ランキングで見る香川県の意外さ!移住者目線からの県民性




高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

都会での生活に窮屈さを感じ、海や島のある瀬戸内になんとなく漠然と魅力を感じたので、大学卒業後すぐ、うどん県にひとりでふらっと移住し社会人として生活。ありんこハウスは2年ほど前、縁あってボロい一軒家を購入、リノベーション工事を経て半年後に完成しました。現在は素敵な(ちょっと変わった?)シェアなかまたちと一緒に、ユルいシェア暮らしを楽しんでいます。

本当は”移住”とは思っていなくて、独特な考え方があるんですが・・・→不安でも実は簡単に「移住」できる!地域おこし協力隊も以外とおすすめ

生まれと育ちは神奈川県、香川に移住してきてからは4年ちょいたちますが、移住者ならではの、香川の人たちについて思うところもいろいろあるのでした。

 

日本全国都道府県ランキングで見る香川県

うどん屋軒数と消費量1位

もちろん香川と言えばうどん!うどん屋の店舗数はダントツで1位。もちろん消費量もですが。

出展

地図上で、なんだか香川県だけ嫌がらせのように色が濃い・・・。

ちなみに香川県って、日本全国でいちばん面積は小さいので、つまりうどん屋の密度、密集率がこれ以上に高いということになります。たしかに、自転車や車でほんのちょっと走る間に必ずうどん屋を数軒は見かけます。コンビニを見かけないようなど田舎の地域でも、うどん屋だけは抜かりなく。

そしてうどんだけじゃなく、じつは麺類の消費量も日本一だったりします。うどん屋だけじゃなく、なにげにそば屋やラーメン屋もよく見かけます。これにともなってか、糖尿病患者数もなかなかの上位・・・ぽちゃっと太った人が多い気がするのも、気のせいじゃないのかも・・・。

あ、ハンバーガーやまんじゅうの消費量もけっこう上位の方です。みなさん車でしか移動しないしちょっとの距離でも歩かないし、こりゃ糖尿病になるわ・・・。

つい先日出版された本四国懐菓子88、こちらに掲載されている写真の撮影に関わらせてもらったんですが、香川県内にこんなに和菓子屋さんがあるんだーと、どんだけ多くの種類のまんじゅうがあるんだと感じていたところでもあります。四国旅行やお遍路さんにぴったりの本。詳しくはこちら→四国名物、伝統のお菓子まとめ!「四国懐菓子88」

 

パン屋の店舗数上位!

ちなみに香川県民の人に聞いた話だと、うどん屋の軒数は多いけどそれ以上にカフェが多いんだよと。さらに、それ以上にパン屋が多いんだよと!

出展

全都道府県のランキングだと、愛媛県が1位。

 

出展

香川は8位でした。

と言っても、なんせ香川県は面積が日本全国最下位。なのにパン屋軒数は第8位。そこそこ上位の割合なんじゃないでしょうか。ちなみにこちらの数字は2012年の段階で、新しいパン屋も増えていたりするので今現在、実際のところはどうなんだろか。

そしてよくよく見てみると、なんと四国4県(香川、愛媛、徳島、高知)が全て8位以内に入っているじゃないか!四国ではパンがよく売れるのか?

実際に香川県民に聞いてみると、なぜかみんなパンをよく買うんだそう。数千円〜1万円単位でパンを買っていく人たちもたくさんいるそう・・・。うどんもそうだし・・・小麦粉中毒?ナゾの県民性です。

香川の人気パン屋さんの紹介、いくつかしています。こちらのカテゴリーもどうぞ。

 

移住者から見た香川県民の県民性

交通事故件数、陰口・・・

他には、交通事故件数や交通死亡事故件数がかなりの上位だったり、子どもがもらうお小遣いの金額が1位で世帯別貯蓄額も1位だったり・・・でも県民性としてはケチだと言われています。たしかに、自分の子どもには甘いし大切に育てるけど他人に対してはケチっていう傾向、なんとなくある気もします。

それから、嫌だなと思うところをさらに挙げてみると、田舎は特にそうなのかもしれないですが・・・なんせ陰口が多すぎる。表向きはやさしかったり気前が良かったりするのに、後になって陰で愚痴を言いまくるという、わたしのいちばん嫌いな性格の人たちが多い。

 

お遍路さんへのおもてなし文化

逆に、香川県の人たちの県民性、良いなーと感じるところもあります。お遍路さんへのおもてなし文化があるからか、気さくな人も多い。みなさんよく贈り物をしてくれたりもします。

県民性の気に入らないところを知ってしまって、溶け込みづらくなってしまう移住者の人たちもいるそうなんですが、良いところもあるしそりゃ人間なのでみんな所詮自己中。ケチとかお金に目がないとか・・・それがおもてに出ちゃっている素直な人たちが多いのかもしれないなと考えると、むしろ溶け込みやすいんじゃないかとも。

個人的には人との関わりなんて深すぎちゃだめだと思っているので、このやさしさは表向きだけなのかなーなんて思いながらも、なんともなく楽しくやっていってはいます。

 

移住にちょっと興味がある人たち、こちらの記事もおすすめです。ぜひ目を通してみてください。→不安でも実は簡単に「移住」できる!地域おこし協力隊も意外とおすすめ

 

不安でも実は簡単に「移住」できる!地域おこし協力隊も意外とおすすめ

2018.11.27

東京都、首都圏のシェアハウス、ソーシャルレジデンスという暮らし方。上京後の低コスト生活と出会いの場!

2018.11.18

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!