勘違いだらけ!香川県へ移住してきてびっくりした方言(讃岐弁)5選




香川県への移住者がびっくりした讃岐弁

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

神奈川県から香川県に移住してきて4年弱。それまでずっと、いわゆる標準語の環境のなかで育ってきたわけで、香川県の人たちが普段しゃべっていることば、聞き慣れるのにまあまあ時間がかかったのでした。香川県の人たちの方言、「讃岐弁(さぬきべん)」。違和感はもちろん、コミニュケーションの中での勘違いもいろいろと・・・今となってはただの笑える話なんですが。

 

讃岐弁って、香川県内の各地域によっても違いはあるみたいで。そして香川県民がみんな日常的に使っているものから、今の若い香川県民たちが知らないようなレアなものまでいろいろあるらしい。

ということでこの記事では、わたしありんこが移住者目線でびっくりしたり、勘違いしていた讃岐弁を5種類、紹介します!香川県で観光したり暮らしたりっていうときには要注意!

 

香川県への移住者が勘違いした方言(讃岐弁)5選

讃岐弁「えらい」=しんどい、大変

ある日、香川県の人に「実家は横浜市内にあるんですけど、香川県に来ました」っていう話をしたとき。「えらいね〜」って。

偉いね!って褒められたのかと思って・・・「ありがとうございます」なんて言ってみましたが。

でもよく考えてみると、実家を遠く離れて勝手にひとりで香川県に来たわたしはどちらかと言うと親不孝だと思われるはずなんじゃないかなと。っていうことで「えらくないですよ、そんなに頻繁に実家帰らないですし」とか言ってみたものの、なんだかコミュニケーションが変な感じになったのを覚えています。褒められてなかったんですね・・・。

 

讃岐弁「おなかおきた」=お腹いっぱい

たくさん食べてお腹いっぱいになったとき、香川県の人って「おなかおきた」って言います。

ご飯食べている最中に急に「お腹がおきた!」なんて言うから、ん?お腹痛くなった!?妊娠!?みたいな、わけ分からないことが頭のなかを駆け巡ったのでした。「おなかおきた」ってのがお腹がいっぱいだという意味なんですが、ちなみに、逆にお腹がすいたときは「おなか寝た」、とは言わないらしいです。

 

讃岐弁「なんがでっきょんな」=何してるの?

何かをしているとき、「なんがでっきょんな」って声をかけられることがよくあります。

これって、ちょっと崩すと「何ができてるのかな」ってのとちょっと似ているなーと勝手に解釈して、「何も作ってません!」みたいな答え方をしていたんですが・・・本当は、何してるのー?みたいな、声をかけるときの何気ない一言なようです。

 

讃岐弁「〜しまい」=しなよー

香川県の人たち、「これ、食べまい」なんて言って野菜など食べ物をくれたりします。

ただ、たとえば「食べまい」って、本当は「食べなよー」っていう意味なんですが・・・標準語として考えてしまうと、「絶対に食べない!」みたいな意味としても捉えられるんですね。ややこしい笑

 

讃岐弁「まける」=こぼれる

茶がこぼれてしまったときに、「お茶がまけた」とかって言います。

急に「あー、まけた!」とかって言うから、え、誰に負けた?いま自分と何か勝負してたっけな?みたいな。

 

以上、香川県への移住者としてわたしが勘違いしたことのある方言、讃岐弁ベスト5でした!他にもいろいろ、面白い讃岐弁があって、正直まだよく分からないものもたくさん。香川県を訪れたときにはぜひ、地元の人とのコミュニケーションを楽しんでみてください!

 

香川県など地方への移住について興味がある人はこちらの記事→【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!がかなりおすすめです。長いんですが、移住者目線でのかなり詳しい情報をまとめました!

【まとめ】香川県に移住して古民家リノベで作ったシェアハウス!開業〜運営全公開

2018.12.20

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18




フォロー&ランキングお願いします!ポチッと