今の仕事をやめたい人必見、生活するのに最低かかるお金は?

最低限必要なお金はいくら?

まじめに家計簿をつけたことがなければ、正確に知ることがないお金の収支。家計簿をつけなくても、だいたい使ったお金の額はわかるし、残っているお金を見ればなんとなく、どれだけの収入と支出があったのかがわかる、と考えている人は多いんではないでしょうか。

でも実際のところ、1ヶ月の給料が最低どれくらいなら、路頭に迷わずに住むんだろう・・・最低限の生活が送れるんだろう・・・たくさん稼いだらたくさん使ってしまうし、無意識に生活水準も上がっていってしまってます。確実に。

今回は、もしも今の仕事をやめた場合に、毎月どれだけの収入があれば食い繋いでいけるのか、検証しました。まあ今の仕事をこれからもずーっと定年まで続け、毎月決まった日にだいたい決まった額が銀行に振り込まれ続ける、という生活をこれからも続ける人にはいらない情報でしょうが。

 

毎月の生活費

まず、大多数の人がふつうに生活するのに、月々最低でも使うお金がどれくらいか、いろいろな生活の場面に分けて、おおまかに検証しました。人間の欲は限度がありませんが、ここでは、ほぼ無欲である場合を考えて、あくまでおおまかに!です。

 

都会で一人暮らし。移動手段は主に電車。

  • 家賃 6万〜

都会で家を借りて住む場合の家賃は、最低でもこれくらい。もっと安いところも探せばあると思いますが、ドアの鍵がかからなかったり、ワケありだったり、さまざまです。とりあえずこれくらいと。

  • 光熱費 1万〜

電気、ガス、水道料金

  • 通信費 5千〜

どんなに貧しくても、ケータイは今どき、なかなか手放せないのでしょうか。

  • 税金、保険料、年金 3万〜

ニートになって失業保険をもらう、扶養に入る、個人事業主として働く、会社に務める、これは幅がありそうですが。

  • 交通費 5千〜

電車移動なのでこちらはあんまりかからない。特にサラリーマンであれば、会社のお金で定期券が変えたり、補助が出たりする場合が多いです。今回は会社をやめた場合について、考えてます。どんなにひきこもりたい人でも、これくらいは使うでしょう。

  • 食費 3万

自炊をしてもこれくらい。都会のスーパーで食材を買うと、そこそこの金額になります。これにお酒や交際費が加わるとかなり膨れ上がりますが、とりあえず最低限で。

  • 洋服、医療、日用品費 1万

がっつりお金をかける月と、かけない月と、これはばらつきが大きいですが、平均してこれくらいなのではないでしょうか。

ここまでの合計が15万。都会で一人暮らしって、きりつめたとしても、なかなか簡単なものじゃなさそうです・・・。

ちなみに、これは移動手段が主に電車だった場合の話。これに加え車を持ったり、趣味で使うお金を考慮するとさらに膨れ上がります。普通車1台にかかる維持費は、ガソリン代を除いても、2年ごとの車検10万程度(1年で割って考えると5万)、1年ごとの任意保険料3万〜12万程度(免許の種類や年齢、事故歴や保険の内容によってもかなりばらつきがあります)、1年ごとの自動車税2万〜6万程度、1ヶ月でかかる駐車場の賃料1万〜5万などなど・・・。ためしにこれを、月々いくらかかるのか計算してみると・・・

車の維持費だけでも月々1万9千〜6万9千円、+ガソリン代。まあ、車を使わなくても月々2万、年間では24万円の支出になるということになります。

結局、都会で車を持って一人暮らしする場合にかかる最低限のお金は、17万程度。最低限で、です。サラリーマンとして都会の会社に日々勤めている方、会社をやめるにはいろいろとその先のことを考える必要がありそうです・・・。

 

