【本島】塩飽水軍の歴史を訪ねる、香川県丸亀の島観光




人情あふれる香川県丸亀の島「本島」

本島

香川県高松市内の小さなシェアハウス(ALINCO house)、オーナー兼住人のありんこです。(プロフィールこちら

本島、”ほんじま”と読みます。

戦国時代から江戸時代にかけて、巧みな操船技術によってあの織田信長や豊臣秀吉、徳川家康にも自治を認められていた船乗りたちが、塩飽水軍(しわくすいぐん)です。

塩飽大工が建てた民宿「やかた船」や古民家を利用して作られたギャラリー&カフェ「吾亦紅(われもこう)」、塩飽大工の技を今に伝えるために公開されている「笠島まち並保存センター」など、ここでしか見ることのできない歴史を、存分に感じられます。

 

本島 本島

 

本島の塩飽勤番所

江戸時代、島の人たちが大名の代わりに自治を行っていた政所の跡。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の朱印状や咸臨丸(かんりんまる)の足跡など、塩飽水軍の貴重な資料がたくさん、展示してあります

 

本島

当時使われていた家具などもそのままだったり、復元されて展示されていたりします。

 

本島

おふろやかまど・・・

 

本島

 

本島

なんと、こんなものも。用を足した後、ちゃんと乾くんだろか。

 

イルカ村や民宿、自然や食べ物・・・歴史だけじゃない本島の魅力

本島

本島は、地元の人でないとあまり知る機会のないマイナーな島ですが、学校もあれば食事どころや民宿もたくさんあります。マイナーだからこそ、海はとても綺麗だし落ち着きのある雰囲気

「本島イルカ村」では、良心的な価格でイルカと触れ合える、いろんな人向けのメニューが用意されていて、子どもも大人もハマるはず!野生ではなく飼われているイルカなので、イルカも人間慣れしていて触れ合いやすいのです。

本島市民センター内には観光ガイドのツアー情報も。希望に応じてコースを組んでくれるので、効率良く島をまわりたい人におすすめ。

 

丸亀港からフェリーでアクセス、1日8便

本島

出典

高松から丸亀までは車またはJRで。JRを利用して丸亀駅で降りた場合、丸亀駅から丸亀港までは徒歩約8分。電車の時間とフェリーの時刻表とでうまく計画を立てないと、待ち時間ばかりな長くなってしまいます・・・。

フェリーに乗り牛島を経由して、丸亀港からは35分程度(旅客船の場合は20分程度)で到着です。

料金は
丸亀港ー本島550円
丸亀港ー牛島480円
牛島ー本島250円

丸亀発 牛島着発 本島着
6:10 6:45
7:40 8:15
10:40 11:15
12:10 12:25 12:30
15:30 16:05
16:30 16:50
18:15 18:35
20:00 20:20

 

本島発 牛島着発 丸亀着
6:50 7:20
8:30 8:36 8:50
9:40 10:10
12:35 13:05
14:15 14:21 14:35
17:10 17:40
17:50 18:10
19:30 19:50

 

本島

歴史があるというだけじゃない、魅力あふれる本島。

 

香川県など地方への移住について興味がある人はこちらの記事→【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!がかなりおすすめです。長いんですが、移住者目線でのかなり詳しい情報をまとめました!他の関連記事も情報豊富です。

【まとめ】移住者のわたしがすすめる香川県移住!成功と失敗

2018.12.22

カメラ女子におすすめしたい!移住者がすすめる香川県の写真スポット

2018.12.21

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18






本島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です