香川県シェアハウスリニューアルDIY!古い木造建築の家で防音はできない?




香川県シェアハウス(ありんこハウス)リニューアルと防音対策

香川県高松市内につくった小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

こちらの記事→『【香川県シェアハウス生活】リニューアル準備!省スペースのテクニック』で紹介したとおり、ありんこハウス、ただいまちょっとしたリニューアル期間に入っています。

家具の配置を変えて、DIYでタオルハンガーをテレビ台に変えてみたり・・・今までよりももっと、全体として使い勝手の良い、そしてみんなが居心地の良い空間をつくっていければと!

参考記事→『香川県シェアハウスリニューアルDIY!タオルハンガーがテレビ台に

ところで日本の古い家って、だいたいが木造建築ですよね。

木造建築って、後から手を加えやすかったり長持ちしたり、環境や人体にも良かったりとメリットがたくさんあるわけですが・・・古い家に関してはとくに、遮音性がない!

ふつうに、あちこちからの生活音が聞こえてくるんですよね。

 

ありんこ
気にする人は気にするし、気にしなければべつにどっちでも良いことなのかもしれないですが・・・

シェアハウスとなると、入居なかま全員が同じ生活リズムなわけじゃなく、日々の大きすぎる生活音って、トラブルの原因になることも多いわけです。

 

ということで、遮音シートや吸音シートなどいろいろと調べた結果・・・

苦労して貼っても、あんまり意味がない!とのこと。

 

階段の防音シート

というわけで費用対効果を考え・・・遮音シートなどを購入して、大幅な防音を行うことはあきらめたのでした。

ただ、いちばん大きな音で問題になりがちなのが、おそらく階段を上り下りする音。

 

ありんこ
木の階段なので、楽器なみに大きな音が出るんですよね。

でも、いちいち足を忍ばせて上り下りするのもなんだか面倒くさいし・・・

 

そこでいろいろとリサーチしまくった結果、階段ってクッションを貼るだけでかなり音が軽減されるとのこと!

 

こちらの、粘着力はないのに階段に吸着してくれて滑ることもない防音シートを購入してみました。

このまんま、洗濯機で洗えるという便利なタイプ!

 

まずは階段に落ちているホコリを丁寧に掃除してから・・・

貼るというより、ただ置くだけで吸着してくれます!置き直しももちろん可能。

 

最後の段まで、完了。

(2枚くらい余ったので、玄関マット的なものとして使っています。こちらも、床にただ置いただけ)

そして実際に階段をいつもどおり、上り下りしてみると・・・

思っていたよりもかなり、音が軽減されていました!こんなにも変わるとは。

もちろん、階段を上り下りするときの足音が小さくなったんですが、それだけじゃなく、階段がきしむ音まで軽減されたんじゃないかと。

 

ちなみに、もっとしっかりと防音したいときには、値がちょっと張りますが(遮音シートに比べたらそうでもないかも)、さらに構造がしっかりした階段用の防音シートもありますよ!

こんなに薄っぺらいのに・・・効果は意外にも、かなりのものなんですね〜

 

いかがでしたか?高松市内にある小さなシェアハウス(ありんこハウス)、現在はこうして日々リニューアル中です!

 

【まとめ】古民家リノベーションで作ったシェアハウスと香川県移住!開業と運営全公開

2018.12.20

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18