幸せを引き寄せる「予祝行事」はうさんくさくなかった!予祝手帳のすすめ




高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

先日、シェアなかまやその友達を呼んでの食事でのこと、「予祝」ということばを聞きました。

関連記事:「【シェアハウス】ありんこハウスのユルいシェア暮らし。食欲の秋としゃぶしゃぶ食べ放題

 

幸せを引き寄せる「予祝」とは?予祝行事とその意味

カンタンに言えば、予祝っていうのは字の通り、何かめでたいことが起こる前に、前もってお祝いをすること。実際にはそんなことは起きていないんだけど、めでたいことがすでに起こったつもりで祝っておくと、それが現実になるというのです。

なんだそんなこと、スピリチュアル系だかなんだかの、ちょっとうさんくさい方法だな・・・とも思ってしまうような内容です。

 

ただ、実際に「予祝」についていろいろと調べてみると・・・

豊作や多産を祈って、一年間の農作業や秋の豊作を模擬実演する呪術行事。農耕儀礼の一つとして〈予祝行事〉が行われることが多い。

あらかじめ期待する結果を模擬的に表現すると、そのとおりの結果が得られるという俗信にもとづいて行われる。小正月に集中的に行われ、農耕開始の儀礼ともなっている。一種の占いを伴うこともある。庭田植(にわたうえ)、繭玉(まゆだま)、粟穂稗穂(あわほひえぼ)、鳥追、成木(なりき)責めなど地方色豊かなものが多い。

出展

と、現代になってよくはびこっている怪しげなおまじない的な何かじゃなく、ずっと昔から行われてきたものだったのでした!

 

春のお花見

たとえば、人々はなぜお花見をするのか・・・それは、ただ単に桜の花が綺麗だからみんなで集まってお酒を飲もうとか、そんなことなんかじゃなかったのです。

春に開花した桜=秋に実るお米だと見立て、お米の豊作をあらかじめ祝っておく、という予祝の行事。

 

 

夏祭りの盆踊り

そして、夏に行われる夏祭り。なぜ夏に行われているのかというと、夏の夜は涼しくて気持ちが良いから・・・というわけじゃなく。

夏祭りでよく行われている盆踊り。これは、盆の時期に死者を供養するためという意味でもあるんですが、こちらもじつは、秋に収穫するお米の豊作をあらかじめ祝っておくという意味もあるのです。

 

 

幸せを引き寄せる「予祝行事」はうさんくさくない!「アズイフの法則」との関係

アズイフの法則とは

イギリスの心理学者、リチャード・ワイズマン博士が実証した法則、「アズイフの法則」。

アメリカの心理学者であるウィリアム・ジェームズが提唱した「何かの美徳を身に付けたければ、それが備わっているかのように行動すればよい」という思想を、リチャード・ワイズマンが理論化して実証しました。

人間心理の仕組みとして、嘘なんだけど実際にそうなったというつもりで行動をすると、実際にそれが起こってしまうという法則。

  • 楽しいから→笑う、じゃなくて、笑うから→楽しい。
  • やる気が出ないから→勉強をしない、じゃなくて、勉強をしないから→やる気が出ない

といった要領で、じつは何事も感情じゃなく行動が先にきているのです。感情が先だと思われがちですが。

極端な例で言えば、自分にはお金がないと思っている人は、銀行の通帳残高にゼロをひとつ付け加えるのが良い、とまで言われていたりもします。そうすると、お金持ちだというつもりで振る舞い行動することができるので、実際にお金持ちになれるというのです。本当なんだろか・・・誰か実験してみてください。

 

アズイフの法則、こちらに詳しく書かれています。「予祝」は古くから行われている、まあ悪く言えば理論や根拠のない行事ですが、こちらの「アズイフの法則」については実際に科学的に論証されていることなので、信憑性は高いです。行動ひとつ変えることで、感情までもが大きく変わる。勉強する価値のある法則です。

 

「アズイフの法則」と「予祝」

実際にはそうなっていないんだけど、あたかもそうなっているかのように振る舞い行動をすれば、実際にそうなってしまうという「アズイフの法則」。

実際にはまだ起こっていないことを、すでに起こったつもりであらかじめ祝っておく「予祝」。

背景や根拠は違いますが、結局「アズイフの法則」と「予祝」、どちらも同じことを言っているということに気づくことができます。

 

幸せを引き寄せる「予祝手帳」がおすすめ!

ひすいこたろう「しあわせがずっと続く『予祝』手帳」

作家でコピーライターのひすいこたろうさん、大好評の「しあわせがずっと続く『予祝』手帳」が今年も発売とのこと。

素敵なパートナーと出会いたい、成績が良くなりたい、ミュージシャンになりたい・・・などなど、自分で決めた4つの夢。それらの夢の5年先までの軌跡を、毎日じわじわと喜び、体験し想像することで、どんどん幸せを引き寄せていくという仕組み。

まだちょっとうさんくさい・・・と思っている人も、興味が湧いてきた人も、実際に試してみる価値ありです。

 

就活はいらない?これからの就職と転職、働き方や暮らし方

2018.10.25

働き方改革?溢れるムダな仕事と費用対効果の考え

2018.09.06

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18