【栗林公園】高松屈指の桜と紅葉スポット。フィルムで切り取る春

ありんこです。高松市に昨年つくった、女性限定の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人。

このたびありんこは、フィルムさんぽを始めました。わたしが普段使っているカメラは、メインはこちらの記事で紹介した、ソニーのシリーズにカールツァイスの55ミリ単焦点。ツァイスのレンズは値が張るのですが、独特の深みのある空気感を表現してくれるので、好き。

【善通寺・金倉寺】善通寺市観光と、香川にいる子授けの神!

2018.02.17

 

でも、デジタルじゃ表現しきれない世界がまだまだあるっていうことを、フィルムを手にしたことで知ってしまったのです!こちらはこちらで値が張る上にはげしく手間がかかるんですが・・・。そして今回、梅の開花に合わせて栗林公園へ、フィルムさんぽに行ってきました。栗林公園は、シェアハウス(ALINCO house)からは自転車で20分ほど。

この記事の下の方に、今回撮影したフィルムの世界、何枚かのせてます。同じような風景を切り取っていても、その空気感や印象はデジタルとは違う魅力にあふれてます!!ぜひ見てみてください^^デジタルとの違い、言葉でははっきりと表せないんですが・・・わかってもらえたら嬉しいかぎりです。

 

特別名勝「栗林公園」

国の特別名勝に指定されている文化財庭園。その中でも広さが最大だという栗林公園は、香川県高松市内のとある大通り沿いに広がってます。高松の中でも都会、人や車が次から次へと行き交う場所のど真ん中に、こんなに自然豊かで立派な庭園があるのか!ってくらいインパクトのある異空間。

 

この写真を撮った時期はあったかくて、公園中の木が青々としてました。新緑の季節になると、こんな緑色の風景も見られます。

背景にあるのは、紫雲山。都会の中の大自然です。

 

公園内には1400本もの松の木があり、さらにその中の1000本程度の木は職人さんがわざわざ手入れをしているそう。

池は6か所、色とりどりの鯉たちが優雅に泳いでます。

 

四季によって景色を変える、色とりどりの植物も見どころ!

 

ここが、よくパンフレットなどにも使われている園内いちばんのビューポイント「飛来峰」。ここからの眺めも、季節によって表情を大きく変えてくれます。

 

桜の見頃は夜も開園+ライトアップ!

桜の見頃は3月後半から。この時期に合わせて、栗林公園では数々の桜の木がライトアップします!しかも、普段なら日没で閉園してしまうところを、このイベントの時期には夜まで開演。観光客や地元の人たちで、毎年にぎわってます。

 

夜桜を見ていると、日本に生まれてよかったなあ〜なんてしみじみしちゃいます・・・

 

あたたかい時期の夜の桜並木さんぽ・・・最高に贅沢な時間です。ひとりぼっちで優雅に夜桜さんぽ。

 

この年は、桜の開花がちょっと早め。ライトアップの時期にはもうすでに、葉が出てきていました。これもこれで綺麗。散りぎわの桜と、ちょっとの緑^^

 

じつは、桜の木だけじゃなく松の木などもグリーンにライトアップ!この時期の栗林公園では、言葉に表せないほどの絶景と、非日常が味わえます。

でも桜の開花は、まだもうちょっと先ですね・・・今からが楽しみ。今年の開花時期にも、ありんこは栗林公園に出没予定。今年はフィルムカメラとの夜桜さんぽの予定。

ちなみに、紅葉の時期も同じようにライトアップをしてます!こちらも絶景です。

 

梅の開花

そしてちょうど今からの時期は、梅の見頃!

春が訪れ、おだやかに晴れた空。青空と、やさしいピンク色の梅の花と、鮮やかな緑色のメジロ。フィルムさんぽの写真ではなく、デジタルで撮影した写真ですが、何枚か紹介します^^

 

メジロはちょろちょろ動き回るので、撮影にもひと苦労。それでも思わずなんども、時間を忘れて切り取ってしまう美しい風景です。

 

梅と、フィルムさんぽ

ここまでは、デジタル一眼レフで撮影した写真たち。

2月半ば、梅の開花に合わせてフィルム片手にうろうろ。デジタル写真とのテイストの違いをお楽しみください^^

 

梅の木と空がつくる神秘的な空間。

 

梅の花目当てで訪れているお客さんがぽつぽつ。どこから切り取ろうか、この美しさをどうやって伝えようか、考える大きな背中と大きなレンズ。

 

このザラザラ感も、フィルム写真特有。どこが良いかと聞かれたら、ひとことでは言えないけど、とても好きな写真です。

 

このぐるぐるしたボケみはオールドレンズの特性。

空気と一体になった梅の花たち。

 

梅の花の他にも、どこかなつかしい空気を感じさせる、光を充分につかった写真もいくつかのせます。すべてフォーカスはオートではなくマニュアル。光と影と、構図と・・・ピンときたら、息をとめてシャッターをきります。これがまた楽しくてしょうがない!

今どき、デジタルで撮った綺麗な写真ってありふれてます。そしてレタッチ(編集)の手法もめちゃくちゃ発達しているので、その写真の風景が本物かニセモノかもわからない状態。

そんななかで、フィルム写真は撮ったその瞬間にディスプレイで見ることができない。現像するまで、どんな写真が撮れたのかもわからない。でも、だからこそのワクワク感があるし、技術と集中力が問われる。

オートフォーカスで撮影できるものもありますが、マニュアルだと、自分自身が選んで切り取った空間なんだっていうおもしろさもあります。

 

写ルンですブーム再来とも言われている近年。大人にとっては懐かしさのあるフィルム写真、ちょっと復活させてみませんか。

 

栗林公園の開園時間、アクセスと駐車場

香川県高松市栗林町1−20−16

栗林公園

ことでん栗林公園駅から徒歩9分

駐車場多数あり(有料)

年中無休

開園時間:詳しくはこちら

イベントの時期以外の開園時間は、ほぼ日の出〜日の入りまでです。栗林公園の中には、街灯のような証明はないそう・・・。

 

ありんこハウスの最新情報発信してます!

Facebook

こちらのページから、最新の情報を発信してます。いいねボタン、フォローよろしくおねがいします!!

 

Twitterはじめました

わたくしアリンコのTwitterアカウントができました。

  • 瀬戸内の自然や食べ物、シェアハウス(ALINCO house)での暮らし、旅先や路上で出会った景色などをやわらかく撮影
  • アリンコのちょっとしたつぶやき
  • シェアハウス(ALINCO house)の最新情報、ブログ更新情報

などをバンバンのせていきます。まだまだ発展途上のアリンコですが、ぜひフォローしてね^^

ありんこのTwitter→こちらから

 

instagram

インスタもやってます。こちらも発展途上ですが・・・フォローしてね!

  • ありんこが撮影した、瀬戸内の暮らしと旅先や路上で出会った景色→こちら
  • ありんこオリジナルの自作トトロ料理→こちら

 

インスタグラムフォロワー合計1万人いきました。みなさんありがとうです!!

ありんこオリジナルのトトロ料理、最近はちょっと停滞してますが・・・もうすぐ復活予定!そしてフィルムさんぽ開始にともない、投稿写真もフイルム寄りになる予定。デジタルでは表現することのできない空気感を、ぜひたくさんの人に見てもらいたいです。

シェアハウスのなかまと桜スポット

2018.04.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!