高松市内のシェアハウス(コアリンコハウス)リニューアルオープン!




香川県高松市への移住とシェアハウス

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ありんこハウスなど)のオーナー兼住人、ありんこです。

(プロフィールとシェアハウスなどの情報はこちらのページ

 

高松市内にはいま現在、ありんこハウス系列のシェアハウスが2カ所。

ひとつは3年半ほど前から運営しているALINCO house、街中から自転車で10~15分ほど東に行った場所にあるこぢんまりとしたシェアハウスです。

そしてもうひとつは高松市屋島よりも少し街寄り、ことでん潟元駅近くにあるCo ALINCO house。

※ それぞれのシェアハウス入居募集情報について詳細はこちら→『香川県高松市のシェアハウス入居募集情報!ありんこハウス系列

 

ちなみにこのブログがARINKO LOGなのになぜALINCO?と聞かれたりするんですが、その理由について・・・

ALINCOというスペルの方がなんか良いなあーと思いシェアハウスにはALINCO houseと名前をつけた当時、このブログもALINCO LOGにスペルを変更しようかとも思ったんですが、それはやめることに!

というのは、わたし自身のニックネームがありんこ(ARINKO)なので全く同じだとなんだか、ふつうにわたしの家みたいな印象になるので、あえて違うスペルにしました。

 

ありんこ

シェアハウスはわたしの家じゃなくて、シェアなかまなど関わってくれた人たちみんなの居場所になってほしかったというのが理由ですね。細かいあがきですが・・・

 

ところで潟元駅近くで昨年から、男性が入れるシェアハウスとして運営を試みていたシェアハウスですが、2020年より部分的なリフォームを施し・・・

2021年1月からはこちらもありんこハウス同様、女性限定の小さなシェアハウスとなりました!ありんこハウス2棟目という感じです。

わたしが管理・運営しやすいというのと、基本的には綺麗に使ってもらえる可能性が高いと思ったので女性向けです。

セキュリティーレベルも格段にアップし再スタート!

 

香川県高松市の東寄り、女性シェアハウス「コアリンコハウス」

ちなみにCo ALINCO houseの”Co”をつけた理由は2つあって

  • 英語のco-には共同の、共通のという意味があって、シェアなかまと一緒に作っていきたいという思いと合うなと思ったこと。
  • ありんこハウスの次に作ったシェアハウスなので、”子ありんこ”みたいなイメージで響きがかわいいなーと思ったこと。

 

もともとは築40年弱の、住める状態になるまでにはかなり修繕の必要なお家でしたが・・・

業者さんに依頼したり、わたしたち夫婦でDIYをしたりと、心が折れそうになったタイミングも何度かありましたがなんとか全面的にリフォームが完了して、シェアハウスとして運用できるまでになりました!

※ 表札に5つ名前が書けるようになっていますが・・・定員は一応3人。+わたしありんこも出入りしています。

 

ありんこ

女性シェアハウスということで今回、モニター付きインターホンやティンプルキー、防犯カメラなども導入!

 

女性シェアハウス(コアリンコハウス)共有スペース

こちらがコアリンコハウスのキッチン含む共有スペース。

シェアハウスとしての運営1棟目となったありんこハウスでの運営経験を生かしつつ、入居してくださるシェアなかまがストレス少なく居心地よく利用することができるような設備、導線をできる限り考えて備品などそろえてみました。

 

キッチンは複数人数で同時に使うとすればけっこう狭いのですが・・・

テーブルなども使いつつ料理ができるように、不自由なく食事ができるようにと調理用の家電、器具などひととおり置いてあります。

 

ありんこ

もちろん、個人個人で使いたい器具、食器などを置くのもOK。

個人用の食材を保管する場所も確保しています。

 

キッチン家電としてはオーブンレンジや炊飯器、電気ケトル、オーブントースターなど。

 

蟻さんと、屋島も壁面にひっそりと・・・

 

ありんこハウス同様、ゆるい掃除当番も運用予定。

 

お風呂は、当時は昭和丸出しでしたが・・・

完全リフォームとは言わないまでもそれなりに費用と労力をかけてリニューアルしてみました!

