もらいもの、拾いものでシェア暮らし

ありんこハウス夏のはじまり?

もうすぐ夏が来ますね〜。ありんこが、日焼けでありんこ色になる季節。

わたしありんこは夏が大好きです。学生時代は、冬にひたすら働き夏にひたすら遊ぶ生活。寒いときはもう心を無にして働く。理不尽な仕事、楽しい仕事、責任感のある仕事、アルバイトでも多種多様な経験ができた学生時代は社会人生活になってからもとても役立ちました。そして暖かくなったら、稼いだお金を使い込んで国内や海外いろんな場所へ旅に出る。貯金はできなかったけど、旅をした経験は間違いなく生きていく上での大きな財産になったのでした。夏の思い出をつくるために、冬働く。「ありときりぎりす」とは逆な生活スタイル。

キラキラしていた夏の思い出って年を重ねていくうちに、「ただ楽しかった」だけじゃなくて、なんだかすごく懐かしくなったり、ちょっと切なくなったり寂しくなったり、複雑な思いを含んでよみがえってきたりします。年をとるって、うれしくないけど意外と良いもんなのかもしれない。今年の夏は、どんな夏になるのかなー

 

初花火とカレーと

今年初の花火をしました。シェアハウス(ALINCO house)のシェアなかまを含め友達と。

ひとりで何でもしてしまうたちですが、そう考えると花火はラスボスかもしれない。ひとりで花火は、さすがにしたことがない。なかまがいるからこそ楽しくできる花火。友達は少ない方ですが気軽に、気負わず、一緒に何かができる友達が、家族みたいに近くにいるのがうれしい。

 

折れちゃった花火を、砂に埋めてみたやつ。焚き火みたいで、キレイ。

 

強い風の吹く海辺で花火をしたあとは、カレーであったまる。鍋と炊飯器をシェアハウスから持参して、閉店後のサニールートコーヒーさんで。

【サニールートコーヒー】なぜか落ち着く異空間...夕方までモーニング

2018.04.02

辛い食べ物が苦手なありんこ、自分以外の人たちは辛いものもOKだからと、カレーを辛くしすぎる。そして味が分からなくなり、味の調整はシェアなかまにやってもらう始末。シェアなかまがいるって、ありがたい。サラダなどなど用意してくれて、彩りもキレイになりました。

のんびりとした、素敵な夏のはじまり。

 

男木島女木島

この日はシェアなかまとその職場の人たちという変なメンバーで、男木島女木島へ。職場の人と言っても短期で働きに来ているようで、県外の人たち。県外というより国外もいたり。

【女木島】鬼ヶ島の洞窟には鬼がいる!?

2016.10.16

【男木島】フェリーで行く、猫の楽園

2016.10.13

わたしも含めきっとみんなが、集団行動苦手なタイプの人たち。でも集団行動が苦手な人たちが集団行動をすると、なんと上手くいくよう。これは新発見!全員が自由に動いていて、これは集団行動とは言わないのかもしれないけど・・・それぞれが好き好きに景色を眺めたり、写真を撮りに行ったり、絵を描いたり、寝始めたり、ワカメ拾いに行ったり。そんなみんなを眺めるのもおもしろいのでした。

 

全国的に空き家問題が顕著ですが、島では特にそんなようすが見られました。もうなんか空き家というより廃墟・・・みたいな建物もそこらじゅうに。

地域おこしをどれだけ頑張るかで、その地域の人口減少をなんとか緩やかにすることはできるのかもしれないけど、少子化は進む一方で、数十年後には本当にゴーストタウン化してしまう地域がたくさん出てくるんだろなあ。

ちなみに瀬戸内海の猫島としてちょっと有名な男木島は、去勢手術によってだいぶ猫ちゃんが減っていました。猫島としては寂しくなるけど、猫にとっても近所の人たちにとっても良いこと。

 

拾ったワカメで晩ごはん

男木島や女木島の海岸で拾ってきたワカメたち。せっかくなのでシェアハウスでシェア。

洗って湯がいて・・・と思ったら、意外とすごい量。鍋に入りきらず。

 

とりあえず鍋にぎゅうぎゅうに詰め込み、熱湯をかけると!

いつものワカメらしい色に変化しました。

 

採れたて?拾いたて?のワカメは、シェアなかまがシェアしてくれていたすだち醤油につけて。

 

この日の夜ご飯はシェアごはん。

シェアなかまやわたしがもらってきた野菜やそうめん、お米、拾いもののワカメ・・・。もらった物と拾った物で完成した晩ごはんでした。ベジタリアンみたいになってしまったけど、満足。ありがたい^^

 

ありんこハウスからの情報発信してます

お気軽にどうぞ〜

Facebookページ

Twitterアカウント

instagram(日々の写真用)+instagram(自作トトロめし用)

現在は満室のため内覧、入居者募集はしていませんが、シェアハウス(ALINCO house)の詳しい情報はこちらのサイトにものせてます。

シェアハウス運営、シェア暮らしに興味のある人へ

2017.10.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!