カメラ女子のフィルム写真比較!「写ルンです」と「FUJIFILM業務用100」




カメラ女子のフィルム写真比較

フォトグラファー・写真家のありんこです。(プロフィールこちら

カメラ女子の間で、最近ひそかに来ている”写ルンですブーム”!

”写ルンです”っていうのは昔よく使われていた使い捨て、インスタントのフィルムカメラですが、なぜだろうか・・・描写に懐かしさを感じることや、デジタルな時代にこそやっぱりフィルム!という流れ、そして手軽さによって人気が再燃しているんですかね。

 

ありんこ
わたしありんこも、小学校や中学校の修学旅行などでは写ルンですを持って行って、パシャパシャを撮っていたのを覚えています。懐かしいなあ〜

 

わたしたちくらいの世代って、子どもの頃の写真だけはフィルムだったんですよね。だからこそ、フィルムに懐かしさと魅力を感じるのかもしれません。

かなり上の世代になると、「写真と言えばフィルムだった」と。逆に、下の世代はもちろん、「写真と言えばデジタルしか知らない」と。わたしたちはその中間の世代、フィルムの時代もうっすら知っていながらもデジタルカメラが主だったんですよね。

ということで、わたしもフィルムカメラをときどき使うようになりました。”写ルンです”だけじゃなく、一眼レフカメラでフィルム写真を撮影しています!

写ルンですにもいろいろと種類があり・・・カメラ自体についての記事も書いたので、「写ルンです、ちょっと興味ある・・・再び使ってみたいなー」とひそかに思っている人はどうぞ→『カメラ女子の間で「写ルンです」フィルムカメラが人気上昇中!

 

カメラ女子必見!フィルム写真「写ルンです」と「FUJIFILM業務用100」の比較

「フィルムカメラをはじめたい!」と思ったら、まずは写ルンですを購入してパシャパシャと撮影、お店に現像、スキャンをしてもらうという流れに慣れる(思い出す?)のがおすすめ。

「インスタントカメラの写ルンです以外で、本格的に撮りたい!」という人は両親やおじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみると良いと思います。昔はみんな、フィルムカメラを持って写真を撮っていたわけですから。「もう古いから動くか分からんよ〜」なんて言って出してきてくれるかもしれません!

または、「カメラのキタムラ中古ネットショップ」などで安く手に入りますよ〜。

ただ、フィルムカメラってなんせランニングコストがかかるというのが大きな難点。フィルム1本(24枚撮りや36枚撮りなど)は最安でも300円代から、高いものだと数千円するものも!つまり1回シャッターを切るのに安くても10円くらいかかるということなんですよね。

これに加え現像代などもかかるので、フィルム1本(24枚撮りや36枚撮りなど)をプリント写真または写真データとして使えるようにするためには、2000円くらいはかかるということなんですよね〜・・・高い!

 

というわけでわたしがいつも使っているのが、富士フイルムのネガカラーフィルム、業務用のものですね。フィルムの中では最安値です。

今回の記事では、このFUJIFILM業務用フィルムで撮影した写真と、写ルンですで撮影した写真を徹底比較!色味などにどんな差が生まれるのかを検証していきたいと思います。

 

ありんこ
どちらにも、良さはあるんですよね〜

 

FUJIFILM業務用100で撮影したフィルム写真

まずはわたしが普段使っているFUJIFILM業務用フィルム

最安値のフィルムですが、当然ながらフィルム写真特有の描写がしっかりとできて満足しています。

何枚か、撮影した写真を載せていきます!ちなみに現像、スキャンはカメラのキタムラさんにて。返ってきたままの写真データを載せています。

 

ISO感度が100のフィルムを使っているので、暗い場所には弱い。ということで、メインは昼間の写真ですね。

1枚目と4枚目は雨、2枚目は曇り、3枚目は晴天下での撮影。

このフィルム、昼間の晴天下での撮影に向いていますよーとのことで売られているんですが、曇りや雨の日でも、昼間なら明るさがありますし、ふつうに使えます!

そして、写真の色は偏ることもあまりなく、描写は十分キレイ!

 

ありんこ
フィルム特有の粒子感、ザラザラと。

そんなデジタルとはまた違った魅力がありながらも、自然な色を再現できる。普段使いしやすいフィルムです!

 

写ルンですで撮影したフィルム写真

つづいて、今流行りの写ルンですを使った撮影もしてみました!

今回使ったのはこちら、ISO400のもの。

ISO感度が少し高めなので、上のISO100のFUJIFILM業務用フィルムよりは、暗めな場所での撮影ができるわけですね。

ということで写ルンですで撮影した写真、いろいろ載せていきます。

ちなみに現像、スキャンは同じくカメラのキタムラさんにて。返ってきたままの写真データを載せています。

 

ISO400なので、暗い場所にも比較的強い・・・はずなんですが、ISO100のFUJIFILM業務用フィルムで撮影した暗めの場所と同じ場所にて撮影をすると、なんだかモヤッとしてしまっていますね。

ストロボを使って撮影すると、余計にモヤッとした全体がグレーの写真になってしまいます。

写ルンですに付いているストロボを使うのは、風景写真じゃなく間近の食べ物などを撮るときだけ、が良いわけですね。申し分程度の弱い光なので、遠くまで届きません。

ただ、「あー昔こんな雰囲気の写真あったなー」なんてちょっと懐かしい感じのする写真が撮れるんですよね。

他にも、写ルンですで撮影した写真の特徴についてまとめておきます。

 

写ルンですの特徴まとめ

インスタントカメラとはいえ、写ルンですのフィルムにはファンも多い!

その特徴としては

  • レトロで懐かしい雰囲気の写真が撮れる
  • ピントが甘い(しっかりと合っていない)ことが多い
  • ISO感度が高くても、暗い場所には弱い
  • 自然な色が再現できるが、緑色寄りになることもある
  • ストロボは弱いので間近の被写体にのみ使える

というようなところ。

スキャンする店舗によっても風合いは変わってきますが、だいたいのイメージとしてはこのような特徴が挙げられますね。

 

ありんこ
個人的には、スナップ写真をパシャパシャと撮るときに使いたいなーと。アートとしての写真というよりは、思い出を記録していくときに表現したい雰囲気。

普段風景などを撮影するときにはやっぱり、FUJIFILM業務用フィルムかな。

ただ写ルンですの最大の利点はやっぱり、軽くてコンパクトで持ち運びやすい!取り出しやすい!というところ。写真を気軽に撮るのがとっても楽しくなるんですよね〜

 

ということでぜひ、最近ちょっとカメラ女子の間でも人気が再燃してきたフィルム写真、楽しんでみてください!

写ルンですの種類についての記事はこちら→『カメラ女子の間で「写ルンです」フィルムカメラが人気上昇中!

 

カメラ女子のフィルム写真比較!「フジPRO400H」と「FUJIFILM業務用100」

2019.06.24

カメラ女子の間で「写ルンです」フィルムカメラが人気上昇中!

2018.10.11