年収150万円以上でふるさと納税をしない人は損しているよ

ありんこです。(プロフィールこちら

毎年のご褒美ふるさと納税。勤め人ではなくなった今、ふるさと納税を利用しても、勤めていたときほど良いものがもらえないことだけが心残り。

ちょっと言い方は悪いですが、ふるさと納税、年収が高い人ほど得をする、年収が低いほどどうでも良いシステムです。

そしてこのふるさと納税のシステムを、利用している人が意外と少ないことにびっくり。日本人って、ケチな人が多いわりにお金のことを勉強している人が少ない。

  • ふるさと納税の使い方について、簡潔に説明しているサイトや本が少ない
  • 自分から調べて申請する以外に、誰も何も言ってくれない
  • 申請方法や確定申告(またはワンストップ特例制度)を面倒くさく感じてしまう

という原因があるんでしょうが、とにかく会社員だったりその他なんでも、働いている人ならたいていの人にとって、利用する価値のあるお得なシステムなのです。

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、自分が好きな自治体に対して、実質2000円だけの自己負担でそれ以上の金額の寄附ができる制度。

年収によって寄附できる限度額が決まっています。何か所の自治体に寄附をしても、何円の寄付をしても、その寄付の合計が自分の限度額を超えなければOKです。何か所の自治体に寄附をしても、何円の寄付をしても、合計2000円の負担というのは変わりません。

2000円を差し引いた残りの寄附金は、自分がどちらにしろ払う予定だった、所得税と住民税の中から支払われることになります。

寄付した自治体や寄附の金額によって、お礼の品を受け取ることができます。

結局は2000円だけ支払って、自分の寄附限度額分に対応した品物がゲットできるというお得なシステム。と、考えるのが分かりやすいです。

 

寄附の限度額

自分の年収と家族構成によって、寄附の限度額の目安を知ることができます。

引用:ウェブでふるさと納税(受付中)

 

お礼の品

ここの自治体に寄附をしたい!っていうより、このお礼の品がほしいからここに寄附する、という人の方が圧倒的に多いです・・・当たり前かもしれないですが。

公式サイトではジャンルごとに検索ができます。→ふるさと納税

人気なのはお肉や野菜、果物。やっぱり美味しそうなお肉に目がいってしまいますが、食べ物以外にどんなものでも、お礼の品として設定されていたりします。意外なものは、観賞用の植物とか、天体望遠鏡とか、ゴミ箱とか、楽器なんかもいろいろ・・・

ちょっと珍しいものが見れる検索サイトも登場しました。たとえば、ブランド物のファッションや日用品に特化したお礼の品ならこちら→実質2000円でブランドバックがもらえるふるさと納税エフスタイル

年収が高くても低くても、実質負担は2000円。金持ちが得する社会です・・・その分、年収の高い人は税金を納めているということなんですが。

 

確定申告とワンストップ特例制度申請

とりあえずクレジットカードなどで立て替え払いをして、お礼の品の購入(=その自治体に寄附)した形にします。そうすると、次年度の所得税や住民税から控除されるようになっています。

そしてふるさと納税をしたら、確定申告のときにその旨を申告する必要があります。ただ、副業をしていない会社員など、その年に自分で確定申告をする予定のない人は、「ワンストップ特例制度」というのが利用できます。確定申告よりめんどくさくない申告方法です。

ただし、「ワンストップ特例制度」が利用できるのは、寄附先の自治体が1か所〜5か所までの人のみ。6か所以上の自治体に寄附をした人は、利用できません。

 

ワンストップ特例制度

寄附をする(お礼の品を購入する)ときに、その都度「ワンストップ特例制度を利用する場合は、チェックをつけてください」というような欄が出てきます。そこにチェックをつけてから購入をすれば、数日後にワンストップ特例制度のための用紙が家に送られてくるので、それに必要事項を記入してポストに投函すれば、申請完了!

この作業を、自治体ごとに(お礼の品を購入するごとに)行います。用紙に必要事項を記入してポストに投函するだけで、確定申告の必要がなくなるのです。

もし「ワンストップ特例制度を利用する場合は、チェックをつけてください」という欄が存在しなかった場合とか、欄にチェックをつけ忘れてしまったときは、自分で申請用紙をダウンロードする必要があります。申請用紙はこちらからダウンロードできます。

確定申告をする予定がなく、ふるさと納税で寄附をする自治体が5か所までの人は「ワンストップ特例制度」が利用できる!

 

ありんこ
  • 自分の年収をもとに、寄附の限度額を知る
  • 好きなお礼の品や自治体を選んで寄附(お礼の品を購入)←ワンストップ利用するなら欄にチェック
  • ワンストップ申請用紙に記入して投函or確定申告

 

っていうのが簡単な流れです。利用できる人は、利用した方が絶対良いシステム。わたしアリンコも、寄附していろいろもらいました。トトロの座布団とか、トトロのクッションとか・・・

ふるさと納税、年末までが期限ですが、ワンストップ特例制度を利用するなら10月か11月くらいまでには寄附や申請を終えておかないと、今年度に反映されなくなってしまうので注意。こちらからお礼の品いろいろ→ふるさと納税(最新ランキング)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!