カメラ女子がすすめる写真展示アイデア!おしゃれに飾るための必須テクニック




カメラ女子の写真展示!思い出をおしゃれに飾るおすすめの方法

フォトグラファー・写真家のありんこです。(プロフィールこちら

思い出の写真たち、スマホやパソコンの中に保存しておくだけじゃもったいない!せっかくならお気に入りを何枚かプリントして、家の中や自分の部屋に飾っておきたいもんです。

ただ、写真をどうやって展示しようか・・・どうしたら部屋の雰囲気を崩すことなくおしゃれに飾ることができるのか・・・と展示の仕方、迷いますよね。

ということで今回の記事では、おしゃれに写真を展示する方法について、たくさんの例を挙げながら紹介していきます。ぜひ参考にして、今すぐ真似してみてください!

 

フォトフレーム(木枠)を使ったおしゃれな写真展示

写真を展示するとき、写真の見映えも気になるところですが・・・それ以上に部屋の雰囲気に影響を与えるのが、写真の内容よりも展示の仕方。フォトフレームなどの小物が重要なのです!

ちなみに、フレームを選ぶときのポイントは

  • まず、実際に飾るときのレイアウトをイメージしながら選ぶ
  • フレームサイズは写真のサイズよりひとまわり以上大きめなものを選ぶとよりオシャレ
  • カラーについては、複数なら統一するかあえてバラバラか

っていうようなところ。

自分の家のスペースに、どんな並べ方で飾ろうか・・・あらかじめ考えて頭の中でイメージを作っておくようにしましょう!フレームカラーや写真のサイズなども考えておきましょう。

さらに上で説明したように、フレームサイズは写真と同じサイズでも良いんですが、写真よりもひとまわり大き目を選ぶのが断然おすすめ。「写真のまわりがスカスカになってしまうんじゃないの?」って思うかもしれませんが、むしろ逆!写真の作品としての良さが際立ちますよ!

 

そしてその中でも木枠のフォトフレームっていうのは、いろいろなお店で手に入るんですが

  • 軽くて持ち運びしやすい
  • 色がたくさんあって選べる
  • 値段が安いものが多い
  • 無垢材などにすれば自分で色を付けられる
  • 色以外にもデコレーションなどしやすい

など、メリットがたくさん!わたしもよく使って写真展示しますよ。

軽くて値段も安く、気軽に購入できる木製のフォトフレームを紹介しておきます。

まずこちらは、大きなA3サイズのフレーム。A3またはA4サイズの写真を入れたり、L版の写真を4枚入れたり!ってこともできますよね。

シンプルで、なおかつ安っぽさを感じさせない木枠のフレームです。他のカラーやA4サイズのフレームもあるので、気になった方はリンク先を見てみてください!

 

続いてこちらは、通常の写真サイズL版よりもちょっと大きめの2L版フレーム。

L版写真や2L版写真を入れることができます。(おすすめはL版の写真を入れて、余白をつくること!

色の種類が豊富なので、複数買うなら全て同じ色で揃えるか、または思いっきりバラバラにカラフルにするか、どちらかがおすすめです!

 

ありんこ
他にも木枠のフォトフレームってたーくさん種類があるんですが・・・安いと壊れやすかったり、軽すぎてうまく立たなかったりするんで、注意が必要です。わたしのおすすめはこの2つのメーカー!

写真を1枚だけ展示するのも良いんですが、複数の写真やイラストをそれぞれ木枠に入れてたくさん展示すると、いっきに空間全体がおしゃれになるのでこちらもおすすめ。複数展示するならフレームの種類は、金属など他のものを使わず木枠で揃えた方が良いですよ〜

 

アクリルフレームを使ったおしゃれな写真展示

そしてもうひとつ、木枠の他にわたしがおすすめするフォトフレームが、アクリルフレーム。

木枠のものと比べると、重たいし値段も高い・・・とデメリットの方が多いようにも思うかもしれませんが、このデメリットを越してしまうほどの大きなメリットもあるのです!

アクリルフォトフレームを使うことのメリットは・・・

  • 写真に透明感や光沢が出てキレイ
  • シンプルでなおかつ高級感がある
  • どんな部屋、インテリアにも合う写真の飾り方
  • 何枚飾っても統一感が出るし飽きが来ない
  • 写真表面のアクリル加工と比べかなり安価

というようなところ。

なんせ、ひとことで言うとめちゃくちゃ綺麗でおしゃれ!部屋全体の雰囲気がいっきに良くなるんですよね。

フォトフレームって100円ショップでいろいろな種類、売っていたりもしますが、アクリルフォトフレームはわたしが知る限り100円ショップでは売っていません。

個人的には無印良品のアクリルフォトフレームもシンプルで綺麗でおすすめなんですが、なんせ値段が高いし重たいし、買ってから持ち帰るのにひと苦労・・・ということで、インターネットで購入できるコスパの良いおすすめアクリルフォトフレームをいくつか紹介しておきます!

 

こちらは、いちばん手頃なL版の写真用。

リンク先から探してみると、同じようにこの2倍の大きさ、2L版のものなどもありますよ。

 

あとはこちら、大きめのA4サイズ写真対応アクリルフォトフレーム。

スタンド、壁掛けどちらにも対応しているんですが、壁に掛ける場合には重さに注意!壁紙がはがれてきてしまったり、急に落ちてきたりしても危ないですし。

 

置くタイプだと、こういうのも人気ですね!こちらは2枚のアクリル版の間に写真をセットして、マグネットで支えるという仕組みのアクリルフレーム。

分厚くて、なんだか透明な水槽のような宝箱のようなところに写真が入っているみたいで、とってもキレイです!

