生き方上手のおすすめアイテム!若手社会人が時間を作るための自己投資グッズ




若手社会人が知っておくべきお金の使い道の罠

学生時代と社会人の収入

ありんこです。(プロフィールこちら

必死にアルバイトしてもたいしてお金は入って来なく、学生だったころは自分で生活費をまかなうのもかなり大変なことでした。社会人になると、そりゃまあ働いている時間や内容、責任はともなってきますが・・・学生のころと比べるとびっくりするくらいの収入を得られるわけです。

収入には業種などによってかなりの差がありますが、それでもやっぱり1ヶ月に10数万だったり20万だったり人によってはそれ以上のお金が入ってくる、しかも毎月変わりなく働いていさえすれば安定的に滞ることなく、ボーナスだってもらえる人も。

わたしはもともと実家が金持ちじゃなかったので、小さい頃から親の節約する姿を見てきたり、けっこういろいろ我慢して生活してきたりしました。だからなのか社会人になりたての頃、わたしは20万円弱のお金がまとまって入ってきて、家賃や光熱費通信費、食費に使ったり奨学金ローンを支払ったりしてもゼロにはならないという自分の金持ちさにびっくり。そして調子に乗り、ちょっと余ったお金で高級なものを購入してみたり頻繁に国内海外へ出かけたり。

でもそのお金の使い方、本当にそれでよかったのか・・・

と同時に知っておきたいのが・・・社会人(というより会社員)ってその収入につけこまれてか、知らずしらずのうちに飲み会とかゴルフとかいろいろ交際費にまわされるというような仕組みにはまっていくのです。

お金の使い道って、世の中の流れに身をまかせていると、とんでもない罠にはまっていきます。だから、自分でしっかりと考えるべき!この記事では、若いうちにどういうところにお金をかけるべきか、貯金をするよりも価値の大きいアイディアを紹介します。

 

給料をまわすべき道=飲み会じゃなく自己投資

ある程度のお金があり、ぶちまけたい愚痴やストレスもある社会人。だからこそ、飲み会をやたらとしたがるんでしょう。

行きたくない飲み会に行ってはいけない理由と断り方6選←こちらの記事も参考になるかと思いますが、自分が参加したいと心から思える飲み会以外の、単なる付き合いで参加しなきゃならない飲み会・・・これほどムダな出費はありません。(たとえ上司が飲み代を支払ってくれるとしても、時間のムダ)

ゴルフや、上司に誘われて行く休日のイベントも同様。自分が本当に行きたいのかどうか、そのイベントに参加したことで時間や労力、お金のムダにはならないのかどうかを見極めてから参加を決めるべきです。新社会人だけじゃないですが、誘われると流されてしまうのが人間というもんです。

社会人(とくに新社会人、会社員)にあるものは、ある程度のお金とストレス。そしてないものは、時間

時間がないくせにさらに時間をムダづかいしていたら、もう完全に社畜コース。日本人の大部分の大人たちがそうなっているように、自分に与えられた人生の時間がすべて会社のものになってしまいます。そして若いうちに自分で自分なりの時間の使い方を習得しておかなければ、もう一生そこから抜け出すことはもうできない。

若いうちに、自分の時間を捻出しておくべき。そしてその捻出された時間を自己投資(本を読んで学んだり資格をとったり、独学で英語を習得したり、旅をするのも自己投資のうちだと思います)にまわすことが必要です。誰も教えてくれないし、むしろ世間は一生懸命足を引っ張ってきますが、若いうちにそうしたかしなかったかで、その先の自分の人生が決定されるのです。

 

自己投資にかける時間をつくる!そのために購入するべきアイテム

忙しい若手の社会人が、時間をつくるために早いうちに手に入れておくべきアイテム。これが直接自己投資につながります。

 

全自動乾燥洗濯機

社会人になってもママが洗濯や家事などほとんどしてくれる、なんていう甘ったれにはまったく関係ないですが・・・ひとりの大人として、ひとりの社会人として、せめて自分の生活管理は自分でするべきだと思っています。

でも家事って、ちゃんとやろうとすると意外と時間や労力がかかる。なかでも洗濯は避けられないし省略もできない部分です。そこでおすすめなのが、洗濯から乾燥までやってくれる洗濯機

