香川県への移住者数と移住の理由、その結果!なんとなく田舎移住のすすめ




香川県への「なんとなく移住」

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

 

ありんこ
ありんこハウスへの入居希望など、興味があれば随時お問い合わせください!あ、女性のみです・・・

 

神奈川県で生まれ育ち、なんとなく香川に引っ越してきてから3年半ほど。今は香川を1つの拠点にしつつ、うろうろ多拠点で生活していたりもしますが。

住む場所なんて基本的にどこでも良い、っていうスタンスで生きていますが、なぜ他の都道府県じゃなかったのか、なぜ香川になったのかをちょっとまとめてみました!

 

ありんこ
ちなみに香川県って現在、その魅力を知って移住したいと考えている若者も増えてるみたいなんですよね!まあよく移住に関する質問でいただくのが、「良い仕事が見つかるか不安で・・・」という話。

仕事だけがネックになっているなら、マ〇ナビやリ〇ナビなどの大手よりも、地域に特化した転職を扱っている所に相談するのがいちばん!中でも「四国転職ネット」なんかは実績もあるしおすすめできますね。

 

わたしが香川県に移住した理由

学生時代、誰にも縛られず、誰にも気を遣わないひとり旅が好きで、日本全国いろいろな都道府県を旅しました。

自然と人が好きなので、基本的には観光地をまわるというより、地方の綺麗な自然を見て写真を撮って癒され、その地域特産のおいしいものを食べて、夜はゲストハウスなど素泊まりの安宿に泊まって旅人どうしで交流してくるという自由気ままな旅。

いろんな地域を見てきて思ったのは、香川県って住みやすそうだなーということ。これといった決定的な移住の動機はなく直感。

 

香川県、瀬戸内の魅力

ちょっと違うかもしれないけど、消去法で考えて香川を選んだ、とも言える気がします。

寒い場所は苦手、大都会の人混みが嫌、車の運転が苦手、満員電車が嫌い、・・・などなど。なんてネガティブなんでしょう・・・そして47都道府県を比較して、結局香川いいじゃん!ってなったのかもしれません。

そんな香川県の良いところ、考えてみるとたくさんありました。消去法なりに、魅力を感じなければ来なかったはずなので。

  • 特産物が多く食材が豊富で、食べ物は安くておいしい(代表例はやっぱりうどん)
  • 自然が豊かで近くに海がある(県内で一番主要な駅、高松駅からすぐ海が見れる!)
  • 田舎すぎず都会すぎず(栄えている場所がコンパクトにまとまっている)
  • 人がやさしくあまり排他的な雰囲気がない(他の地方と比べると移住者を快く受け入れてくれる)
  • 都心からのアクセスが比較的良い(飛行機、新幹線、バスなど手段はいろいろ。青春18きっぷ利用でも都心から1日でたどり着くギリギリの距離)
  • 田舎で車社会だけど、平地が多く自転車だけでも生活できる
  • 気軽に島旅ができる(瀬戸内の美しい島々がたくさん)
  • 気候が良くて、災害が少ない

と、けっこう多くの利点がありました。もともとの香川県民の人たちに聞いてみても、香川を気に入っていると言う人は多かったりもします。

海があるといっても、地元の人たちからは瀬戸内海がきれいだとはあんまり聞きません・・・。でも、江ノ島とか湘南の海よりは比べ物にならないほどきれいです!魚もとれるし夏は素潜りもできます。

特産物は、本当に多い。海があり山があり平地があり島があり・・・小さな香川県内各地、瀬戸内海に浮かぶ島でも、それぞれ違った特徴と特産品があるのです。

アクセスの手段はいろいろあって便利ですが、金銭面できついときにも、青春18きっぷという方法があるのでとても便利。14時間くらいかかりますが、2370円で香川から神奈川や東京まで行けるのはかなりのありがたさ。今でもほぼ毎シーズン利用しています!

 

香川県への移住者数と年齢、どこから?

そんな住みやすい香川県への移住者が、近年かなり増えているようです!

香川県への移住者数

香川県への移住者数・・・平成29年度は最多の1375人!ちなみにその前の平成28年度は1188人。

香川県へ移住してくる前に住んでいた地域としては、なんと中国・四国地方が約半数弱でその次に多いのが近畿地方、関東地方から。移住先の市町村としては、これまたびっくりの小豆島町がトップ!次が高松市、そしてその次が土庄町!

