東京都、首都圏のシェアハウス、ソーシャルレジデンスという暮らし方。上京後の低コスト生活と出会いの場!




高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

シェアハウスという暮らし方、ここ数年で急速に知名度を上げてきました。シェア暮らしにも、いろんな形が生まれてきているようです。

ちなみに、香川県高松市内につくった小さなシェアハウスについて。ボロ物件購入からリノベーション工事、DIYと入居なかまの募集やシェア暮らしを始めてからのこといろいろ、こちらのカテゴリーにどさっとまとめてありますのでぜひ!

 

東京都、首都圏のシェアハウスという暮らし方。シェアすることのメリット

シェアハウスで暮らすということのメリット。

まずは、ふつうの賃貸アパートやマンションなどと比べてもかかる費用が安い。入居するときと生活費(家賃や共益費、インターネットや光熱費など)、どちらも。

入居にかかる費用について、アパートに住む場合との比較はこちら→20万円節約?シェアハウス、賃貸アパート・マンション入居にかかる費用は?

さらに、費用以外の価値もじつはたくさんあるのです。こちらの方が、知っておきたいところ。詳しくはこちらの記事にて→新しい時代の暮らし方「シェアハウス」。若者から老人まで?価値を決めるのはお金じゃない

【保存版】シェアハウスのトラブル、メリットデメリットまとめ

2018.06.09

 

東京都、首都圏のシェアハウスという暮らし方。オークハウスが運営するシェアハウスが豪華!

多様化してきたシェアハウス。とにかくコスパ重視した暮らしをしたい!という人にかなりおすすめなのが、オークハウスが運営するシェアハウス

個人じゃなく企業が運営までしているシェアハウス。正直、シェアハウスごとに違った個性や特別な面白さには欠けるかもしれませんが、ふつうのアパートやマンションの契約をするよりも断然お得。

アパートやマンションに入居するときにいちばんネックになるのが、初期費用。入居するまでに何十万円もかかるのが一般的なんですが、オークハウスが運営するシェアハウスなら、それが10万円以下で済むとのこと。

シェアハウスにはつきもののメリットやデメリット、トラブルなどについてしっかりと理解した上で、自分はシェアハウスという暮らし方に合っていると思った方、とにかくコスパを重視した暮らしがしたいという方は、ぜひこちらのサイトから、物件検索してみてください。

 

東京都、首都圏のソーシャルレジデンスという暮らし方。上京後の低コスト生活と出会いの場!

豪華な暮らしを気軽に

そしてシェアハウスを、さらにコミュニティ重視の”ソーシャルな場”として再定義したのが、「ソーシャルレジデンス」と呼ばれている場です。

つまりシェアハウスを大型にしたというようなイメージ。コスパ重視の暮らしというより、ちょっと値は張るけど豪華な暮らしを気軽にすることができるのがソーシャルレジデンスです。ジムやシアタールーム、大浴場や岩盤浴、防音室、カフェラウンジ、オフィススペースがあったりと、至れり尽くせり!

こちらも、シェア暮らしに向かない人には難しいとは思いますが。シェア暮らしが苦ではない、むしろ楽しめるという人には、一人暮らしなんかをするよりもかなりおすすめな暮らし方。→オークハウスが運営するソーシャルレジデンス

 

ソーシャルレジデンスが出会いの場として

シェアハウスという小さなコミュニティー内ではちょっと面倒ですが、ソーシャルレジデンスは出会いの場としての機能もあり。

シェアなかまと言うよりも友達、恋人という関係になり、オークハウスが運営するソーシャルレジデンスでは結婚までしたカップルもたくさんいるようです。

 

大手企業が運営するシェアハウスって、かぼちゃの馬車関連の事件をはじめいろいろとトラブルが生じるおそれもありますが・・・こちらのサイト、オークハウスさんが運営するシェアハウス、ソーシャルレジデンスはその歴史も長く、信用度も高い。東京都を中心に、首都圏と関西圏の一部でしか物件を扱っていませんが、上京してからどうしてもかさむ生活コストを下げたい人にはぴったりだと思います。ぜひ見てみてください!

 

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18

【保存版】シェアハウスのトラブル、メリットデメリットまとめ

2018.06.09

シェアハウス運営、シェア暮らしに興味のある人へ

2017.10.07




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!