コンデジカメラ女子必見!高画質デジカメとおすすめケース、水中カメラまとめ




カメラ女子におすすめしたい高画質コンパクトデジカメとケース、水中カメラまとめ

ありんこです。(プロフィールこちら

デジカメの技術進歩ってスゴイ!

カメラとかデジカメって一口に言っても、コンパクトデジカメやミラーレス、一眼レフなどいろいろと種類があります。

そんな中でもいちばん手に入れやすいコンパクトデジカメ。格安なものも多いわりに高画質だったり、いろんな設定が自分でできたりと・・・とにかくコスパが良い。今どきデカくて高いカメラじゃなくても、小さなコンパクトデジカメだけでも充分キレイな写真は撮れるのです!

とうことで今回は、コンデジカメラ女子に役立つとっておきの情報、新しくコンデジを買いたいけどどんなものを選んだらよいのか分からない・・・という人向けのおすすめ情報をまとめて紹介します!

 

コンデジを使うメリット

まず、コンパクトデジカメを使うことについてのメリット。

  • 軽くて持ち運び超便利
  • 値段が安い
  • 操作があまり複雑じゃない
  • レンズ交換必要なし

なにより、カバンやポケットにも入るちっちゃいサイズなので持ち運びが楽チン。シーンによって画角を大きく変えたりしてレンズを使い分けたい!という強いこだわりのある人以外は、べつにあんなに大きな一眼レフ用のレンズなんて持ち歩く必要ありません。

コンデジでも、ズームをすると画質が荒くなるってことが最近は少なくなっているので充分、キレイに撮れます!一昔前の一眼レフにも負けないくらいキレイに撮れるものも。

 

ありんこ
最近よくいる、「一眼レフを買ったけどオートしか使わない・・・」みたいな人たちは、コンデジを使いこなした方がキレイに撮れるようになるっていう場合もあります・・・

 

 

厳選!カメラ女子におすすめな高画質コンデジ

コンデジってたくさんのメーカー、カメラの品質もピンからキリまでいろいろ・・・選ぶのってけっこう大変なもんです。

 

コンパクトデジカメを選ぶときのポイント

  • 予算の目処をつける
  • どんな写真をメインで撮りたいのか考える
  • 操作性とデザインが好きなものを選ぶ

大事なのは、こういったところ。

それぞれのカメラによって、強みや弱みが違ってくるし機能にも差があります。まずこの3点について目処をつけたあとで、実際に購入するものを選びましょう。ちなみに3つ目のポイント、操作性とデザインですが、けっこうこれが大事!カメラを持ち歩くのが楽しくなきゃ、写真を撮るのが億劫になってきちゃうんで。直感で「あ、これほしい!」って思ったものを買うのが何より良いのです!

ということで、カメラ女子のわたしがおすすめする高画質コンデジ、ちょこっと紹介しておきます。

 

富士フィルムX100F

  • 寸法:126.5×74.8×52.4mm
  • 重さ:469g
  • 画素数:2430万画素
  • レンズ:35mm F2

 

 

値段は高めですが・・・富士フィルムのコンデジ。富士フィルムの色調って個人的に好きです。最大の特徴は、フィルムシミュレーションという機能で、フィルム写真調の色味に似せたデジタルフィルターをかけてくれるというところ!フィルム名で、どんな色味にするか選ぶことができます。

レンズは35mmの単焦点、明るめのレンズで、ボケみも綺麗です。本体のデザインがなんだかおしゃれで、持っているだけでも気分の上がるコンデジ!

 

キャノンG7X MARKⅡ

  • 寸法:105.5×60.9×42.2mm
  • 重さ:319g
  • 画素数:2010万画素
  • レンズ:24-100mm F1.8-2.8

 

 

こちらは、高画質コンデジの中では安価。特徴はレンズの望遠側が100mmまで使えるということと、明るいレンズを使っているということ。そして、タッチパネル搭載です。

ちょっとだけサイズが大きいんですが操作はしやすい!かなり人気の高コスパコンデジです。

 

▶︎ 高画質でコスパ抜群なおすすめコンデジ、さらに詳しく見たい人はこちらの記事へ→『カメラ女子におすすめ、最新の高画質コンデジを厳選して紹介!

