【まとめ】移住者のための就職・転職情報!香川県や四国、地方での仕事




地方に移住したい・・・けど仕事の不安

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールとありんこハウスの入居募集情報はこちらのページ

香川県へ移住してきて3年、もうすぐ4年がたちます。

 

ありんこ

都会で育ってきつつも都会が嫌いなわたしにとって、田舎すぎず都会すぎない地方都市って、やっぱり暮らしやすいですよ〜

 

わたしが香川に移住した理由や移住したいなーと考えている人に見てほしい情報、かなり詳しくこちらの記事→『【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!』にまとめてあります!

同様に、都会の慌ただしさが嫌だなーと感じている人たち、地方に興味がある人、できれば移住したい、と考えている人には役立つんじゃないかと思います。

それからこちらの著書、移住に興味のある人にまず読んでほしい、地方移住の現実についての本です・・・!

実際に移住をした人たちの生の声がたくさん載っている本。

移住した理由も地域も仕事も状況も、みんなバラバラな23通りの事例。

よくあるような移住の成功事例を集めたものなんかじゃなく、移住についての良いことも悪いことも包み隠さず書かれているところが面白いですね!

 

そして紹介した著書にも載っている、移住後の仕事について・・・

移住を考える上でいちばんネックになる部分だと思うんですが、今回の記事では地方での就職・転職の現状と仕事探しについて、移住者目線での情報を紹介していきます!

 

香川県や四国、地方移住者と仕事

少子高齢化がどんどん進んでいる日本。全国各地が深刻な人手不足。地方にいると就職先がないからと、わざわざ大都会東京に出ていく若者が多いですが・・・

大手企業に入ろうと思ったら、たしかに東京都内など都会に出て行った方が選択肢は断然多いのですが・・・正直昔から続いていた日本の終身雇用制度、一度会社に入ったら定年になるまで安泰、退職後は退職金や年金で残りの人生を謳歌できる!みたいなシステムは崩壊しているんですよね。

 

ありんこ

つまり大きい会社に入れば一生安泰!みたいなのはもう確実ではないのです。残念。

 

定年まで同じ会社で必死に働いてもその後の保証はもはやないし、定年まで同じ会社で働かなきゃならないという考え方も、もはや古いです。

だからその時その時で、自分の目指すものは何なのかとか、定年後じゃなくて今や近い将来、どんな生き方をしたいと思っているのかをちゃんと自分に問いかけた上で、仕事を選んでいく必要がありますね。

さらにAI発達によって人間のしていた仕事を奪っていくようになると、今度は人手不足が解消されるどころか再び就職氷河期がやってくるんじゃないかと思っています。

今は就職や転職がしやすい時期ですが、長い目で見ると、仕事をして収入を得ることよりも自分自身で何かしらの技術を身につけたり資格をとったり、とにかくさらにグローバル化していく世界の中で英語が使えないのは致命的なので英語を勉強するとか、そういう自分磨きみたいな部分こそ大事ですよね。

 

香川県など四国での就職、転職

都会でいつまでももまれているより、自分の求めている生き方に近い生き方を目指して行きたい場所に行く

まずはそれぞれの地域で自分に合う仕事を探してみるのがおすすめですね!

香川県など四国地区に限定して移住したいと考えている人には、とくに見てみてほしいサイトがあります。

それが、「四国転職ネット」と「四国派遣ネット」。正社員採用を目指すなら、「四国転職ネット」の方ですね

大手のサイトに載っていない、その地域に特化した求人もたくさん扱っているというのが強み!

 

ありんこ

無料の相談をしてみる価値、けっこうありますね。

遠方でもオンラインで相談ができたり紹介をしてくれたりするので、移住前から動けて便利。

 

地域おこし協力隊

こちらの記事→『【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!』では移住者目線でいろいろと思うところを書いていますが・・・

永住なんて考える必要はまったくなく。お試し移住をしてみようかなというくらいの気持ちの人にはとくに、「地域おこし協力隊」もじつはおすすめだったりします!

