新しい時代の暮らし方「シェアハウス」。若者から老人まで?価値を決めるのはお金じゃない




新しい時代の暮らし方「シェアハウス」

シェアハウスの知名度

高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

シェアハウスをやっています、とかシェアハウスに住んでいます・・・って言っても、ちょっと前までは「なにそれ?ルームシェア?」とか「あーゲストハウスね」とかいう反応の人たちが多くて、とくに年配の人たちで多かったのは、説明してもメリットを理解してもらえずむしろトラブルが多いんじゃないかとか、うさんくさがられたりとか、そんなこともありました。

でも時代の流れが速まっているからなのか、最近ではそんな偏見もかなり減ったように感じます。

「倒産寸前?『かぼちゃの馬車』とシェアハウス運営を考える」←こんな失敗例というか悪いニュースなんかもあったので、一気に知れ渡ったんでしょう・・・。

 

増加し続ける「シェアハウス」という名の物件

ただ、偏見が減り知名度が上がってくると必ず、資産家や大手企業、本来の目的じゃなくお金儲けをねらったNPO団体が参入してくる。シェアハウス、東京23区内ではすでに飽和状態で、地方でも各地に増え続けているもようです。「かぼちゃの馬車」関連の事件は、これによって起きたとも言えます。

外国人観光客が増えていることに乗っかって各地に作りまくっているゲストハウスと、ある意味同じ道をたどっている気が。

もし大きく不動産投資をしたいなら、法律や土地建物に関係する知識やはまりやすい罠について勉強をしておく必要があります。きっと、「かぼちゃの馬車」を運営する会社に説得されるがままに高額投資をしてしまった人たちが、今多額の負債を抱えて苦しんでいるんでしょう。

勉強方法はいろいろありますが、高額投資する前にまずは自分への少額投資をして勉強をしておくべきです。

各地でセミナーや勉強会なども行われているので、積極的に参加するのがおすすめ。

新しい時代の暮らし方「シェアハウス」。若者から老人まで?

老人のための高級シェアハウス?

そして、これはシェアハウスとは呼びたくないんですが・・・年金暮らしをしているお年寄りの方向けに、共有スペースとしての食堂や温泉、医療サービスなどが付いたマンションのような施設のようなものが各地で増え始めています。マンション?施設?内でいくつかのサークルが作られ、入居者どうしで交流もできるそうです。

これは、ひとり暮らし老人が増えている日本国内では画期的な仕組みなんじゃないかと。

まあ、充分な退職金や年金がもらえている今のお年寄りたちだけにしか、需要はないと思いますが。ちなみに共益費や管理費、食費やサークル費等含め1ヶ月にかかる費用は20万円近くだそうで。完全に、退職金と年金をがっぽりもらった現代の老人向けです。

 

将来のシェアハウス

なんかもう皮肉にしか感じませんが・・・この流れでわたしたち今の若者が老人になる頃のことを考えると、おそらくこのマンション?施設?内で暮らしている老人たちと同じような暮らし方、ただし年金額は大幅に減るので生活水準も大幅に下がった暮らし方をする人が多くなるんじゃないかと思うのです。

つまり、老人向けシェアハウス。

今どきシェアハウスと言うと、共同生活を苦に感じない珍しい若者が住む家だとかいうイメージがありますが、近い将来、シェアハウス暮らしは若者じゃなく老人のための暮らし方、みたいなイメージになっているのかも。

 

シェアハウスの価値を決めるのはお金じゃない。オーナー、運営者や管理人、入居者が作る雰囲気

「かぼちゃの馬車」関連の事件があったことで、東京23区内では今シェアハウスの家賃崩壊が起きています。苦しんでいるのは、倒産した運営会社じゃなく投資家たち。シェアハウスの家賃崩壊にともなって、きっとワンルーム物件などにも飛び火しているんでしょう・・・。

ただ、日本国内各地ではこんなことにも懲りずに、外国人観光客の増加にともなって作られ過ぎている「ゲストハウス」という名の宿と同様、知名度が上がってきたことにともなって「シェアハウス」という名の物件が増え続けるんじゃないかと、思っています。

 

ゲストハウスに関して言うと、日本国内にある「ゲストハウス」という名の宿で魅力のある場所はほんの数軒。本来は旅人のための安宿だったゲストハウスが、もはや今の時代、グループ旅行や家族力なんかにも使われています。客層も変わってきているし、オーナーや管理人などとの交流もない場所が多い。全然、旅をしていて面白くないです。

シェアハウスもきっと、似たようなことが起きるんじゃないかと。旅人を知らないオーナーが作ったゲストハウスが全く面白くないのと同様、シェア暮らしの良さを知らないオーナーが作ったシェアハウスは全く面白くはならない

そうなってくると自然と、客層というか入居者の層も変わってくるんだと思います。悪い方向に。

ただ単に投資家や大手企業、お金儲けをねらったNPOが節税などのために作るシェアハウス。大きくて清潔で便利でインスタ映えしそうな・・・そんなもんが各地にたくさんできるのかな。

 

シェアハウスというものがメジャーになってきても、「シェアハウス」という名前を変えてでもマイナーでいたいもんです。

自分や、自分のまわりに集まってきてくれた人たち(だいたいはちょっと変わった人たち)にしか作れない空気感でのシェア暮らしを維持していきたいもんです。

 

【保存版】シェアハウスのトラブル、メリットデメリットまとめ

2018.06.09

シェアハウス運営、シェア暮らしに興味のある人へ

2017.10.07