【生き方上手のズボラ投資】NISAとは?投資初心者でもわかるお得な節税制度




ありんこです。(プロフィールこちら

一部のめちゃくちゃ裕福な人たち以外は誰もが、稼いだお金は賢く使いなさいと、小さい頃から言われて育ってきたと思います。浪費はせず、一生懸命貯金しなさいと。だからか知らないですが、日本人は(とくにわたしが移住してきた香川県民はびっくりするぐらい顕著)かなり頑張って貯金をします。銀行口座に・・・。

そして高齢者になればなるほどお金持ちに、そして結局死ぬまで銀行に貯金していたお金をほとんど使わなかった、みたいなことも多い。貯金すること自体に幸せを感じる人は別としてですが、お金をチマチマ長年に渡って貯めていったのに結局使わないまま死ぬって、なんだかむなしい人生ですね。

わたしはけっこう小さい頃からずっと、お金で苦労して生きてきました。実家もまったく裕福じゃなくむしろ借金などいろいろのしかかっていますし。ということで、親から学んだわけでもなくお金持ちだったわけでもないですが・・・さらに知識があるわけでもなく、こまめな情報収集は苦手、頭もキレる方ではないんですが、金融投資を知識ゼロから始めてみました

若者はズボラでも今すぐ資産運用をすべき!その理由と初心者向けの投資』←こちらの記事も見てみてください!

ちなみに初心者にも始めやすい、リスクが低くリターン(長期的に見てですが)が大きい金融投資の代表例が、「WealthNavi(ウェルスナビ)」。

 

【参考記事】

【WealthNavi(ウェルスナビ)】初心者におすすめの低リスク高リターン投資!?ロボットアドバイザーとは

【WealthNavi】ウェルスナビforSBI証券と本家のウェルスナビどっちがお得?違いとおすすめの申し込み方法

そんなに投資する元のお金がない・・・という人でもOKってことも大きい。30万円貯めれば始められる投資ですし、始め方もカンタン、うさんくささも全くありません(笑)

 

NISAってなに!?投資初心者でもわかるお得な節税制度

そして、投資を始めるにあたって知っておいた方が良い知識がまずこのNISA(ニーサ)という制度。NISAって、聞いたことがある人も多いと思いますが、よくわからないですよね。

ざっくり言うと、投資によって生じた利益のうち一定額までは税金払わなくてOK!という制度。

  1. (これまでは)投資によって生じた利益から、その金額に応じた税金を払わなきゃだめだった
  2. でも、それだとみんな貯金ばっかりして世の中のお金の動きが悪くなっている・・・
  3. それじゃあ、税金払わなくて良いから日本の会社にお金を投資して経済を活性化してくれー!
  4. 投資によって生じた利益のうち、一定額までは税金払わなくていいことにする!→「NISA」と名付けた

っていうイメージです。

 

「NISA」と2018年1月から始まった「積み立てNISA」

このNISAっていう制度、申請すれば誰でも使える制度です。さらに「NISA」に加えてもうひとつ、ちょっと相違点のある「積立 NISA」という制度もあるので、ちょっと詳しく見ていきます。

 

NISA の違い 積みたてNISA NISA
対象 日本在住成人
必要書類 マイナンバー
金融機関の変更 可能
取引する人 口座名義人
非課税な投資額 40万円/年 120万円/年
非課税な期間 最長20年 最長5年
口座開設の期間 2037年まで 2023年まで
対象商品 一定条件を備えた
投資信託など
上場株式
ETF
投資信託など
ロールオーバー
(保有商品の移行)
なし

ふつうのNISAと、積み立てNISAの違いはこんな感じ。

 

NISAのお得な特徴

  • 年間120万円の投資額分までは、最長5年間利益に対する税金がかからない
  • 買い付け対象の商品は、上場企業の株式、ETF、投資信託など幅広い
  • 投資が区分が大きいので、積極的に個別株やETFを買い付けて利益を出すアクティブ派におすすめ

 

積み立てNISAのお得な特徴

  • 年間40万円の投資額分までは、最長20年間利益に対する税金がかからない
  • 買い付け対象の商品は、一定の要件を備えた投資信託など限られている
  • コツコツ毎月3万円程度積み立てて、長期で利益を少しずつ出す慎重派におすすめ

 

2つのNISA(NISAと積み立てNISA)同時運用はできない!

自分の投資スタイルに合ったNISAを選択しよう

残念ながら、税の控除が受けられるNISAはふつうの「NISA」か「積み立てNISA」、どちらか一方しか利用できないのです。アクティブに投資をして利益を短期で稼ぐタイプか、長期間コツコツと積み立てをして利益を少しずつ出すタイプかによってNISAの選び方が変わります!

これを踏まえてコツコツ投資。ただまあ、大きな利益が出ない限りは税控除もなにもないので・・・NISAに申し込むよりも先に、資産運用。できるだけ早めに少額からでも始めて、長期で利益を出すのが賢いやり方なんじゃないかと、思っています。初心者向け、貯金がたくさんはない人向けの投資でおすすめなのが「WealthNavi(ウェルスナビ)」。

 

<参考記事>

「NISA」と「積み立てNISA」どっちがお得?違いとタイプ別おすすめ

若者はズボラでも今すぐ資産運用をすべき!その理由と初心者向けの投資

 

【生き方上手のズボラ投資】若者が今すぐ資産運用すべき理由と初心者向けの投資

2018.12.12

学校では教えてくれない生き方上手の知識!節約と100万円貯金する方法とコツ

2018.11.29

【生き方と仕事】10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18