日本の社畜製造教育について




ありんこです。(プロフィールこちら

現代社会、時代が流れ、働き方や生き方がかなり多様化してしてきましたが・・・

そんな中、悪い言い方をすれば古くさい考え方をする人、まだまだたくさんいるのが現実です。

今回の記事はちょっと長めですが、わたしがキライな日本の教育スタイルについて。同じような考えをもっている人たちがいれば嬉しいです。

 

受験戦争に打ち勝ってきた人の罠

勉強ができる人が偉い?

勉強を頑張って、良い高校に入って、良い友達をつくって、良い大学に入って、良い会社に勤めて・・・

子どもたちの価値観にいちばん影響を及ぼすような、学校の先生のなかに、こういう固い考え方の大人が溢れています。

勉強を頑張った方が、将来の選択肢が広がるから・・・学校の勉強ができる人の方がまともな人が多いから・・・

とか、きっと、子どもを思いやってのことであり、悪気はないんだと思いますが。

でも結局、無難な大人が育てた子どもは無難に生きていくしかない

 

わたしありんこの学生時代も、そんな大人に振り回されまくり。

高校受験や大学受験で、できるだけ偏差値の高い学校に進学する。ということだけを目標にしながら、日々生きるように、いつしかなっていました。

「学校の勉強ができる人が偉いんだよ」と教えられてきたから、ちょっと勉強ができただけで、テストの点数が良かっただけで天狗になり、逆に勉強ができない友達を、見下すようになっていきました。

 

エリートがぶつかる壁

でもそうやって、順調にエリートの道を進んできた人ほど、大学に入って専門的な講義を受けているうちに、就職活動をしていくうちに、自分の生き方に満足できなくなってくることが多いのです。

実際、本当に自分のやりたいことを学んでいる大学生なんて、半分もいないのが現状。

 

自分はなんでこんな所にいるんだろう。自分のしたいことって何だろう。

深く考えれば考えるほど、分からなくなってきたり・・・

そうやって虚無感に苛まれた大学生たち。

もう仕方がないと今まで通り周りに流されそのまま社会人として生きるか、虚無感を忘れようと学問から逃げて遊びまくるか、人生を考え直して行動を起こすか。の3択。

 

自分のもっているものは、今まで培ってきた教養と学歴、勉強に対する忍耐力くらい。

でもそれって、何かの組織や土台があって初めて発揮される力であって、本当の意味でひとりで生きていくためには何の役にも立たないもんばかり。

まあ、今の日本社会に適応していくためには、できるだけ多くの教養を持っていた方が優遇はされるし、結局はまだまだ世の中学歴社会だし。

就職をする、という点では役に立つのでしょう。

 

でも学校の勉強がいくらできたって、世の中の仕組みや社会に出てから必要になる力、ひとりで生きていく力があるかどうかとは、まったく相関性がありません。

・・・という理由で最近になって、学校などの教育現場でキャリア教育を重視している地域が多いです。

 

勘違いしている日本のキャリア教育

職場見学をしたり職場体験をしたり。そんな機会が増えています。

さらに、社会に出てから必要になってくるコミュニケーション能力や礼儀など。学校以外の社会に出たことのない教員たちが指導します・・・。

なにはともあれ、将来を見据えた上で指導をするということは、目の前の”受験”というイベントで合格することだけを目標にした、教科の勉強をひたすらするっていうよりははるかに、子どもの人生にはプラスになるんだろなと。

 

でも、このキャリア教育。

ただの”職業人を育成するためだけの教育”という間違った方向に、大きく傾いてしまっているということを現場の人たちは気づいていません・・・。

つまり今までの、”受験に向けた勉強”だったものが、”就活に向けた勉強”になっただけ

見据える先が、ちょっと先の未来になっただけ。

 

  • どんな職業を知っていますか?たくさん挙げてみましょう。
  • ボランティアをしたことはありますか?
  • ボランティアは必要なことですか?
  • 働くことは、良いことだと思いますか?

こんな感じの質問を、子どもたちに投げかけます。

 

これを見て、違和感を感じた人はきっと、わたしと同じ考え方です。

まずこれ、質問というより誘導尋問!

だいたい、ボランティアと仕事をごちゃ混ぜにしている時点で恐怖を感じます・・・。

(こうして無理やり養われたボランティア精神を、仕事にも向けてしまう人たちばかりだから、日本企業のブラック化は止められないんでしょう。)

 

働くことは、人の役に立つ良いことです。

人の役に立つことは、とても嬉しいことですね?

将来はどんな仕事をしたいですか?

こんな風に誘導していくことによって、毎日学校という閉鎖空間で生活している人生経験未熟な、自分のやりたいことの選択肢も多く与えられていない状態の子どもたちに、無理やり将来の自分を描かせるのです。

だいたい、選択肢もないのに選べるわけがありません。

 

そもそも、なぜ働くのか?

純粋に人の役に立ちたくて、毎日満員電車に揺られながら、家庭をかえりみることも許されずに何時間も残業している人たちが、いったい今の日本にどれくらいいるんだろか。

働く理由。

まずは生きるため、お金を稼ぐため。

それを教えないで、ボランティア精神がどうだとか言っていたって、子どもたちには何も響くものなんかないでしょうが・・・。

お金をもらって仕事をするんだから、できることなら自分のやりたいことが実現できる職業に就きたいね。とか、やりたくないこともたくさんあるけど、お金をもらって働くんだからしょうがないよね。とか。

こういう現実をきちんと教えないから、ちょっと気に入らないことがあったからといって、この職場は自分には合わないと、すぐに辞めてしまう人も増えるんじゃないかな。

 

学校に行く意味

学校は行った方が良いと思います。

社会で生き抜くために必要とされる教養を身につける段階までは。つまりだいたい中学2年生まで

それ以降は、特に学びたいことがないのなら行く必要がない。と、思うのです。

 

そもそも高校は義務教育じゃないので行かなくて良いんですが・・・今ではほぼエスカレーター式に高校進学する人たちがほとんど。

まあこれも、学歴社会だから・・・

結局は学歴社会。知識基盤型社会です。

ただ、高校なんかで一生使わない微分だとか積分だとか、マニアックな歴史上の人物について勉強する暇があるのなら、別のことにもっと時間を使うべき。

アルバイトでいろんな職種を経験する。

社会の厳しさを身をもって体感する。

日本国内全体や海外にも視野を広げ、自分が今まで見ていた世界の小ささに気付く

こういう経験こそが、学校教育なんかよりもはるかに、本当の意味での人生の糧になるんじゃないかと、思うのです。

 

高校教育無償化なんかしている場合じゃない。

そういうことをするから、行く必要もない高校に、進学するのが当たり前みたいな風潮が生まれてしまいました。

そうやっていつまでもレールに乗っかって生きていった人たちが、知らず知らずのうちに意に反してどこかの会社の歯車になる。

日本の教育は、社畜製造教育。

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!