表です)

 

「南海フェリー」運賃

旅客運賃(人間だけが乗る場合)

出展

まずは、特に車などを乗せず人のみで乗船するときの運賃、基本的に大人は片道2000円。14日以内の復路便なら、往復で購入すると10%の割引。

 

車を乗せる場合

出展

続いて、車を乗せる場合。旅客(運転手)一人分の料金を含んでの料金表です。車体長を車検証でよく確認してから購入するようにしてください。ときどき、車検証の提示を求められます。

 

その他の料金

出展

その他、自転車やバイクを乗せる場合の運賃。旅客(運転手)の運賃を含んでいないので、片道この料金+旅客料金となります。カゴに入るサイズの小型犬なら+280円で持ち込むことができます。

 

四国〜本州近畿(徳島〜和歌山)車でアクセスするなら「南海フェリー」お得なクーポンで!

四国と本州近畿を2時間でつなぎ、車を運んでもこの料金ならまあまあ・・・といったところ。他の経路でアクセスした場合の高速料金や運転時間を考えればお得ですが。

さらに、もっとお得に乗れる方法があるのです!

「南海フェリー」HISのクーポン券

HIS(エイチ・アイ・エス)のサイトから、クーポンを検索するとこの「南海フェリー」のクーポンが出てきます。(期間によってあるときとないときがあるので注意)

こちらだと、車を乗せる場合の旅客を含む運賃から20%引き!

ただし注意点は、クーポン画面の提示だけだと無効。必ずクーポンの印刷が必要なところです。しかもこのクーポン、当日分しかとれません。なので電話で予約後、乗船当日にクーポンを取得、印刷してから持参という流れになります。

 

「南海フェリー」JTBのクーポン券をコンビニで

HIS(エイチ・アイ・エス)のクーポンを取得するのに失敗・・・またはちょっとめんどくさかった・・・という人には、こちらのクーポンがおすすめです。

コンビニでクーポン券を購入するという簡単な方法。

JTBのサイトから、国内旅行→現地観光・レジャーチケットのなかで「南海フェリー」を検索。詳しい購入方法がこちらで見れますが、車(車体長4m以上または5m以上)をのせる場合にのみ有効、10%引きになります!

クーポンを使うのと使わないのとでは、けっこうな差。ぜひチェックしてみてください。

南海フェリーの公式サイトはこちらから。乗船するときの細かい流れなどを確認することができます。

 

世界遺産熊野古道、山歩きでは「ダリ(ダル、ヒダル)」に注意!

2018.11.01

死体が流れ着く心霊スポット?「雄島」と破ってはいけない掟

2018.09.16