 

 

水中で使える高画質コンデジと防水プロテクター

さらに今度は、水中で使えるコンデジ!高画質なものも多く、水中だけじゃなく過酷な環境全般で使えるので、アウトドアに便利。

ちなみに・・・水の中に入るわけでもなく、ただ海辺など水がある場所の近くで活動をするだけなら、わざわざ水中カメラを買う必要もありません。DiCAPac(ディカパック)をはじめとした、スマホやデジカメを入れて使える防水ケースは、夏になるとそこらじゅうの家電量販店などで販売しているのを見かけます。

水に入らず、スマホで撮影するだけならこれで十分。スマホ防水ケース

防水ケース、スマホではなくコンパクトデジカメを入れる場合には、その機種によって合うサイズを選ぶ必要があります。一部対応していない機種もありますが、値段は1万円前後。スマホ用防水ケースの方が断然安い。

 

オリンパスTough TG-5

まずは、わたしも愛用しているOLYMPUSの水中コンデジ!

TG-1から始まったToughシリーズ。4代目のTG-4がさらに、高画質になってモデルチェンジしたバージョンです。F2.0の明るいレンズ。TG-4との違いは、ノイズが出にくく解像力が高くなったこと、高速連写や4K動画、ハイスピード動画(一瞬のアクションをスローモーションのような映像として捉える)の撮影ができるようになったこと。

発売時期  2017年6月
価格 ¥48,000程度〜
防水等の性能 防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kg、耐低温-10度、耐結露
 カラー  レッド、ブラック

 

カメラ本体だけで、水深15mまで使うことができます。それ以上の深さまで潜る(主にダイビング)場合には、別売りの対応した防水プロテクター(ハウジング)も購入する必要があります。ハウジングに入れれば、水深45mまでOK。水深45mは人間の限界だったりしますが・・・→オリンパス TG-5用防水プロテクター ハウジング 

OLYMPUSのToughシリーズ、このTG-5の1つ前のバージョンであるTG-4なども、ネットショップにはまだ出回っていますが、値段がこのTG-5とほとんど変わらない(しかも対応するハウジングが異なる)ので、購入するならこの新しいバージョン、TG-5がおすすめです。

 

GoPro HERO

それからこちら、GoProのなかでは比較的低価格で手に入れやすい新たな機種が発売されました!

4K動画撮影ができない点や、音声起動(音声コマンドでカメラを起動したり動画撮影を開始したりできる機能)ができないっていう点はあるんですが、画質や防水性能については他機種と差はありません。

発売時期 2018年4月
価格 ¥26,000程度〜
防水等の性能   防水10m、防塵、耐衝撃、耐荷重、耐低温
カラー  ブラック

 

HEROに対応した水深45mまでの防水ハウジング やハンドグリップなど、アクセサリもいろいろ。

 

▶︎ 最新のおすすめ水中カメラ、さらに詳しく見たい人はこちらの記事へ→『カメラ女子におすすめ!水中で使えるコンデジと防水ケース

 

 

カメラ女子必見の可愛いデジカメケースとポーチ

ところで、デジカメを入れるケースって、持っていますか?

こちら→『【まとめ】カメラ女子の激推しカメラバッグ!おしゃれで可愛いアイデア』では、カメラ女子なら必須なカメラバッグを厳選して紹介たんですが、今回はコンデジ用の小さなケースについての話。

カメラって思っている以上にデリケートで、たとえばふつうのバッグやリュックに直接入れておくと、他の荷物などと互いにこすれたり衝撃が加わっちゃったりして壊れやすくなってしまうのです・・・。なので、カメラを持っているなら専用のケースを買っておくことが必須!