見やすいサイトで、各地域募集している隊員が検索できます。住んでみたい都道府県から検索することもできるし、業務内容で選ぶこともできるし、その雇用条件って意外と良いものが多いのです。

人手不足の今だからこそのことなのかも。

  • 興味のある都道府県、地域に住める
  • 給与月額が20万程度のところも多く以外と稼げる
  • 住居は無償で与えらえるので家賃がかからず大きな節約
  • その地域の人たちとのつながりがつくりやすい

などなど、けっこうおすすめな点がたくさん。

2009年に総務省によって制度化され、 今では全国500ほどの自治体で1000人以上の隊員が活躍しているよう。行政の、頭のカタイ人たちが考案したものなので、あんまり好きじゃなかったんですが・・・よくよく調べてみるとメリットが多いことに気づきました!

なんのつてもなく移住することと比べると、移住先の地域の人たちとのつながりがかなり作りやすく、いろんな面で助けてもらえるし、1人〜数人単位での募集なので仕事の中でもちゃんと役割が与えられ、やりがいも大きい。

金銭面では、都会と比べただでさえ誘惑の少ない田舎。地元でとれた食材をいろいろもらったりすることも多いそうです。さらに、家賃がかからない上に給料もそこそこ良いので、都会でアパートなどを借りて仕事をしている人たちと比べてもお金はたまりやすい!

 

ありんこ

ただし・・・実際の待遇や生活環境、人間関係などは地域やタイミングによって大きな差があります!

会員登録をしたら、しっかり自分で見極めつつチャンスをうかがうのがポイント。

 

雇用契約は1年間だけのところが多いので、気軽に移住するという面では何よりも良い方法!45歳くらいまで、若いうちに経験してみるのがおすすめですね。

こちらの記事も合わせてどうぞ→『移住したいけど仕事が不安!地域おこし協力隊が意外とおすすめな理由

移住したいけどまだ貯金もないし決心もつかない・・・という人は、こちらの記事も参考に→『香川県、四国など田舎移住したい人のための仕事と移住前貯金のおすすめな方法

 

移住前に仕事の適正チェック!優良企業からのオファーも

 

出展:ミイダス(MIIDAS)

それから、転職などを考えている人にまずは試してほしい、自己分析のようなおもしろい適正診断!

MIIDAS」というサービスは、質問に答えるだけで自分自身の持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司のタイプや部下のタイプなどが分かる適性テスト

向いている職種だけじゃなく相性の良い上司や部下のタイプまで診断してくれるのは、けっこう面白いもんですよ〜!

さらに他の人の転職実績を知ることもできるのが特徴です。

 

ありんこ

自分と同じような立場にいる人、同年代の人はどんな転職をしてるのかな〜?

っていう統計を知ることができるので、けっこう参考になりました!

 

無料登録をして、質問に答えていくと自分自身のいろいろな適正が分かります。

が、それだけじゃなく!自分自身の適正情報は、ミイダスに登録している2万もの企業に公開することができ、企業側からこちらにオファーをもらうということもできます。(こちらが企業にエントリーするんじゃなく、書類選考合格という意味でのオファー!)

さらに、自分自身のデータに類似した経歴やスキルを持っている他のユーザーへのオファー実績や、選考条件に合致した企業の数をベースに、自分自身の市場価値を算出してくれるというサービスもあります。つまり自分自身に見込める年収が分かるということ!

無料だからでしょうか?登録者数は7万人超えだそうで・・・!

就職、転職を考えているけどまだ登録していない・・・という人はやってみる価値ありですね。ひとまず面白そうなのでやってみる、というのもアリかもしれません→「ミイダス(MIIDAS)

 

英語、資格、技術を身につける

つづいて、地域に特化しているというよりもこれからの時代、できるだけ早めに身につけておきたい資格や技術と方法について紹介しておきます!

