スマホ・デジカメでビールを旨そうに撮ろう!ワークショップ@福繁食品(高松)

ありんこです。(プロフィールこちら

かなり暑くなってきました。わたしアリンコ、夏は好きなんですが、それでもうんざりするような暑さとモワッと感。そして今年は異常事態、前代未聞の暑さになるという予想もあり・・・

そんな暑い中、飲みたくなるビール。クラフトビールのお店、福繁食品さんにてビール×カメラのイベントをさせてもらいました。

 

ビール×写真のワークショップ

福繁食品さんでのカメラワークショップは今回で2度目。

スマホでできるフードフォト撮影講座@高松

2018.01.23

前回は、フードフォト撮影のワークショップ。こちらの記事にまとめました。まだまだ寒い時期の開催でした。

今回は暑い中、ビールが飲めるワークショップ!参加してくれたみなさん、ビールが大好きな人たちでした。

 

美味しそうなビール写真の撮り方

ビールの写真を撮るときのいちばんの難点は、ボーッとしているとあっという間に泡が消えてしまうこと。

暑い中ビールを飲みに来たみなさん。講義の時間はビールをがまんして、わたしアリンコの話を聞いてくれていました・・・

 

ビール写真

見本のビールも、あっという間に泡がなくなっていく。

そこでこちらの記事で紹介した、ビール泡の復活作成のうちのひとつ、”塩を入れる”というのを実践。ドボっと入れすぎてしまい、泡があふれ出す始末・・・でも泡があふれ出す瞬間って、動きが目で見えるので、何気においしそうに写ったりします。

ただ塩を入れたビールは美味しく飲めないので、普段やるのはもったいないですが。

 

ビール写真

ひと通り光や構図、スマホやカメラの設定についてワークショップが済んだら、いよいよ待ちに待ったビールとおつまみが運ばれてきました。

泡が消えないうちに(またたく間に消えかけていますが)各自、構図や撮影場所を考えながら撮影をします。

 

ビール写真

撮影をしたら、乾杯してワイワイ飲んだり食べたり。昼からビールの贅沢。

今回は、デジタルカメラよりもiPhoneの人が多め。高いカメラやレンズがなくても、ちょっとした知識と工夫で撮れる写真が大きく変わる。そんな感想をもってくれた方もいました。

写真がうまくなってくれるのも嬉しいけど、初めて会った人たちが、真っ昼間からビールを飲んでわいわい盛り上がれるのもなんだか良い。そして写真やカメラについて何やかんや言い合ったり、相談し合ったりしながら横の繋がりができていくのが、ワークショップの何よりの面白さ。

自家製ビールが飲める福繁食品さん、今は不定休ですが、営業しているかどうかはこちらのFacebookページで確認ができます。イベントも不定期開催なので要チェック。

 

誰でもできる!美味しいビール写真を撮る3つの方法

2018.06.16

美味しそうなビール写真の撮り方、詳しいコツはこちらの記事でどうぞ!

ビール写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!