アクリルフレームを使った展示方法、詳しくはこちらもどうぞ→『カメラ女子がすすめる写真展示アイデア!アクリルフレームを使っておしゃれに飾る

 

小物などを使ったおしゃれな写真展示

あとは、フォトフレーム以外にもいろいろな小物を活用しておしゃれに写真を展示する方法!

お気に入りを1枚決めて大きいサイズにプリント、っていうのも良いですが、お気に入りが1枚に決められない・・・っていうことも多いもんです。

こまごまとしたL版の写真、あえてランダムに、バラバラな向きで貼る方法もありますが・・・じつは他にもいろいろ、おしゃれな展示方法のアイデアがあるのです。

 

写真

まずは大量の写真を等間隔に、小さなフレームに入れて縦と横に並べ、全体図を長方形にする方法。

ちょっと展示には手間がかかるんですが、これなら並び順など特に何も考えずに、好きな写真をたくさん展示できますね!

 

写真

出典

こちらも良いですよねー。ここでは毛糸を使っていますが、タコ糸や麻ひも、紙ひもなどに等間隔に、木製のクリップではさんだ写真をつけていきます!

ここではクリスマスシーズンだったのか、全体をツリーの形にしていますね。100円ショップで揃うものだけで作っているし、かなりカンタン!

ただこの方法だと、時間が経つとちょっとずつ写真が反ってきてしまうんで、何年間もこのまま・・・っていうわけにはいきません。

 

写真

こちらも同じような方法ですが、縦にたらした糸にも写真をつけて、縦に並べているというところがアイデアの違い!

写真一枚一枚も大事ですが、部屋全体のインテリアを考えると、たくさんの写真が作る全体の形、ということも考慮に入れる必要がありますね。

 

写真

出典

あとは、マスキングテープを使った展示方法!こちらも手軽で良いですよね。

フォトフレームを数種類買うと、費用がかさんでしまいます・・・いろいろな種類のマスキングテープを写真のまわりに貼ることで、フレームの役割をしてくれるのが良いところ。ふつうのフォトフレームじゃありえないような、独特な絵柄も取り入れられますし!

 

写真

出典

写真の周りに貼るだけじゃなく、マスキングテープの貼り方は自由自在。アイデアが無限に広がります!

 

マスキングテープは種類が豊富な上に、貼り方のアイデアも無限大!さらに、壁に貼ってしまってもすぐにはがせる。良いことずくしのようにも思えますが・・・やっぱり立体感を出すにはフォトフレームがいちばん。さらに写真にとっても、フレームに入れてくれた方が遥かに長持ちします。

 

写真

出典

続いてはコルクボード。ただあるだけでオシャレに見えてしまう、とってもありがたい道具です!

大きなコルクボードにはたくさんの写真が貼れますが、やたらたくさん貼ってしまってもあんまりキレイではないです。こんな感じの、クリップと糸を使った飾り方、あえて空白を作ることでコルクボードの素材が見えるのでこれもまた良いですね!

コルクボードを利用した展示方法、詳しくはこちら→『カメラ女子がすすめる写真展示アイデア!コルクボード利用で一気におしゃれに

 

ありんこ
写真が湿気によって反ってしまうのを防いだり、長持ちさせるためにはフォトフレームを利用するのがいちばんですが・・・

ここで紹介したものの中でお気に入りを見つけて、ぜひ真似してみてくださいね。いっきに部屋がおしゃれになりますよ!

 

知っておきたい!写真とプリントのサイズ一覧表

そして最後に・・・写真を展示するときってまずはプリントをする必要があるんですが、そのサイズについての必須知識です。

L版だとか2L版だとか、写真やフォトフレームにもいろいろとサイズがあるんですが・・・ここでまとめて紹介しておきます!

 

名称 サイズ(mm) 特徴
DSC 89×119
L版 89×129 日本の標準サイズ
HV(LH) 89×152 9:16のワイドサイズ
はがき 100×148 一般的な国内はがき
KG 102×152 はがきより少し小さめ
2L 127×178 LLともいう
キャビネ 130×180
八切 165×216 手焼きのサイズ
B5 182×257
六切 203×254
ワイド六切 203×305
A4 210×297
四切 254×305 額縁の種類が豊富
ワイド四切 254×365
B4 257×364
A3 297×420
A3ノビ 329×483
半切 356×432
A2 420×594
全紙 457×560
大全紙 508×610
全倍 600×900 35ミリフィルムの限界

日本国内で一番出回っているあの小さい写真のサイズは、L版(L判)、それを伸ばしたちょっと大きめのサイズでよく見かけるのが2L版

大きなサイズなら、A4、四つ切り(四切)、A3ならフレームの種類が豊富、オーソドックスなサイズですね。

 

写真がたくさんあると、プリントするだけでもけっこうな金額かかってしまうんですが・・・写真屋さんや家電量販店など店舗での写真印刷じゃなく、ネットプリントを利用すればかなり格安!断然おすすめです。詳しくはこちらの記事→『カメラ女子がおすすめするお得な高品質写真ネットプリント3選

そんなたくさんの写真の飾り方についてのアイデアいろいろ、こちらの記事→『カメラ女子必見!写真の簡単おしゃれな飾り方、ギャラリー作りアイデア集』にもまとめてあります。写真をプリントしようかと思っているものの、センスの良い飾り方ってイマイチ分からない・・・っていう人にはこちらもおすすめ!

 

カメラ女子必見!写真の簡単おしゃれな飾り方、ギャラリー作りアイデア集

2018.01.15




フォロー&ランキングお願いします!ポチッと