香川県高松市にシェアハウス作り!タイル壁を塗装して一気に雰囲気を変えるDIY




香川県高松市に新しい男性向けシェアハウス!?

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールとありんこハウスの入居募集情報はこちらのページ

こちらの記事→『香川県高松市の小さな空き家。リノベーションで新しいシェアハウス作り!?』で紹介したとおり、また新しく小さなシェアハウスを開業しようとしています!

シェアハウスに住むことの醍醐味って、家族でもなく友達ともまた違う、束縛はないけど他人というわけでもないユルい人とのつながり・・・

東京都内などの都会では、若者の間ではかなり知名度の高い暮らし方になってきていますが、地方ではまだまだ少ない、ちょっと変わった生活スタイル。

 

ありんこ

今回挑戦するのは、男性向けのシェアハウス!年齢は高くても40代くらいまで。

興味がある方、ひとまずお問い合わせください!詳しい情報お伝えします。

 

香川県高松市の小さな一軒家。キッチンのタイル壁が古くてダサい

前回の記事→『香川県高松市に新しいシェアハウス!?DIYと初心者にも簡単な壁の漆喰塗装』では、汚れた古い壁(壁紙や、和室の土壁)を誰でも簡単に、漆喰で塗装する方法を紹介しました!

さらに気になる壁面・・・それが、キッチンのタイル壁。

 

ありんこ

緑色で、まあ色としては好きなんですが・・・汚れが激しいのと、所々まっ黒になっていたり黄ばんでいたり、古いシールが貼ってあったり。古い油汚れはもうウン◯のようにこびり付いてヤバイ。

正直「使いたい!」と思えるキッチンではありません。

 

そんなとき、いま同じく高松市内で運営している女性向けのシェアハウス「ありんこハウス」を作っていたとき(3年ほど前)・・・依頼していたデザイン会社(工務店さん)がやっていた手法を思い出したのです!

 

それが、古いタイルには真っ白な塗装がとってもよく似合う!ということ。

こちらの写真はありんこハウスのトイレ。黄色い照明なので色味はちょっと変ですが・・・それでもここ、もともとはうす汚れたピンクのタイル(だったかな?青だったかな?お風呂も同じような色違いのタイルでした)。

それを真っ白に塗装しただけで、そのタイルの形は残したまま美しく生まれ変わるんですよね!

 

初心者にもできるDIY!古い一軒家のキッチンタイル壁を真っ白に塗装

というわけでさっそく汚れを掃除して・・・今回の物件のキッチンにある汚いタイル壁も同様に、塗装をして真っ白にすることにしました!

 

ツルツルしたタイル面塗装の下地

ただしタイルに塗装するときって、表面がツルツルなのでこのままじゃペンキが全然乗らず、はじいてしまいます

 

つまりまずは、ペンキをしっかりと密着させるための下地が重要!ということ。

タイルの上に塗装するときに便利な下地が、こちらの「ミッチャクロン」ですね。

 

ありんこ

壁塗装に使った下地、ふつうのシーラーだと、タイルには乗らないようです・・・

 

ただ・・・今回じつは大量購入しすぎてしまったシーラー。

こちらの記事→『香川県高松市に新しいシェアハウス!?DIYと初心者にも簡単な壁の漆喰塗装』でも使用した下地のシーラーですが・・・どうにかこのタイルに乗らないものかと考え、上で紹介した「ミッチャクロン」の代わりに使ってみました!

 

こちらのシーラーですね。ツルツルしたタイル面には通常使えず、本来は壁塗装の下地として使用します。

この「水性カチオンシーラー」、透明タイプのものと白色タイプのものがあるのですが、今回は壁を白色に塗装するときの下地として利用したので、白色タイプのものを購入しています。

そしてひとまず(壁塗装のときと同様に養生をしてから)、タイル面に一度塗り・・・すると、予想通りツルツルした面に乗りづらくはじいてしまいました。めちゃくちゃ滴れるし・・・

諦めず、2度塗り・・・3度塗り・・・4度塗り!

すると、意外とこのシーラーがタイル面にもはじかれず乗ったのでした!乾くのには多少時間がかかりますが。

 

ありんこ

シーラーを買いすぎた!という場合には、ツルツルした面にもシーラーを何度も重ね塗りという方法でまあOKということですね。

ただ新しく下地を購入するという場合には、「ミッチャクロン」を買うのがおすすめです・・・

 

タイル面をペンキで真っ白に塗装

下地を重ね塗りしたら、いよいよペンキで塗装!

 

今回使ったペンキは、「エコフラット70」というツヤ消し白色のもの。

 

ありんこ

ふつうの白色のペンキってツヤ消しじゃなく、乾くとめちゃテカテカになってしまったりするので・・・こちらのツヤ消し(通常は浴室とかに利用するものらしい)白色のペンキがおすすめ!

ツヤ消し白色のペンキってそもそも種類が少ないんですが、なかでも「エコフラット70」はコスパがよく色もキレイ。

 

写真の右側が、ペンキ「エコフラット70」を塗装したときの図ですね。乾くとこのツヤが消えてマットな感じに仕上がります!

うす汚れた緑色のタイル壁。白色のペンキを塗るだけで、かなりシンプルでおしゃれに、そして古さを全く感じさせなくなりました!

 

ツルツルしたタイル壁塗装。方法をまとめると

  1. マスキングテープマスカーを使って養生。
  2. 下地として「ミッチャクロン」を使用。
  3. ペンキ「エコフラット70」で白色に塗装。

たったのこれだけ。このツルツルしたタイル面の塗装、わたしも今回初めて挑戦したのですが・・・初心者にも簡単にできます!

そのわりに見た目がガラッと変わるので、家の雰囲気を変えるちょっとしたDIYとしてもめちゃくちゃおすすめ。

 

いかがでしたか?コスパの良いDIY、ぜひ挑戦してみてください!

ちなみにこの物件、香川県高松市内の東寄りの地域です。

シェアハウス暮らしに興味のある人(今回のシェアハウスは男性向け!年齢は高くても40代くらいまで)は試しにご連絡ください。賃料や場所の情報などお伝えします!

 

香川県など地方への移住について興味がある人はこちらの記事→『【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!』がかなりおすすめです。長いんですが、移住者目線でのかなり詳しい情報をまとめました!

※ このブログを書いている、わたしありんこのプロフィールと、高松市内にあるシェアハウス「ありんこハウス」の入居募集情報はこちらのページからどうぞ。

 

香川県高松市の小さな空き家。リノベーションで新しいシェアハウス作り!?

2019.10.16

【まとめ】古民家リノベーションで作ったシェアハウスと香川県移住!開業と運営全公開

2018.12.20

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18