【生き方と結婚観】結婚式や披露宴の矛盾!出会いや結婚って本当に必要?




出会いや結婚、結婚式は人生に必要か

ありんこです。(プロフィールこちら

わたしありんこ、現在27歳。同年代の人たち(昔からの友達というよりSNSで自動的に繋がっている人たち)がどんどん結婚して家庭を持っていきます。子どもがいる人たちもたくさん。結婚、出産ラッシュというやつでしょうか・・・。そもそも、20代後半にもなったらそろそろ結婚だねとか、結婚したら次は子どもだねとかって、誰がその時期や順番を決めたんでしょうか!

っていうような、誰が決めたのかも分からない暗黙のルールみたいなものに縛られている部分って、けっこう人生のなかでたくさんあると思うのです。

今回は出会いとか結婚について。この記事を読めば、自分の人生を彩るためには何が本当に必要なのかとか、本当に求めている暮らしはどんなもんなんだろうかとか、見えてくるはずです!

 

結婚や結婚式の必要性

まずは、わたしありんこのプロフィールページに書いている個人的な結婚観について。同世代どころか全世代に、変わった考え方だとかおかしいんじゃないかとよく言われるもんなので、紹介しておきます。

ありんこの結婚観

結婚観って書きましたが正直、結婚ってどうでも良い制度だと思っています。結婚がゴールイン、みたいな、結婚は人生の一大イベントである、みたいな、人間が作ったただの制度なのにあんなに超盛大に祝う意味ががわかりません。2人の他人どうしが一緒に暮らすことになり家族として扱われるっていうのは分かるけど・・・それなら出産なんかの方がよっぽど盛大に祝うべきだと思います。新しい生命の誕生なんだから、結婚という書面上の関係なんかよりもよっぽどめでたいことだと思うんですが。そもそも結婚式って、めちゃくちゃお金かかるし。そして永遠の愛を誓ったくせに3割は離婚するし。

わたしには、高校時代から付き合っているパートナーの「そのちゃん」がいます。彼もまた社会不適合者。わたしたちは入籍をしていないんですが、健康保険や年金が安くなる関係で、いまは住民票だけ統一しているいわゆる事実婚の関係にあります。と言っても「事実婚」って調べてみると、一緒に住んでいるという証明が要るみたいなんですが、わたしたち常に一緒に住んでいるわけじゃなく。

結婚って憧れでするもんじゃなく、親の要望に答えてするものなんじゃないかと思います。本人たちは信頼関係さえあればべつに書面上は結婚なんてしてもしなくてもどっちでも良くて、家族単位での話。日本ではまだ夫婦別姓が認められていないので、正式な書類ではすべて苗字を統一する必要があります。めんどくさい・・・。結納だとかいうのももちろん、結婚式や披露宴だってする必要がないと思っています。

結婚という制度に限らず何かに縛られるのが嫌い、常に特定の人と一緒にいるのもきっとうんざりする。わたしたちが会う頻度は高くはないしそれぞれのコミュニティのなかでそれぞれ生きているわけですが、この距離感がとても心地よいです。お互いにこの感覚が理解できるというのも、パートナーのそのちゃんには感謝したいところ。

つまり結婚っていう概念自体がべつにどうでも良い、ただ昔の偉い人間が定めた制度であって、人生の一大イベントでもないと思っています。日本に国籍を持って日本社会の制度にのっとって生きている限り、ある程度は法で縛られているしそれはしょうがないんですが。そしてそういう法律をうまく利用して生きていくってのが賢い生き方だとも思っています。

 

結婚式とご祝儀文化について

そして、その結婚制度にのっかったブライダル関係のしきたり!本当にくだらないし時間とお金の無駄だと思うんです。

こちらの記事→『結婚式のご祝儀はいらない文化。時代遅れの不必要な出費』には結婚式の略歴とかご祝儀っていう文化がいつから生まれたのかとかいうところも書きました。

結婚式、披露宴をするとなると、かかる費用の平均は300万円ほどだと言われています。結婚式、披露宴というイベントがそれだけの大金(世界一周できちゃうくらいの大金)をかけてでもやる価値がある!と心から言えるんであれば、そういう方々はしたら良いんじゃないかと思いますが・・・わたしはそんな価値ないと思うし、なんの魅力も感じないですね。プロフィールページにも書きましたが、結婚した夫婦のうち3割は離婚するわけで。人生で一度きりのイベントだから!っていうのも言えないですよね。せっかくたくさんお時間やお金や労力をかけて祝ってあげたのに別れたんかい、みたいな。

結婚式や披露宴に呼ぶときって、「わたしたち結婚することになりました。親しいみなさんに感謝の気持ちをこめてささやか披露宴をとり行いますので出席してください」って、いう感じで呼びますよね。

これって矛盾していると思うんですが・・・「感謝の気持ちをこめて呼ぶ」じゃなくて「祝ってほしいから呼ぶ」ってことじゃないのか?そもそもお客さんのために感謝をこめて披露宴を開催するなら、ご祝儀なんて取るなよ!って思うんですが。

こういう、意図の矛盾した、ブライダル業界しか儲からないしきたり、やめたら良いんじゃないかなと。

 

出会いと結婚

結婚したいって思っている(or思い込んでいる)人はそのことしか見えていなくて、自分は結婚したいと本当に心から思っているのかどうかさえ考えられていなかったりします。

でも、結婚するかしないかってのはどうでも良いけど、人生でパートナーがいるってのは素晴らしいことなんじゃないかとも思います。ただ、パートナーがいたとしても人生の最後まで一緒にいられるわけでもないし思ったより早くどちらかが病気になったり亡くなったりする可能性だって十分ある。

そういう長い目で見たときに、自分の人生は自分だけで完結させたいのか、ただパートナーがほしいだけなのか、結婚したいのか、子どもを産みたいのか、または養子をもらうというのも選択肢に入るのか、結婚式や披露宴を盛大にとり行いたいのか・・・などなど、しきたりとか伝統とか家族の意見とかじゃなく、自分がどういう部分を大切にしてどんな人生を送りたいのか、ちゃんと考えることをおすすめします!亡くなる直前になってこういう部分を後悔する人、たくさんいるようですし。

ありんこ

そしてなにより容姿とかじゃなく自分の考え方、人生の価値観にマッチする人と出会えるかどうかは大きいんじゃないかとも思います。「婚活パーティー検索サイト」←日本全国でやっているパーティーを検索して参加してみると、意外と良い出会いがあるかもしれません。気になった方はぜひ!

 

【生き方と結婚観】新時代を生きる若者の人生に「結婚式」「夫婦同姓」は必要?

2018.10.21

【生き方と結婚観】新時代!結婚すること、しないことのメリットとデメリット

2018.10.13