商品写真(ブツ撮り)のコツと自分で撮影できるようになる方法




ありんこです。(プロフィールこちら

秋はフォトグラファーにとってはハイシーズン。ポートレート以外にも、商品撮影の依頼もときどき受けるようになりました。

自分が撮影させてもらった商品がお店の広告になったりメニュー、看板になったり、つい先日は本が出版されたりもしました。→四国名物、伝統のお菓子まとめ!「四国懐菓子88」

ブツ撮りには意外と、けっこうな準備や体力、気力がいるんですが、こうしたやりがいも大きいので好きだったりします。写真は、香川県さぬき市志度にあるショコラ・ショコラ・コーヒーさんのもの。今冬まもなく、2号店がフジグラン志度内にオープン。2号店では、1号店とは違うメニューをいろいろ出すそうで、ドライブスルーもあり。そしてフライングでちょっとおすそわけをもらいましたが、美味しさはかなりもの!保証します。

 

ブツ撮り(商品写真)の方法とコツ?

食べ物や飲み物が美味しそうかどうかって、写真によってかなり左右されるのが現実。どんなに美味しいものを出しているお店も、広告やメニューの写真を見て美味しそうだと思ってもらえないと、そもそも初めからの集客が難しくなったり。逆に、特別美味しいわけではないものも、写真のパッと見で食欲をそそられたりもします。

写真の撮り方のポイントはその商品によって違ってきたりしますが、出張撮影の他にも、ときどきその撮影の仕方を伝授しに出張したりという、そんなちょっと変わった依頼も受けています。

今年の夏は、ビールの写真に特化した撮影の仕方を、簡単なワークショップ形式で伝えさせてもらったりもしました。→『スマホ・デジカメでビールを旨そうに撮ろう!ワークショップ@福繁食品(高松)

 

商品写真を自分で撮影する

そしてそんな商品撮影、自分でなんとか技術を習得したいという人のために、おすすめの講座があります。といってもDVDなので好きな時間に受講できる教材なんですが。

有名企業からたくさんの依頼を受けている、プロのフォトグラファーが教える商品撮影教材。(こちら→売れる商品写真の撮り方講座から詳しい紹介を見てみてください)

短い時間、低予算でなるべく身近な道具だけを使ってカンタンに、そして魅力的に、食べ物や飲み物、雑貨などの写真が撮れるようになるコツが詰まったDVDです。専門用語を使っていないのでカメラ初心者にも分かりやすく、カメラの設定もDVDを見ながら真似するだけでOK。

食べ物や飲み物だけじゃなく、あらゆる商品写真に適応できるコツが収録されています。正直ブツ撮りって、表情とかタイミングとか被写体との関係性とか・・・そういうポートレート撮影のときに関係してくる要素とは無関係ですし、やり方さえ知っていればある程度の写真が撮れるというのも事実。これからずっと使える知識と技術なので、初期投資としてDVDを購入してみるのもありかと思います。

  • 自分で撮ると安っぽく見える商品写真をどうにかして売り上げに繋げたい
  • プロに撮影依頼したときのイメージのすり合わせが面倒
  • これから継続的にブツ撮りを自分でしていきたい
  • 良さげなコンパクトデジカメや一眼レフを購入したものの活用できていない
  • カメラ教室に通う時間の余裕がない

というような自分でお店を持っている人の他にも、お店の商品を撮影する機会がある人、ただ単にインスタ映え狙いの人・・・ふつうにプロに依頼するにはこの何倍ものお金がかかること、これを機にいっきに商品が売れるようになることを考えると、かなり良い初期投資なんじゃないかと。

詳しい説明はこちら→「売れる商品写真の撮り方講座

 

【写真の飾り方】はじめての写真展にも!アクリルフォトやスチレンハレパネボードを使って簡単格安で額装するおすすめの方法

2018.11.07

チェキ・Instax特集!結婚式二次会便利アイテムまとめ

2018.10.07

センスある写真の飾り方アイデア集!カメラやスマホで撮影した写真でギャラリーをつくる

2018.01.15




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!