豊かに生きるために。本当に必要なこと

豊かに生きるために必要なこと

ありんこです。(プロフィールこちら

基本的には、心豊かに生きていくために必要なものは3つ。

  • 時間の余裕
  • お金の余裕
  • 健康な体

余裕ができるくらいの時間とお金が必要。そしてやっぱり、何をするにしても体が資本。

豊かに生きていくことと、幸せに生きることとは、また別の話になりますが。

そして人によって、生活スタイルとか、考え方によってはこの3つとも限らないんですが。

例外はありますが、この3つさえ揃っていれば、心豊かに生きやすくなるし、何をするにしても可能が広がります。

 

でも、この3つが揃っていないことを理由に、豊かな暮らしができないと自分自身で決めつけてしまう人が多いのも事実。

好きなことをする時間がない。

充分なお金がない。

もう歳だから・・・体力がないから・・・。

そんな言い訳をしているから、豊かに生きれない。そんな言い訳をするのをやめるだけで、可能性が広がるのです。

 

行動するかしないか

高松につくったシェアハウス(ALINCO house)、県外から来た人にも、地元の人にも、住んでもらうことができています。

 

高松は、ほどよく都会、山も海も川もあり、ほどよく田舎。

街がコンパクトにまとまっているし平地が多いので、自転車でうろうろ、生活しやすい所です。

 

なんとなく田舎移住のすすめ。香川移住とその後

2018.08.04

こちらの記事にも、まとめてあります。

 

わたしありんこ、高松にふらっと移住してきて3年ちょい。

つい先日、わたしと同じように神奈川からふらっと、ひとりで高松へ移住してきたひとりの女性と知り合いました。

やりたいことがあって移住してきた彼女。

やりたいことだけじゃ生きていけないので、がっつりと仕事もしながら生活しています。

年齢はひとまわり以上上ですが、生きる、というより”活きる”エネルギーがはんぱじゃない。

 

時間の余裕、お金の余裕、健康な体。

豊かに生きるためにはこの3つが揃っているのがいちばん良いけど、揃っていなくたって、カバーできるだけの心の余裕行動力さえあれば、何だってできる。

久しぶりに、主体的に”活きている”女性に会いました。

 

どんなにお金がなくたって、今どき飢え死にする方が難しい。

どんなに時間がなくたって、自分で時間を作ったらいい。

どんなに体力がなくたって、健康面で不安なことがあったって、結局は行動するかしないか。

 

何かをするか、しないか迷ったときに、「〜をしたい。でも・・・」みたいに、言い訳をすることはやめようと、改めて思ったのでした。

言い訳をするだけで、自分で自分の可能性を狭めてしまうから。

逆に、自分の可能性を広げることができるのは、自分しかいないから。

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!