田植えをした千枚田の絶景!シェアなかまと、オリーブの島旅と

小豆島

高松につくった女性限定の小さなシェアハウス(ALINCO house)、オーナー兼住人のありんこです。

春〜夏になる過程、梅雨に入る前のこの暖かくて過ごしやすい季節、どこかに出かけたくなる季節。去年のこの時期は、ありんこハウスでの新しい生活に必要なものをいろいろと揃えていたり、入居してくれるなかまを探すための準備をしていたり、あたふたしていましたが、今年はのんびり。

ありんこハウスのシェアなかまとその友達と、小豆島へ出かけました。

 

田植え時期の小豆島

オリーブで有名な小豆島、オリーブの実がなるのは秋頃で、この時期はまだ見ることはできません。でもわたしは個人的にこの時期の小豆島がとっても好きです。

 

中山千枚田

暑くもなく寒くもなく過ごしやすいという理由もそのひとつですが、なにより田植えをしたばかりの千枚田がすごく芸術的。島の中央からちょっと西寄りの、中山地区にある広い棚田。夕暮れ時に画角の広めな写真を撮ると、この規則的に並んだ稲と田んぼの水面がなんだか幻想的に写るのです。

そしてこの時期、場所によってはちょうどホタルも見れる小豆島。

【小豆島】フェリー時刻表あり。移住者増加中のオリーブの島

2016.10.22

 

あと、この時期はこいつも。

ガードレールの上でのんびりリラックス。干からびそうになっていたので、水をかけてみると復活。ぴょーんと飛んで、田んぼへ入っていきました。

 

千枚田近くにある「こまめ食堂」さんの猫。

この日は「こまめ食堂」定休日でしたが、営業担当なのかカマッテチャンなのか、この猫ちゃん、しっかり愛想を振りまいてきました。

 

オリーブ公園

【小豆島】フェリー時刻表あり。移住者増加中のオリーブの島

2016.10.22

こちらの記事にちょろっと書きましたが、島への観光客が集まる場所、オリーブ公園とそのとなりのオリーブ園。

オリーブの木がたくさん植わっていたり大きなギリシャ風車があったり、オリーブの苗木やオリーブを使った商品が売られていたり。人が集まる場所ですが、大量なオリーブの木々の向こうに瀬戸内海を眺められる、景色がすごく素敵。好きな場所のひとつです。

【作兵衛】小豆島に行ったら必ず訪れる、モチモチそうめんのお店

2017.07.10

そしてここから車で5分ほど走った大通り沿いにあるそうめん屋「作兵衛」さんへ。素敵な店員さんたちとモチモチなそうめんが食べれるお店です。

 

珈琲とブーケ。

小豆島の東寄り。岩ヶ谷にある隠れ家喫茶店「珈琲とブーケ。」さんへ。

 

喫茶店の目の前は海。ある夏の台風が去った直後、この喫茶店前で撮った写真です。なんと、のぼってくる朝日が真っ正面に見えるというめちゃくちゃ素敵なロケーション。

まあ早朝、喫茶店は開いてるわけがないんですが、逆に喫茶店がオープンしている時間帯は太陽が反対側にあるので、写真を撮るには海が青く写りやすい。

写真だけじゃなく、瀬戸内海のなかでもこの場所はなんだか、海の色がすごく青い気がします。わたしが生まれ育った江ノ島や鎌倉の、灰色の海と比べるとそりゃ瀬戸内海はどこも綺麗なんですが、瀬戸内海でも他の海岸から見るとちょっと濁った緑色だったりします。でも「珈琲とブーケ。」さん前の海は透明度が良く青い!

 

良い感じに光が差し込む、ちょっと薄暗い店内の雰囲気が好き。

 

光が良いと、パシャパシャとシャッターをきってしまう。

 

店内のようす、この写真は冬。広いわけじゃないけど、カウンターもテーブルもあってのんびり。時間の流れがゆっくりと感じる空間です。

 

バイクラックもあるので、自転車で来るお客さんも多いのかな。

 

「珈琲とブーケ。」店主のタッキー。小豆島のことならなんでも教えてくれます。

素敵な店主とキレイな海とおいしい珈琲と。たまにイベントもしてます。だいたい営業しているみたいですが、不定営業(!?)なので詳しくはFacebookページinstagramから。

予約→珈琲とブーケ。 090-4336-8152

香川県小豆郡小豆島町岩谷甲270-2

 

島旅って、フェリーだからこそ楽しい。だんだん島から離れていくこの感じが良いのです。

 

フェリーからの夕焼けがあまりにも綺麗だったので。偏向レンズのサングラスをNDフィルター代わりにして撮ってみた、瀬戸内海と夕焼け。

 

シェアごはん

ありんこハウスでは、みんなで揃ってご飯を食べるとかいう家族みたいな決まりはないんですが、タイミングが合えばみんなでシェアごはん。

小豆島帰り、みんなクタクタな中とりあえず残り物や買ってきたもんだけで夜ご飯。楽ちん。

 

ありんこハウスからの情報発信してます

お気軽にどうぞ〜

Facebookページ

Twitterアカウント

instagram(日々の写真用)+instagram(自作トトロめし用)

現在は満室のため内覧、入居者募集はしていませんが、シェアハウス(ALINCO house)の詳しい情報はこちらのサイトにものせてます。

シェアハウス運営、シェア暮らしに興味のある人へ

2017.10.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!