【外付けスピードライト】最短独学写真上達には外付けストロボ(フラッシュ)がおすすめ




ありんこです。(プロフィールこちら

写真の見栄えをもっとも左右するのが、光の方向、強さ、質。光って何よりも、大事なんですが、その手助けをしてくれるのがスピードライト(ストロボ、フラッシュ)。

内蔵ストロボがないカメラもたくさんありますが、まあ内蔵されていたところで光の方向は操作できないので無意味。写真が上手くなるための次なる一歩として、外付けのスピードライト(ストロボ、フラッシュ)を使うことをおすすめします!

 

外付けスピードライト(ストロボ、フラッシュ)で最短独学写真上達

純正スピードライトは高価か?

スピードライトって、めっちゃ高い?

Canon製

Nikon製

キヤノン、ニコンともに光量の多いものは5万円をこす値段となっています。

とは言っても、スピードライトとか日常使わないしこんなに高いなら買いたくない・・・もう少し良い感じで安いやつないの?

 

格安お手軽おすすめスピードライト

ありました!!コスパ抜群の格安スピードライト(ストロボ)。なんと3000円〜1万円程度と、価格は5分の1以下!

NEEWER製

もちろんTTL(自動調整発光)に対応していないストロボも多く、手動で光量を合わせないといけないこともあるんですが、使い方はシンプルなので迷う心配はないでしょう。とりあえず安いのを1つ買ってみていろいろ遊んでみると良いんじゃないかと思います。(中国製の物のものが多いですが、わたしは今のところ3年近く問題なく使っています。)

それからおまけなんですが、ディフューザーと呼ばれるスピードライトの光を和らげるキャップがあります。これを使うと人の肌がより自然にキレイに撮れるので、使ってみてください。ちなみにストロボの種類ごとにディフューザーのサイズも違いますので、間違って買わないようにご注意!

YONGNUO製

 

外付けスピードライト(ストロボ、フラッシュ)のお供にはエネループがおすすめ

スピードライトに使う単3電池なんですが、使い捨ての単3電池はおすすめしません。地味に高いし、残量がわからないので。すぐに使い終えてなくなってしまうし。

「あとどれくらい残ってるんだろ?不安だから新品のに入れ替えておくか・・・」ってなって、結局ムダ使い。電池を消費して損した気分になってしまうことがたびたび。

そんな心配を解消するエネループを、セットで買っておきましょう。なんと2100回も繰り返し充電して使えるらしいです。つまり、一生使えるってことか。

エネループ

充電器に差し込むと、けっこう充電があるときは緑ランプ(80〜99%)。ボチボチ充電があるときは黄色ランプ(20〜80%)。電池ないよーってときは赤ランプ(0〜20%)が光るので、どれくらい電池残量があるか分かるのがうれしいです。

充電器とセットじゃないものは、こちら。

 

仕事でバリバリ使うんだけど!っていう人には、大容量プロモデルの黒いエネループがおすすめです。

最近売れすぎているようで、Amazonで見ると品切れ状態なので早めに注文しておくと良さそうです。

 

エネループ入れケース

電池が増えてくると、エネループを入れるケースがほしくなってくるので、こちらのシンプルで飽きのこなさそうなやつを買いました。わたしは2つ買って1つは充電済み、1つは充電が必要なものとペンで印をつけて使い分けています。もし持っていなかったら、こちらもどうぞ。

いかがでしたか?スピードライトひとつとっても奥が深いもんです。スピードライトを使い始めると、写真が一段と楽しくなりますよ!

 

【初心者向け】お手軽おすすめカメラ三脚ベスト3

2018.10.20

【人気上昇中】旅好き写ルンです女子へおすすめする選ぶときのポイント3選と機種(フィルムカメラ)

2018.10.11

チェキ・Instax特集!結婚式二次会便利アイテムまとめ

2018.10.07