【レトロ】地元民ファン多数の隠れ家パン屋さん

Boulangerie retro

多賀町のおいしいパン屋

高松市内の女性限定ちっちゃなシェアハウス、ALINCO houseから自転車でぶらっと。

高松市街地〜東部エリアには、個人経営のおいしいカフェや喫茶店、パン屋さんなどがたくさんあります。今回も、ALINCO houseから徒歩やチャリでひょいっと行けるおいしいパン屋さんを紹介します。

 

イオン高松東店よりさらに東に向かって、自転車をこいでいきます。

高松市東部にある絶景スポットといえば屋島。島じゃなく、山です。屋島も紅葉シーズンが始まっているようで、深い緑色の山の中にちょこっと、赤や黄色も混じって見えました。

 

シェアハウスALINCO houseに住む前には、高松市の西のほうのアパートでひとり暮らしをしてたので、年間を通して屋島の景色を見ることもなく、こんな色の変化には気づくこともなかったなあ。空は、さわやかな秋晴れ。

 

大通りから外れてちょっと細い道に入っていくと、ありました。

 

ちょうど5周年記念。あとで紹介しますが、記念のサービスパンもありました。

 

駐車場は、お店の前に6台分くらい。ちょっと離れたところに第2駐車場もありました。

 

興味深いものがそこらじゅうに

お店の横にあった建物。何かに使われている気配はなかったのですが、こんな看板が。

ここでパンを作っているんでしょうか。もとはこっちの建物がパン屋さんだったんでしょうか。今は空き家になってるのかな。

 

店先にあったこんなステンドグラス。ただカラフルで綺麗ってだけじゃなく、コックさんとロールパンのようなシルエットもあってかわいい。

この裏にはカーブミラーのようなものがあったので、もしかしたらミラーを再利用したアートだったのかも。にしても、ナイスアイデアです。

 

お店の前には、こんなものも。

何時ごろにどのパンが焼けるかの早見表?すごい数の種類。今回訪れたときは、ここまで多くのパンはありませんでしたが、目当てのパンがあるならあらかじめ焼ける目安の時間を問い合わせてからがいいかもしれません。

この早見表にあるパンは、毎日変わるのかなー?

 

こだわりのパンたち

狭めの店内には、ハード系のパンを中心に、いろいろなパンがところ狭しと並んでいました。

こちらの、ベリーを練りこんだ記事にクリームチーズが入ったパン、TVで紹介されたことがあったようです。この他にも、これとは違う番組で紹介されたというパンもいくつかありました。

そんなに人通りは多くない道沿いにあるお店ですが、なにげに有名店なようです。

 

透明の袋に入ったパンもありました。焼いてから時間がたったパンなのでしょうか。表明が乾かないように、袋に入れてるのかな。

パンのほかにも、クロワッサン生地で作ったラスクなどお菓子も並んでいました。

珍しいパンも多数ありますが、定番のパンももちろん、比較的高コスパで手に入ります。

 

おかずパンも多数。こちらもなかなか手頃な値段です。

 

食パンの種類がなぜか豊富。そしてお客さんたちも、食パンを購入している人が多かった印象です。

わたしがお店に入ったとき、小さめの店内はお客さんでいっぱい。入り口からレジまでずらっとお客さんたちが並んでいて、向こうのほうのパンが取りたくても、そこにたどり着くまで取れない状況でした・・・

 

レジ横の冷蔵庫の中にも、サンドイッチなど。

retroさんオリジナルのクリームチーズもありましたー。容器がオシャレでちっちゃめサイズ、買ったパンにすぐ塗って食べるのがよさそうです。

 

今回はちょうどお店の5周年記念、ひとり1つまでの限定でしたが、イングリッシュマフィンとメロンパンをそれぞれ半額で手に入れることができました!

イングリッシュマフィン75円はかなり安い。

 

そして今回買ったパンは、定番のクロワッサンやカレーパン、5周年記念サービスのメロンパンとイングリッシュマフィン、おいももっちとゴルゴンゾーラのパン。

これだけ買っても1000円行きませんでした。5周年記念サービスというのもありますが、なんというコスパの良さ。

 

持ち帰り撮影です。retroさんの丸いショップカードが、本物のパンみたい。ハード系のパンが多かったので、レタッチはコントラスト強めにしてみました。

クロワッサンは発酵バター使用で、とても香りが良くサクサクでした。

カレーパンはかなり人気なようで、このときお店にあったのも残り2個でした。モチモチで、ちょっと甘みのある生地の中には、牛肉を使ったカレーがたっぷり。辛いのは苦手なんですが、このカレーパンは辛すぎず甘すぎず、ちょうどよかったです。

5周年サービスのイングリッシュマフィンは、とても弾力のあるモチモチの生地。あっという間に完食。

こちらも5周年サービスのメロンパンは、ちょっと小さめサイズ。甘さがちょうどよかったです。外側はとてもサクサクで、中はふわふわ。

もちシリーズは他にもいろいろとありましたが、今回はおいももっちを選択。サツマイモとゴマを練りこんだ生地を揚げたドーナツパンです。これは本物のおもちみたいなパン生地。揚げ物ですがあまりくどくはなかったです。

そしてチーズ好きとしてはお店に入ってすぐから気になっていた、ゴルゴンゾーラのパン。上に乗っかっているチーズとハチミツがまだトロトロ液状だったので、持ち帰るときにも傾けないように注意する必要がありました。大きめでゴルゴンゾーラチーズもたっぷり。1個食べるとおなかいっぱいです。ゴルゴンゾーラチーズが好きな人には最高、このゴルゴンゾーラチーズの独特な香りが苦手な人には最悪。

 

レジにこんなものもありました。

オリーブオイルも、メーカーや品種ごとにそれぞれ香りや味が違います。こちらは店主さんおすすめのオリーブオイル食べきりサイズ。

 

retroさんにはポイントカードがあります。ポイント2倍dayもありますよー。

 

アクセスと定休日、営業時間

高松市春日にある小さなパン屋さん。

retro(レトロ)

ことでん木太町駅から徒歩15分程度。駐車場が多めなので、車でもOK。

定休日:日曜・祝日

営業時間:10:00〜19:00

パン屋にはめずらしく、予約もできるそうです。常連さんが多く、地元の人たちにはとても人気。香川県内のパン屋さんの中で1番好き、と言う人もいるくらいのおすすめパン屋さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です