値段は15万円〜20万円とそこそこ高額ですが、夜お風呂に入るときにポイっと洗濯ものを入れてポチッとスタートさせておけば、朝起きる頃にはカラッと乾燥しています。週に3回、10年間使うとすれば15万÷(3回×52週×10年) ≒100円!水道代と電気代を入れても今はECO家電になっているので200円ほどです。高い!と思うかどうか。洗濯物を干す時間が1回15分だとすると、15分×3回×52週/60分≒39時間が浮く計算になります。

いざ洋服がない!というときもすぐ乾いて安心ですし、洗濯が終わるまで夜寝れない!なんてこともなく。浮いたその時間を資格の勉強や自分磨きに使えると思えば安いもんです。投資効果が持続するものは、なるべく早く買ったほうがお得です。あとから買っても値段は変わらないし、人生のなかでの家電買い替え回数もおそらく変わらないし、もっと早く買っておけばよかったって思ってしまうので。

とくにおすすめなのは、手頃な価格のパナソニック NA-VX3800L-W。夜にまわしても静かで気にならず、ひとり暮らしのマンションやアパートにもぴったりのサイズです。

 

ルンバ

次に買うべきものはルンバです。部屋の広さ的に言うと、10畳以上の部屋に住む人は買うべき。なにせ掃除を勝手にキレイにやってくれます。

朝ポチッと電源を入れておけば、「ルルールルー」という陽気な音とともに地べたを駆けずり回って掃除をしてくれます。以前、話題になっていたときには8万円もしていたルンバですが、じつは最近手に入れやすい価格になっていて、半額以下!4万円を切って買うことができるのです。これって、場合によっては掃除機より安い・・・。毛の短いじゅうたん(3cmくらい)や、ちょっとした段差(2cmくらい)まではキレイに掃除してくれます。

週に2回15分ずつ掃除をしたとすると、15分×2回×52週/60分=26時間が浮く計算になります。1回あたりの掃除代金は5年使うとすると38000円/(2回×52週×5年)≒75円。電気代を含めても1回100円くらいです。

本当に隅々までやってくれるの?っていう疑問がわく人もいるかもしれませんが、人間がヘタに掃除するよりキレイにしてくれます・・・。はやりの人工知能で、部屋の隅々までかんぺきに掃除してくれるのです。他にもRULOやCOCOLOBOと言った商品もありますが、口コミや検証動画を追求したところキレイに掃除してくれるという点ではルンバが一番のようです。検索するとたくさん出てくるので探してみてください。

おすすめは値段の下がったルンバ 622です。掃除区画を赤外線の装置で区切れますし、ボタン一つで掃除してくれるので、お年寄りや子どもがいるお母さんにもぴったり。掃除機をかけるときに腰が痛くなるのも防げます。

 

電動歯ブラシ

最後に、わたしもシェアハウス(ALINCO house)暮らしになってからもずっと継続して使い続けている電動歯ブラシ。

社会人になると歯医者もろくに行く時間が取れなかったりします。虫歯だけならまだしも、歯石や歯垢は口臭のもとに。人間の歯磨きなんて適当なもので、残念ながら本当はキレイになっていないのです。

歯医者に行かなくなる!虫歯と歯周病、口臭を撃退するおすすめ道具←こちらの記事でその効果や詳細を説明しているので、興味がある人は読んでみてください。

わたしがおすすめの電動歯ブラシは、フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

これは無数にあるそこらの電動歯ブラシと違って、超音波でプラークを砕いてくれるという、歯医者さんたちもすすめている電動歯ブラシ。ダイヤモンドヘッドの歯ブラシは歯にフィットして歯垢をかき出す形状をしているので、みがいた後は歯がツルツルになります。

虫歯になって歯医者に行くことを考えるとかなり格安だと思います。ちなみに歯磨き粉は、フッ素がたくさん入っていて研磨剤や発泡剤の入っていないコンクール ジェルコートF、口臭予防の液体洗浄は同じメーカーのコンクール マウスウォッシュF、効果が高く刺激が少ないのでおすすめです。

以上、自分の人生のために、自己投資の時間をつくるために、若手社会人におすすめのアイテムたちでした!

 

【ミニマルな生き方】東京都、首都圏のシェアハウス、ソーシャルレジデンス

2018.11.18

【生き方と仕事】優良企業に出会える!ブラック企業を排除した転職サイト

2018.11.15

【生き方と仕事】10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18