【おしろのまちの市(秋の市)】香川県丸亀おすすめマルシェ。冬の市、春の市も!




高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

秋になり・・・今年もシェアなかまと一緒にあのイベントへ行ってきました。

去年は、会場になっている丸亀から比較的すぐにアクセスできる「父母ヶ浜」にも。最近メディアや雑誌などいろんなところで取り上げられている、香川県のとっても話題になっている場所です。

【父母ヶ浜】香川が誇るニセモンのウユニ塩湖

2017.10.22

 

丸亀マルシェ「おしろのまちの市(秋の市vol.2)」冬の市、春の市も

年間3回、秋と冬、そして春に開催されている「おしろのまちの市」。vol.2というのは、秋の市が今年2018年で2度目の開催だからです。

始まってからまだ2年目のこのマルシェ。香川県だけじゃなく、四国のなかの他県や岡山県、そして関東からも出店されるなかなか大きなイベントなのです。出店されるお店はいつも、人気店ばかり!

秋の市vol.2

出展

今年2018年秋の市、フライヤーはこんな感じ。シンプルで、顔のついた食パンたちがかわいいです。

春の市vol.2

出展

ちなみに前回、春の市のフライヤーはこちらでした。パプリカ。

次回はおそらく冬の市。

冬の市vol.1

まだ日程や出店者は発表されていませんが・・・去年のフライヤーがこちらです。今年も、2月半ば頃に開催でしょうか。

 

丸亀マルシェ「おしろのまちの市(秋の市vol.2)」に行きました

丸亀駅前商店街

体育の日を含めた3連休に開催された「おしろのまちの市(秋の市)」。場所は、丸亀駅前の商店街(通町商店街、富屋町商店街)です。

時間は10:00〜16:00。ただしどの店舗も売り切れ次第終了なので、昼過ぎに行くとほとんど品物がなかったという悲しい情報も・・・。

日本全国、とくに地方の田舎にある商店街がどんどんさびれていき、次々とシャッター街になっていくなか・・・

ここ丸亀市にある商店街も、普段はシャッター街になりつつある静かな場所。高松市街地からもアクセスにまあまあ時間のかかる場所で、こんなイベントが開かれるのはとても素敵なことです。そしてわざわざ遠くから、香川県内だけじゃなく日本全国いろんな場所から出店者やお客さんが来ているというのはすばらしい!

 

パン屋、カフェ、雑貨屋、その他いろいろ出店

今回もありんこハウスのシェアなかまと一緒に、イベントへ。

さびれつつある商店街のちょっと懐かしい感じを写したかったので、フィルムカメラで。今回はフィルム写真を撮りながら歩き回りました。

 

「なんちゃないけど お茶でものんでってぇ〜」って。なんだか綺麗じゃない字で雑に書かれた看板が良いかんじ。お茶の絵も、雑!

「なんちゃない」ってのは、「何にもない」っていう意味のさぬき弁。

 

丸亀駅前商店街にある、普段は空き物件になっている建物などを使って出店されているたくさんの人気店。

 

こちらのお店は、去年の「おしろのまちの市(vol.1)」でも出店されていた手作りアクセサリーショップ。

ひとつひとつがめちゃくちゃ凝っていてかわいい上に、けっこう安価で手に入れやすい!こちらのお店のお姉さんはわたしありんこの出身地と同じ神奈川県から、去年も今年も来ていたのでした。

 

オシャレで人気のカフェなどがたくさん出店しているので、どの部分を写真を撮っても絵になる。

 

こんなレアなお店もありました。

ちっちゃくてかわいい、自分オリジナルのハンコが作れるとのこと!

 

どうやったらこんな色合いになるの・・・っていう感じのカラフルでハイセンスなキャンドル屋さん。

 

たしかどこかのイベントでも見かけて衝動買いをしてしまったお花屋さん、bouffierさんです。

 

おもにドライフラワーを扱っていて、値段が手頃。

ドライフラワーのちょっと色あせているんだけどカラフルな、あの独特の色味がなんだか好きなのです。

 

こちらは関東から香川県、男木島に移住してきたというご家族のパン屋、ダモンテ商会さんです。

気さくな店員さんたち、季節の食材を使いパンにもこだわったサンドイッチがすごく美味しい。

 

イベント出店やケータリングをされているチュロスのお店、Don Peque CHURROSさん。

ちょっとサイズは小さめですが安い!し、作りたてサクサクのチュロスがもうなんとも言えない・・・。

 

シャッター街

マルシェが開かれている一角は賑わっている一方で、ちょっと道をはずれるとやっぱりさびれていました。

これはこれで、風景としては好きなんですが。シャッターが閉まりっぱなしの建物には落書きし放題。

 

ガラスが割れていても、きっとしばらく放置。

こんなイベントをきっかけに、ちょっとでもさびれた街が息を吹き返しから良いんですが。

 

ずっと行きたかった〜というお店から、普段なら素通りしてしまっていそうなお店まで。こうしてイベントで見つけると、お店の雰囲気や商品、店員さんのことや出店のきっかけなど、たくさんの新しい情報収集ができます。これがきっかけで店舗にも行ってみようかなーとか思える、興味の湧いたお店もけっこうありました。

香川県内、四国内を中心に人気店がいっきに楽しめるこのイベント、次回はおそらく冬の市です!行ってみるのがおすすめ。

 

新しい時代の暮らし方「シェアハウス」。若者から老人まで?価値を決めるのはお金じゃない

2018.10.22

【保存版】シェアハウスのトラブル、メリットデメリットまとめ

2018.06.09

シェアハウス運営、シェア暮らしに興味のある人へ

2017.10.07