0からの不動産投資!シェアハウスなど事業を始める前に知っておきたいこと




不動産投資とシェアハウス・ゲストハウスブーム

高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)のオーナー兼住人、ありんこです。(プロフィールこちら

外国人観光客ブームにともなったゲストハウス(本来は、旅人の素泊まり宿)と名乗る宿泊施設の飽和、けっこうすさまじいようです。

とくに都市部では、ゲストハウスと名乗っていながらビジネスホテルよりも値段が高くサービスが良く個室しかなくプライバシーが守られすぎているような宿がたくさんあったり、ホテルなのになぜかドミトリーの部屋をあえて作って旅人宿に寄せてみたりというところがたくさん。

オーナーや初対面のゲストたちが交流するのがゲストハウスの醍醐味なのに、お金にものを言わせて清潔さやプライバシーばかりに目を行き届かせた、ゲストハウスと名乗りつつただのホテルと何も変わらないような宿が増えていて、面白みが減ってきています。客層も昔と比べてだいぶ変わり、旅人っぽい人が減ったんだそう。そしてグループ旅行や団体の人たちばかりになり、交流も減ってしまったという話も数人のオーナーさんたちから聞きました。

そして、シェアハウスは宿じゃなく家ですが・・・こちらもこれから全国的に増えていくと思いますが、ゲストハウスと名乗るホテルみたいな宿同様、面白みのないシェアハウスも増えていくんだろなと。

 

シェアハウスに住んでみたい

まずはシェアハウスに住んでみたいと思っている人たちへの、おすすめ記事です。

【参考記事】

【保存版】シェアハウスのトラブル、メリットデメリットまとめ

シェアハウスと性格。人見知りする人はシェアハウスに入居しても大丈夫?

東京と、首都圏のシェアハウス、ソーシャルレジデンスという暮らし方。上京後の低コスト生活と出会いの場!

参考記事いろいろ、シェアハウスに興味がある、住みたいなーと考えている人たちに向けて、役立つようなことを紹介しています。詳しくはこちらのカテゴリーから、飛んでみてください。

 

シェアハウスを自分で経営、運営したい

今回の記事では、シェアハウスに住みたいというよりシェアハウスを運営したい、つくりたいと考えている人に役立ちそうな話を紹介します。シェアハウスに限らず、これからなにか事業を始めたいと思っている人は共通して知っておきたい知識だったりもします。

シェアハウス運営、シェア暮らしに興味のある人へ』←まずはこちらの記事からどうぞ。

こちらの記事で紹介したように、シェアハウス運営ってコスパが良いように見えてじつはふつうの賃貸の方がラクだったという場合もよくあるのです。シェアハウスのオーナーさんたち、細かいトラブルで悩んでいたり、ルールで長い間悩んでいたり、むしろトラブルなんてあって当たり前だと割り切れていたり。

シェアハウスは、不動産投資をするという意味で考えると表面利回りは高めになります。ただし、こちらの記事にありますがその代償もたくさんあるということ。

旅をしたことがないオーナーがやっているゲストハウスはまったく面白くないのと同様、面白い経験や人間力のないオーナーがビジネス関連の動機で始めたシェアハウスもまったく面白くないのです。(じゃあ自分はどうなんだと言われれば、まだまだ磨いている最中ですが・・・少なくとも同年代の大部分の人たちよりかは良くも悪くもいろいろ経験していろいろ考えてきたつもりです)

そして客層が変わりつつあるゲストハウス同様、入居する人たちにも面白みがなくなってしまうのはつまらない。ただ安いからだけじゃなく、シェアハウスに住んでみたいと思ってくれる人たちに来てほしいわけです。

だからシェアハウス経営や運営は、不動産投資をして収入を得たい、というだけの人には向かないので・・・そうじゃない何かしらの理由がある人たちに、シェアハウスっていうものをつくって経営、運営してほしいと思っています。

 

不動産投資とシェアハウス経営・運営の知識

不動産購入・相続

話は変わりますが、今度はシェアハウスを作りたいとか民泊やゲストハウスをしたいとか、従来のアパート・マンション経営とは違った何かをしたいと思っている人たち。そういう人たちに限って、物件がなかなか手に入らなかったり。

不動産投資、お金儲けだけに焦点を当てれば、大きなマンションやアパートを先祖から相続しちゃった人はもうそれで人生安泰ですから。本当に目的があって物件を手に入れたいという人は数千万とかかけて購入しなきゃならない・・・世の中不公平なもんです。

まず物件を購入または賃貸するとき、投資物件としての価値や表面利回りなどは気にする必要があります。シェアハウス運営に限らず、なんかしらの商売を始めようとするときに共通することですが。でも金融投資とは違い、不動産投資って結局はコネとか家柄とかに大きく左右されてしまうことが多い。実際に不動産屋さんがおもてに出している物件って、不動産屋さん自体が利用したいと思えなかった物件ばかりですし。

 

不動産投資と事業を始める前のセミナー、相談

じゃあ、金もコネもない、家柄も良くはない、事業をしたいという熱意だけがある・・・という人はどうしたら良いのか。とりあえず不動産屋さんの言いなりに物件を買って多額の35年ローンと向き合って必死に生きていく他ないのか・・・。

自分もそのひとりなんですが、そういう人たちたちは、むやみに不動産屋さんの言いなりになる前に勉強する場として、実際に不動産投資のセミナーに行ってみるのがおすすめです。ある程度簡単な知識を身につけたら、今度は個別に不動産投資に関する問い合わせ、面談をしてみること。わたしも物件を購入したときは、個別に不動産投資、シェアハウス運営のことを話しに不動産屋さんを訪れました。

こういう、学校で習わないけど知って入れば強い分野、自分で勉強して自分で行動を起こしたもん勝ち。

 

不動産投資の前に!知っておきたい知識と本

あとは、分かりやすく書かれてあるおすすめの本を紹介しておきます。

不動産投資全般のことが学べる著書。簡単なシステムから、実際の流れや投資方法まで書かれています。

 

こちらは、具体的な注意点など実際経験した人たちからの生の声が入っている本。表向きだけじゃなく、実際のところどうなの、みたいな話もいろいろ出てきて参考になります!

まずはセミナーや本を通してできる限りの勉強、そして実際に個別に相談してみるという流れです。ちょっとした不動産の知識もないと、個別に相談したときにナメられる可能性が大きいので。ですが、個別に相談してみない限りは結局情報をつかむこともできません。やりたい事業についてのビジョンが明確になっていなくても、やり始めたら見えてくるもんです。まずは何事も、何かしらの行動をおこすところから!

 

東京都、首都圏のシェアハウス、ソーシャルレジデンスという暮らし方。上京後の低コスト生活と出会いの場!

2018.11.18

新しい時代の暮らし方「シェアハウス」。若者から老人まで?価値を決めるのはお金じゃない

2018.10.22

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!