集中力がない人が取るべきたった1つの行動




現代人の集中力のなさ

ありんこです。(プロフィールこちら

 

現代人は集中力に欠ける、というのをよく聞きます。

何をしていても続かない・・・

1つのことだけに集中して取り組むのが難しい・・・

たしかにわたし自身も、心当たりがけっこうありました。

 

  • 電車やバスに乗っているときは、常に手持ち無沙汰で、スマホをいじっているか本を読んでいるか。暇になってしまったらすぐに寝落ち。
  • 集中してテレビを観ることが苦手で、とくにテレビドラマをじっくりと観ることができない。テレビを観るときは、必ず何か他の作業をしながら。
  • こうやってブログを書いていても、何か別のことが頭をよぎると、気になったサイトをいくつも同時に開いてそっちを見始める。

 

・・・などなど。

慌ただしい毎日を過ごしている現代人なら、誰もがそういう、いくつかの心当たりがあるのかもしれません。

でも集中力がないと、何をするにしても効率が悪い。

そして効率が悪いから、やるべきことが終わらないまま次の作業に取り組むけど、どちらの作業にも集中していないから結局さらに非効率。

いろんな作業を同時進行させるマルチタスク。その逆がシングルタスク

情報が溢れすぎている現代社会。いろんな思考や作業を、無意識的に同時進行させてしまっているのが現代人です。だから、集中力がない・・・

 

こんな負の連鎖から抜けることができた、日常のちょっとした工夫を紹介します。

 

常にシングルタスクになる

入ってくる情報量が多すぎて、もはや意図的に遮断しなければ、どんどん集中力がそがれていくのが現実。

選ぶ余地もなく次々といろんな刺激が入ってくる中で、自分のペースを乱してしまえば、今この瞬間にやっていることへの集中が途切れてしまいます。

そしてどんどん、自分が本当に集中して作業ができる時間というのが短くなっていき、何をするにしても非効率な人間になってしまう・・・。

 

そこで大事なのは、周りからの刺激に振り回されない時間を意図的につくること。

 

スマホからの通知を遮断

いちばん効果的なのが、スマホなどから来る通知を消すことです。

現代人が、何にいちばん振り回されているかというと、ダントツでスマホ!LINEやSNSなどからの通知です。

大事な情報だって、どうでも良い情報だって、ただの広告だって、全部同じ音。

何かに集中して取り組んでいるときに、「ピロリン」とか「ピヨピヨ」とか「ライ〜ン」とか。

 

電話とメールくらいしか連絡手段がなかった時代には、通知はオンにしておかないといろいろと不便でした。でも今はもはや、通知音が鳴ったときに重要な情報が届いている割合はめちゃくちゃ少ないはずです。

 

スマホをマナーモードにして、画面を下向きに、自分からちょっと離れたところに置いておくだけで、周りから好き勝手なタイミングで入ってきていた、余計な情報が一気に減ります。

たったこれだけのことなんですが、一気に自分のペースを守ることができるようになり、集中力アップに直接繋がるのです。

 

電話など必要な通知音だけONにする方法

余計な通知音に振り回されたくない。でも、電話に気づかないのはマズイ。

みたいな場合には、電話など自分にとって必要な通知音だけをONにする設定方法もあります。

手順としては

  • 設定画面から、サウンド→サウンドとバイブレーションのパターン→必要なもの以外「なし」にする。
  • 設定画面から、通知センター→個別のアプリごとに、必要なものだけサウンドをON

 

たくさんアプリが入っている場合はちょっと面倒ですが。

ただマナーモードにするだけでは、全てのサウンドとバイブレーションが消えてしまっていたものが、この手順で設定をするだけで、自分に必要な通知音やバイブレーションだけ鳴るようになります。

周りからのいらない情報を遮断するだけ。集中力の持続時間がどんどんのびていきます!

10年後に7割の会社がなくなる!今どきの就活と転職

2018.08.18




フォロー&ランキングお願いします。ポチッとしてね!