香川県シェアハウスリニューアル!木造一軒家、トイレにシュールな音姫!?




香川県シェアハウスリニューアル

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

現在ちょっとの間、リニューアル期間としてお休みしているありんこハウス。

もとはボロボロの、小さな木造の一軒家なのでしょうがないんですが・・・けっこう、音が響きます。階段をのぼりおりする音とか、ドアの開け閉めの音とか。

生活音に関しては、まあそこまで気にならない人が住んでくれたら良いんですが、とくに女性が気になる(と思われる)のが・・・トイレの音

 

ありんこ
あの、何の音とは言いませんが、チョロチョロチョロチョロ・・・カランカラン・・・バシャ〜・・・みたいな音。

まあ正直わたしはまったく気にならず、どうでも良い派なんですがね。

 

だから、女性用トイレって流水音が流れる「音姫」がよくついていますよね。「音姫」ってのは本当は商品名らしいんですが・・・つまりトイレ用擬音装置。

そんな「音姫」、ありんこハウスにも付けられないかなー?と。女性のシェアハウスなのでね!

 

シェアハウス(ありんこハウス)に音姫!?

ということで、ある日100円ショップで発見したのが、こちら!「笑い袋」。

 

なんか、見るだけで腹立ちますね。

 

ちょっとムカつく表情が描かれた巾着をあけると、こちらの装置が。

ボタン電池が3つ入っていて、絶縁シートを引き抜くだけでこのまま使えるようになっています。

前後の面をPUSH!すると・・・

「あひゃひゃひゃひゃひゃあはやしゃ〜!!!」

と、なんともウザい笑い声が!(※ 実際の音は下の動画にて)

 

笑い声がうるさすぎるので、とりあえずティッシュをぐるぐる巻きにして、ちょっとの防音。

この装置を再び、スポンジでくるんでから巾着の中に戻します。

 

いざ、ありんこハウスのトイレに設置!

なんか、用を足すのを見られているようで、ムカつきますね。

 

あ、ちゃんと「音姫」だと分かるようにね。

実際に押してみると・・・

 

音があまり良くないですが、本物はもう少し本物の笑い声っぽいです。

1回のPUSHにつき、なんとも腹の立つ笑いを10秒間発してくれます。

本物の「音姫」のように、もう一度押すとそのまま止まらずに延長してくれる・・・ということはないので、止まったら再PUSH。

 

ありんこ
ちなみに、ありんこハウスのシェアなかまだった人にこちらの「音姫」、紹介すると・・・

「トイレの音より、この音姫つかう方が恥ずかしいわ!」とのことで。はい。当然ですね。

 

まあ機能性はともかく・・・ちょっとクスッとくるようなものがあると、面白いですよね!(←けっこう気に入ってしまい、自分ひとりしかいないときにも使用してる)

こんな感じで高松市内にある小さなシェアハウス(ありんこハウス)、日々リニューアル中です!

入居者募集再開したらまた、このブログにて告知しますよ〜。

 

【まとめ】古民家リノベーションで作ったシェアハウスと香川県移住!開業と運営全公開

2018.12.20

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18