冒頭にも書きましたが、日本の終身雇用制度はもうすでに崩壊してきています。さらに、AIによって人間が本来していた仕事がどんどんとられていく。これからは、自分に自分自身で価値をつけていかなきゃならない時代になるのです。

 

ありんこ

10年後には今ある会社の7割がなくなると言われている時代。ヒィー

時代に乗れない会社から、どんどんなくなっていくんだろなと。”会社をやめることが異例”だとか、”転職=就職の失敗”みたいな考え方をする大人たちはまだ存在しますが・・・もう完全に老害ですね〜

 

英語を話せるようにする

移住したいとか、どこでもできる仕事をしたいとかって思う人はたくさんいますが、最低限の英語力は必須。

日本の英語教育も変わってきていて、いま小・中学生の子たちはこれからどんどん実用的な英語力を身につけてきます。海外相手にする仕事は増えてくるし英語は話せて当たり前の時代が来る一方で、英語が使えない大人たちは何の役にも立ちません・・・。

急いで英語力を習得したいという人にとくにおすすめなのが「レアジョブ本気塾」。

短期(2ヶ月)で仕上げてくれるマンツーマン英会話プログラム、無料体験もあります。

 

ありんこ

本当に2ヶ月でできるようになるのかよ・・・と不安にもなりますが。実際に達成した人たちが多数!

個人的には、中学校や高校で学んだ英語を踏まえて、それを本気で使えるものに変えるための期間だと思っています。だから短期間で身につくんですね〜

 

他にも、レベルに合わせた英語学習法、独学法を紹介しています。日本にいながら英語力を手っ取り早く習得する方法については、こちらも合わせてどうぞ!→『【まとめ】短期間で英語が上達!おすすめ最短英語独学勉強法

 

ゼロからのエンジニア技術取得

あとは、IT業界は今後いちばん食いっぱぐれる心配のない業界だと言われていますが・・・(たしかにここ数年や数十年で伸びてきたのはITだし、人口減少後もさらに発展する唯一の分野ですよね)

というわけで、プログラマーやエンジニアになりたいと思う若い人たちが増えています。

ちなみに技術習得をしてそれを上手く活用できれば、どこにいても仕事ができるので住む場所や拘束時間の自由だって手に入るわけですね!

IT業界に関わりたいと考える若者が増えている中、最短でエンジニアとしての技術を身につけるプログラム「TECH EXPERT」というのがあります。

最短10週間で1人前になれて、さらにその後転職できなければ全額返金制度あり!

 

ありんこ

女性だからとか文系だからとか、IT分野って敬遠されがちですが・・・もはやそんなことしてる時代じゃないんですよね。

しかも未経験で学ぶとなると不安なことだらけですが、全額返金保証があるというのがめちゃくちゃありがたい!

技術が習得できなければ、返金してもらえば良い話なので、ぼったくりに合う心配もないわけですね。おすすめです→「TECH EXPERT

 

自分自身のなりたい将来を見据えて、優先順位をつけるのがポイント!

技術や資格をまず身につけるべきなのか、安月給で良いから技術なしの状態で転職先を探すべきなのか、まずはそもそも移住に関してもっとよく下調べをするべきなのか・・・

地方(香川県など四国)での具体的な仕事の選び方、探し方については、こちらの記事→『香川県への移住者が教える仕事の探し方!地方や田舎での就職・転職情報』もどうぞ!

資格や技術取得をしてから移住をしようかと考えている人、こちらの記事も参考に→『香川県への移住者が教える地方の仕事!田舎では資格職と技術職が強い

 

いかがでしたか?住む場所を変えたい、移住でもしてみようかなと思ったときにネックになる仕事のこと。

養なわなきゃならない家族がいればそれなりに時間がかかってでもじっくり考える必要あり。

ひとりなら実際考えなくても移住してしまえば何とかなるもんだったりもするのです!

香川県への移住者目線で、生活やの特徴や県民性など詳しい情報をまとめた記事も合わせてどうぞ→『【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

※ このブログを書いている、わたしありんこのプロフィールと、高松市内にあるシェアハウス「ありんこハウス」の入居募集情報はこちらのページからどうぞ。

 

【まとめ】香川県高松市への移住者がすすめる香川移住!成功と失敗

2018.12.22

カメラ女子におすすめしたい!移住者がすすめる香川県の写真スポット

2018.12.21

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18