 

チャムス(CHUMS)のコンデジケース

まずは、男女問わず大人気のチャムス!可愛いペンギンマークに、デジカメケースの色や柄がたくさん。どれもオシャレなデザインで、迷ってしまいます・・・。

内ポケットが付いているのでSDカードとかバッテリーを入れるのにも便利!さらに外ポケットも付いています。通常はコンデジを入れて使うもんですが、このケースって外からの衝撃を避けてくれるので、たとえば薬や小さなビンなどの小物を入れるのにも使える!

 

トランクのコンデジケース

こちらは、まるでオモチャのトランクみたいなコンデジケース!カラーが6種類、シックなものから可愛らしいものまでいろいろあります。

コンデジを中に入れたら、持ち運んでいる間にガタガタ揺れないようにベルトに固定・・・まるで本物のトランクみたい。SDカードなどを入れられるインナーポケットも付いていて便利です!

 

▶︎ カメラ女子におすすめのおしゃれコンデジケース、詳しく見たい人はこちらの記事へ→『カメラ女子におすすめ!水中で使えるコンデジと防水ケース

 

 

写真プリントとアルバム作成、データ管理を自動で

そして最後に、コンデジカメラ女子にとってはかなり嬉しいサービスについての情報!

手軽に何でもかんでも写真に撮っておけるデジタルの時代。「スマホやデジカメのSDカードの中が写真でいっぱい・・・」っていう人は多いんじゃないだろか・・・

「他のディスクやストレージ、パソコンの中に大量の写真たちを移動して整理してはいるけど、もういつの写真がどこにあるかが分かんない」なんていう人も。

そして何よりこわいのは、そういう人たち、デジタル機器の故障で一気にその大切だった思い出が消え去るということです。これは実際に経験しないと身にしみないとは思うんですが・・・写真がほぼ完全にデジタル化してしまった今の時代、そういう大きなリスクがじつはすぐそばに潜んでいるのです!

 

ありんこ
かといって、大量の写真データをその都度カンペキに整理、管理するのはめんどくさいしやりたくない・・・

っていうか無理!という人に、おすすめの情報。

 

それが、primii(プリミィ)というサービス。(※ スマホ専用サイト)

具体的にどんなサービスなのかと言うと・・・

  • 写真プリントが1枚5円〜できる
  • 5GBの写真保存データストレージがもらえる
  • フォトブックが毎月無料でもらえる

っていうようなメリットがあります!このサービスが月額たったの300円だけで利用できるっていうからスゴイ!

写真プリントが1枚5円ってのがどれくらいお得かというと、店舗でプリントする場合1枚30円前後はかかるので、100枚プリントするごとに¥2500も浮くことになります!

さらに、5GBの保存ストレージ(写真データの保存場所)っていうのはだいたい8000枚くらいの写真が入るスペース!

さらに、入会した次の月から毎月無料で1冊ずつもらえるフォトブックは24ページ。無料といっても、ちゃんとしたフォトブック!しっかりと製本されているので、長期間保存ができるし、もちろん家族や友達へのプレゼントとしても最適です。

 

ありんこ
まあ、そこまで写真をプリントしないしデータも自分でパソコンやハードディスクに入れてしっかり管理できる。フォトブックは高級なものをもっと高い値段で注文してるし・・・っていう人はいらないサービスだと思うんですけどね。

 

せっかくの写真データをできれば形に残しておきたい!っていう人には劇的にコスパの良いサービスです!→「primii(プリミィ)」(※ スマホ専用サイト)

 

▶︎ このサービスについて、詳しくはこちらの記事にまとめてあるのでぜひ参考に→『コンデジカメラ女子にも!写真プリントとアルバム作成、データ管理を自動で

 

いかがででしたか?自分だけのお気に入りカメラを持って、写真ライフをさらに楽しんでください!

さらに、カメラ女子が得するたくさんの情報、こちらの記事にまとめてあります!→【まとめ】カメラ女子入門!初心者が上達するおすすめの方法と写真プリントのコツ

 

【まとめ】カメラ女子入門!初心者が上達するおすすめの方法とカメラの選び方

2018.12.26




フォロー&ランキングお願いします!ポチッと