スマホ・デジカメでビールを旨そうに撮ろう!ワークショップ@福繁食品(高松)




ありんこです。(プロフィールこちら

かなり暑くなってきました。わたしアリンコ、夏は好きなんですが、それでもうんざりするような暑さとモワッと感。そして今年は異常事態、前代未聞の暑さになるという予想もあり・・・

そんな暑い中、飲みたくなるビール。クラフトビールのお店、福繁食品さんにてビール×カメラのイベントをさせてもらいました。

 

ビール×写真のワークショップ

福繁食品さんでのカメラワークショップは今回で2度目。

スマホでできるフードフォト撮影講座@高松

2018.01.23

前回は、フードフォト撮影のワークショップ。こちらの記事にまとめました。まだまだ寒い時期の開催でした。

今回は暑い中、ビールが飲めるワークショップ!参加してくれたみなさん、ビールが大好きな人たちでした。

 

美味しそうなビール写真の撮り方

ビールの写真を撮るときのいちばんの難点は、ボーッとしているとあっという間に泡が消えてしまうこと。

暑い中ビールを飲みに来たみなさん。講義の時間はビールをがまんして、わたしアリンコの話を聞いてくれていました・・・

 

ビール写真

見本のビールも、あっという間に泡がなくなっていく。

そこでこちらの記事で紹介した、ビール泡の復活作成のうちのひとつ、”塩を入れる”というのを実践。ドボっと入れすぎてしまい、泡があふれ出す始末・・・でも泡があふれ出す瞬間って、動きが目で見えるので、何気においしそうに写ったりします。

ただ塩を入れたビールは美味しく飲めないので、普段やるのはもったいないですが。

 

ビール写真

ひと通り光や構図、スマホやカメラの設定についてワークショップが済んだら、いよいよ待ちに待ったビールとおつまみが運ばれてきました。

泡が消えないうちに(またたく間に消えかけていますが)各自、構図や撮影場所を考えながら撮影をします。

 

ビール写真

撮影をしたら、乾杯してワイワイ飲んだり食べたり。昼からビールの贅沢。

今回は、デジタルカメラよりもiPhoneの人が多め。高いカメラやレンズがなくても、ちょっとした知識と工夫で撮れる写真が大きく変わる。そんな感想をもってくれた方もいました。

写真がうまくなってくれるのも嬉しいけど、初めて会った人たちが、真っ昼間からビールを飲んでわいわい盛り上がれるのもなんだか良い。そして写真やカメラについて何やかんや言い合ったり、相談し合ったりしながら横の繋がりができていくのが、ワークショップの何よりの面白さ。

自家製ビールが飲める福繁食品さん、今は不定休ですが、営業しているかどうかはこちらのFacebookページで確認ができます。イベントも不定期開催なので要チェック。

美味しそうなビール写真の撮り方、詳しいコツはこちらの記事でどうぞ!

 

商品写真(ブツ撮り)のコツと自分で撮影できるようになる方法

2018.12.01

【写真の飾り方】現役カメラマンがおすすめする簡単お得でハイクオリティなネットプリント3選

2018.11.19

チェキ・Instax特集!結婚式二次会便利アイテムまとめ

2018.10.07




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!



ビール写真