土庄町もじつは小豆島に所属しているんで(小豆島と豊島)・・・小豆島への移住が近年はかなりアツいようですね。

 

香川県への移住者の年齢

香川県への移住者、年齢別では20代が31、8%、30代が24%、20歳未満が15、3%、60歳以が11、6%・・・。

20代と30代を合わせると半数以上を超えるっていうことで、「若者、子育て世代が多い傾向にある」とされています!

 

ありんこ
移住先としては、かなり人気が出てきている香川県!住みやすさの証明なんじゃないかな。

 

うどん県暮らしと移住体験、転職と求人

良いことばっかりではなくもちろん、交通事故が多かったり雨が少なかったり、困るような部分はあります。でも総合的に見ると、日本国内ではかなり住みやすい場所なんじゃないかなと。

というわけで、毎日吐き気がするような満員電車や駅の人混みにもまれず、公共交通機関の運休や遅延にも影響されず、ゆうゆうと過ごしています。

休日はどこかの島へ出かけたり釣りをしたり、近所で安い野菜を買ってきて料理して食べたり、自分の家で野菜を育てたり。便利さを求めすぎず不便もないこの生活が好きですね。

 

地域おこし協力隊

今、移住体験ができる施設ができてきていたり、地域おこし協力隊など気軽に移住・就職ができる手段が増えてきています。

永住するかどうかなんて決める必要もないし、決めたところでそうなるかなんて保証はどこにもありません。もっと気軽に移住、他拠点生活をしたら良いんじゃないのかなーと、思うのです。

地域おこし協力隊に関しては

  • 興味のある都道府県、地域に住める
  • 給与月額が20万程度のところも多く以外と稼げる
  • 住居は無償で与えらえるので家賃がかからず大きな節約
  • その地域の人たちとのつながりがつくりやすい

などなど、意外と大きなメリットがあったりします。

 

ありんこ
ただし地域によって、働く環境の評判はまちまちだったりするんで、ある程度の見極めは必要!あんまり楽しくなかった・・・という人もいます。

でも1年ごとの契約なので、楽しくなかったらやめれば良い。そして地域おこし協力隊を経て、地元の人たちとの繋がりを作ってからゲストハウスを作った、などうまく起業に繋げている人たちもいます。

時期によって募集している地域が頻繁に変わるので、会員登録して情報を集めるのがおすすめですね→「地域おこし協力隊

 

四国での就職・転職に強いサイト

さらに「地方移住したいけどどこでも良い〜」とかじゃなく、香川県など四国への移住に特化して考えている人にはめちゃくちゃおすすめな転職サイトがあります!

それが、「四国転職ネット」。

大手のサイトに載ってない求人がかなりたくさんある、四国という地域に密着したサイト。大手サイトでは埋もれて出てこないような地方での転職情報をたくさん紹介してくれます。

ただこのサイト、四国に縁が薄い人については事例が少ないそうで・・・たとえば親戚が四国に住んでいるなどちょっとした縁がある人の方が実績が多いとのことですね。(まあ、縁もゆかりもないけど四国に移住したい、という人自体が少ないという理由もあるんでしょうが)

 

ありんこ
ひとまず自分に合ったものだとどんな仕事があるのか、転職相談をしてみると・・・地方なのに(と言ってバカにできないほど)意外と条件の良い仕事を紹介してくれたりしますよ〜

転職相談はオンラインで(電話などで)できるので、これも嬉しいポイントですよね。とにかく、四国への移住に特化して考えている人には相談の価値ありなんじゃないでしょうか→「四国転職ネット

 

いかがでしたか?移住をしたい、と思っていても、仕事をはじめ住居、教育などなど心配事はつきないですよね〜

ただひとつひとつを少しずつでも解決できるように情報収集しながら、一歩ずつ行動を起こしていけば、理想の暮らしってきっと、思っているよりも近くにあるものなのかもしれないですね。

 

香川県など地方への移住について興味がある人はこちらの記事→『【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!』がかなりおすすめです。長いんですが、移住者目線でのかなり詳しい情報をまとめました!

 

【まとめ】移住者のわたしがすすめる香川県移住!成功と失敗

2018.12.22

カメラ女子におすすめしたい!香川県の写真スポット

2018.12.21

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18