【香川県シェアハウス】初めての空き家リノベーション!どんどん解体




香川県シェアハウス作り!空き家リノベーション工事開始

香川県高松市内の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

25歳独身女子、思い切って大きな借金を背負いつつ家を買ってから約1ヶ月。いよいよ、シェアハウスオープンに向けてのリノベーション工事がはじまりました。年齢や出身など関係なく、移住してきた人や地元の人がつながる、ゆるい空間がつくれたらいいなという思いで、これからいろいろと試行錯誤、頑張ってつくっていきます!

年明けすぐ、家の腐食してしまっていた部分の解体からはじまり工事が進んでいっています。デザイン会社さんに入ってもらっているので、オシャレに仕上がりそう。家を買うのも初めて。融資を受けるのも初めて。

大きな工事終了が3月後半。それから家具を入れたり、畑をつくったり。大きな工事についてはおおまかに、腐食部分の解体→電気水道など設備→壁→天井塗装→床→ドアなど建具改修→外壁補修と塗装→屋根というような流れ。

リノベーション工事開始から早くも1ヶ月がたちました。解体が終了し、フローリングの床にする予定の3部屋分の畳がはがされました!

 

シェアハウス

1階のこの部屋、窓側の壁がかなり腐食してしまっていました。

 

IMG_0904

窓枠の下はこんなかんじ。ボロボロ。あとで判明するんですが、ここはシロアリさんの仕業。

 

IMG_0881

どんどん解体。

 

IMG_0965

外と貫通しました〜

 

IMG_0979

畳はすべてなくなり、ベニヤ板がむき出しになりました。こんな状態が見られるのも、貴重な経験です!

 

IMG_0974

床のつくりはこうなっているのかと。勉強になります。

 

IMG_0972

そして、高感度で撮影ができるカメラを思いっきり床下に入れ、床下撮影に成功。

床が高ければ高いほど、湿気を防ぐことができます。柱の下にはコンクリートブロックが置いてありますが、石が置いてある場合もあるそうです。(本当は石のほうが良いそうですが)古い家のわりに、床下は綺麗だねと言われました。

 

IMG_0968

こちらは土台。上下で二層構造になっていますが、これは丁寧につくられた家だということの証拠なんだそうです。これはラッキー。

 

IMG_0878

この家の壁は、古い家には多いそうですが土壁。まずは表面のキラキラしたやつをガリガリ削ってはがしていくよう。

 

IMG_0964

土壁がむき出しになりました。上のほうにロールシートという、ペンキで余計な場所を汚さないようにするための養生用シートが貼ってありますが、天井塗装のしかたを教えてもらったときのもの。

壁の漆喰塗りは、工務店さんに依頼しても自分でしてもあまり金額が変わらないとのことだったので依頼していますが、天井塗装は自分でする予定。手伝ってくれるなかま、募集中です!

 

IMG_0962

和式トイレがあったスペースもこんなにむき出しの状態に。こんな風景ってなんだか新鮮で、おもしろい。

 

IMG_0980

お風呂だった場所。こちらは角の土台が腐っていたことが、解体後に発覚。抜き替えをしてもらうことになりました。毎日寒い中、工事を進めてくれる工務店さんにはとっても感謝。

 

香川県など地方への移住をしてみたいと考えている人や、シェアハウス生活、運営に興味のある人は下の関連記事へ!長いんですが、かなり詳しく役立ち情報をまとめました。

【まとめ】香川県に移住して古民家リノベで作ったシェアハウス!開業〜生活のようす

2018.12.20

【まとめ】香川県、四国に移住したい人のためのお役立ち準備情報!

2018.12.18




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!



2 件のコメント

  • おおお!いよいよですね!床下もキレイな良い物件で良かったですね〜:) 完成楽しみにしてます(^^)

    • ありがとうございます!床下は綺麗でした!おしゃれで楽しいシェアハウスにできたらうれしいです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です