仕事をやめた後の収入と支出・生活費全公開

ありんこです。(プロフィールこちら

集団行動が苦手。

ひとりが好き。でも人といるのが好き。

自分が理解できない要求をどうしても飲み込むことができない。

人から指図されるのが嫌い。

・・・完全なる社会不適合者です。

 

わたしありんこ、とりあえず日本に生きるひとりの大人として、社会人経験はしておこうと・・・3年間だけ社会人として勤めて、そして正規で雇われて働くということをやめました。人生の安定感が、完全になくなりました。

ちょっとの貯金はあるものの、会社をやめた現在どうやって生活しているのかを、公開してみます。

 

半ニートの生活費

結論から言うと、会社をやめてから生活できているのは、ふつうの人よりも極端に生活費が少ないのが理由。

 

毎月の収入

  • 写真撮影とレタッチ、講座

フォトグラファーとして活動しています。特別頑張って営業をしているわけでもないですが、不安定にお金が入ってきたり来なかったりします。

  • 家賃、共益費

高松市内で運営しているシェアハウス(ありんこハウス)からの収入。銀行からお金を借りてローンを組んでいるので、毎月の返済金額と比較するとプラマイゼロくらいですが・・・

  • ブログ

アフィリエイトのちょっとした不安定収入。

  • バイトいろいろ

ときどき、他の仕事もしたり。こちらも不安定収入。

おもな収入源は、このような感じです。他にも、金融投資をしたりもしています。

なので、正規で雇われて働いていたときと比べると、毎月の収入は激減。

 

毎月の支出

続いて、どれだけお金が出ていっているのか。

  • 水道光熱費

多い月はもっとしますが、たいていは多めに見積もって1万円程度。

  • 通信費

SIMフリーのiPhoneを使っているので、毎月の支払いは2000円程度。

シェアハウスに引いているインターネット6000円程度。

  • 交通費

ガソリン代や遠出するときはけっこうかかりますが、月平均1万円程度。

  • 食費

活動量が少ないので1日3食しっかり食べていないこともあり、月1万円程度で済んでいます。

  • 日用品、医療費

月によってばらつきがあるものの、1万円程度。

合計4万8000円。

あくまで毎月の出費だけで、保険料や車検などの大きな出費は加味していません。・・・なので、大きな出費があると貯金を大幅に切り崩すことになるので痛いのが事実なんですが。

 

正直ふつうの女子と比べると、美容にかけているお金は本当に少ない。

今日はおしゃれで高級なランチ!なんてこともあんまりなく・・・そんな欲がないというか・・・女としてどうなのかっていう部分はありますが。女子力は低いです・・・女子力ってなんなのか、よく分からないですが。

だからこその、この省エネ生活ができているんじゃないかと思っています。

稼げば稼ぐほど、知らずしらずのうちに生活水準は上がっていってしまうもんです。逆に、生活水準を極限まで下げることだって意外とできるもんなのです。

人間なんてそこらじゅうにいる他の生き物と同じなんだから、そもそも自然のなかで生きていけるはず・・・。

シンプルライフを始めたい人へ!絶対に知っておくべき断捨離と節約の知識

2018.08.31

こちらの記事で、省エネ生活するために知っておきたい知識をまとめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!