バスタブとタイル床の塗装とシャワー、バス水栓や水道管、排水溝の交換などなど。

 

ありんこ

お風呂のお湯張りをどれくらいするかについては人それぞれなので、光熱費を上乗せする形ではなくお湯張りをする人は¥200箱に入れるという形で運用しています。

 

こちらは洗面所。

当時はこちらもまた昭和丸出しで、しかも水漏れが激しかったので水栓の交換や周辺の塗装など。

 

トイレにはウォシュレットはありませんが、こちらもまた当時は水を流せなかったり入口ドアが開かなくなったりと問題山積みでした・・・

床や壁、天井なども含めリフォームしてようやく、リラックスして使えるトイレになりました!

 

ありんこ

リラックスできるトイレ・・・大事大事。

 

廊下のギャラリー。

シェアなかまの手によってすでに飾りつけがされていたりと、これからどう変わっていくかも楽しみです!

 

ちなみに消化器や火災報知器など、防災関連のものも置いていたり。

 

ありんこ

ちなみにここの照明は付け替えようと、オシャレなものを購入したんですが・・・

わたしの住所があちこちにあるせいで送り先を間違えて、今現在京都に届いているようです。照明の交換はまた今度。

 

女性シェアハウス(コアリンコハウス)個室

手書きの図面はリフォーム途中にかいたものなので、多少の相違はありますが・・・

共有スペースと、それから3つの個室からなるコアリンコハウス。

 

シェアハウス1棟目のありんこハウス3つの個室についてはアリの巣を意識した部屋名(ジョオウアリ・ハタラキアリ・サナギ)でしたが・・・

コアリンコハウスについては日本に生息するアリの種類ということで、またまたちょっと気持ち悪い?部屋名をつけてみました!

  • 1階洋室(アシナガアリroom)押入れ収納スペースつき。
  • 2階洋室(クロオオアリroom)小さな収納とローテーブルつき。ベランダあり。
  • 2階和室(クロヤマアリroom)押入れ収納スペースつき。

うち1階洋室(アシナガアリroom)はすでに入居済みのため、お部屋の写真はまた入居募集のタイミングで撮影します!

 

ありんこ

お部屋については比較的ちゃんと撮影したため、事実よりも若干盛っているかもです。すいません!

 

2階洋室、クロオオアリroom。

小さな押入れのような収納があり、無垢パイン材のハンガーラックも設置しています。

それからベランダとちょっとしたローテーブル、エアコン、化粧鏡も。

 

2階和室、クロヤマアリroom。

大きめの押入れ収納と、こちらも無垢パイン材のハンガーラックつき。

漆喰壁と、こちらもエアコン、化粧鏡あり。ベランダはありません。

どのお部屋も照明、カーテンなど設置済みですが、人それぞれ好みは違いますのでもちろん変更、模様替え可能。

 

その他新型コロナ対策としては、帰宅後うがい手洗いの徹底、消毒用アルコールなどの設置、定期的な消毒とこまめな換気を行なっています。

住人は20〜40代くらいの若い人たちのみ(感染したとしても重篤化リスクがほぼない)ということと、小規模なシェアハウスということもありそれ以上のことは行なっていません。

というのも、住人どうしの関わりを減らすことはシェアハウス生活の醍醐味をなくすことに直接繋がるので・・・

いろいろな部分で判断の難しい世の中ですが、このことを理解できる方のみの入居をお願いしています。

 

ありんこ

ありがたいことに毎度毎度、素敵なシェアなかまに恵まれゆるっとした空気が流れているシェアハウス。

今回もまた新しいなかまを募集していますが、どんな人が来てくれるかなあとドキドキ、楽しみにしています・・・

 

 

※ シェアハウス入居募集情報について、賃料や契約期間などの詳細はこちらをご覧のうえ、お問い合わせください→『香川県高松市のシェアハウス入居募集情報!ありんこハウス系列

※ お問い合わせいただいた方で、こちらからの返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまっている場合がよくあるようです。ご注意ください!

※ お問い合わせメッセージ本文に、ちょっとした自己紹介を入れていただけるとありがたいです。

 

ARINKO LOG、動画バージョンもはじめました!

シェアハウスのこと他、車中泊の話やDIY関係がメインですがYouTubeチャンネル、こちらもどうぞよろしくお願いします→「ARINKO LOG 瀬戸内移住暮らし

※ このブログを書いている、わたしありんこのプロフィールなどはこちらのページからどうぞ。

 

香川県移住と車上生活。軽自動車で冬の車中泊を1ヶ月やってみた結果

2020.01.17

【まとめ】古民家リノベーションで作ったシェアハウスと香川県移住!開業と運営全公開

2018.12.20

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18