田舎で一人暮らし。移動手段は主に車。

続いて、田舎で暮らす場合について考えます。田舎といっても、ここでは周りに田んぼしかないど田舎じゃなく、ふつうにお店も徒歩圏内に少しはある、地方を例に。電車の本数が少ない場合には、車はなかなか手放せないので、とりあえず車も入れて考えてます。

 

  • 家賃 3万〜

場所にもよりますが、もっと安いところもたくさんあります。ボロではない、キレイ目のところに住むにはこれくらい。

  • 光熱費 1万〜

電気、ガス、水道料金

  • 通信費 5千〜

ケータイ代など

  • 税金、保険料、年金 3万〜

どこに住んでもあまり変わらず。

  • 交通費 千〜

場所によりますが、自転車で移動できる範囲にいろいろなお店などがあればラッキー。千円もいらないかもしれません。電車の本数は、都会と比べるととても少ないけど、利用しなくても大丈夫。

  • 食費 1万5千〜

自炊。田舎の直売所や農協などで手に入る安い食材はそこらじゅうにあります。これに加え、近所の人たちから野菜などをもらうこともしばしば。交際費などを考慮しなければ、食費はかなり浮きます。

  • 洋服、医療、日用品費 5千

どこにいてもあまり変わりません。ただ、洋服屋さんなどが少ないので誘惑も少なく、必要なときにしか物を購入しなくなります。

ここまでの合計が9万6千。意外と、都会暮らしとの差が広がりました。これなら、わざわざ会社に正社員として勤めて毎日働かなくても、生活はできそう。

一応、田舎ってことで、これに車を加えて考えてみます。普通車1台にかかる維持費、2年ごとの車検10万程度(1年で割って考えると5万)、1年ごとの任意保険料3万〜12万程度(免許の種類や年齢、事故歴や保険の内容によってもかなりばらつきがあります)、1年ごとの自動車税2万〜6万程度、1ヶ月でかかる駐車場の賃料3千〜7千など。

あまり知られていないですが、都会暮らしとの大きな違いは、駐車場の賃料。目を疑うくらいの差があるのです。ケタが違う!車の維持費は月々9千〜1万9千円、+ガソリン代。ここでもまあまあの差が出ます。でも、都会とは違い車を毎日使うので、ガソリン代は高くつきます。

車を持って田舎で暮らす場合には、7万5千〜8万5千円くらいのお金が毎月必要になるということになりました。

 

都会田舎(トカイナカ)暮らしのすすめ

ここまでで書いたのは、あくまで目安です。生活スタイルとか、住む場所、生活の満足度によってかなり幅がある内容なので、あまり欲がない人でも最低これくらいはかかるんだなーという程度に参考にしてもらえたら嬉しいです。

こう見ると、田舎に移住したら、仕事をそれなりにしとけば快適に暮らせるんだとみられがちですが、人それぞれ合う場所、合わない場所があります。雰囲気やその地域の人、気候や自分に合う移動手段などなど総合的に見て、自分に合うところに住むのがいいと思うのですが。でも住んでみないと分からない、ということはた〜くさんあります。こんなはずじゃなかった・・・と思うことも中には起こりうるかもしれません。

都会田舎(トカイナカ)と呼ぶことがときどきある、主に地方都市はおすすめ。都会がいやだなー、満員電車がいやだなー、でも田舎は自分には合わないだろうなー・・・などなど、踏みとどまっている特に若い人たちは多いように感じます。が、都会田舎(トカイナカ)なら比較的スムーズに馴染めるんじゃないでしょうか。ど田舎ではないので、都会育ちの人にとっても不自由さを感じる場面は少なく、都会と比べればちょっとお店の種類が少ないなー程度。むしろ人が少ないので、どこにいっても並ばずにいろいろなものにありつける。都会田舎(トカイナカ)、日本全国探せばたくさんありますよー。

 

シェアハウス(ALINCO house)の暮らし

最後にちょろっと、トカイナカである高松のとある場所で、小さな一軒家をリノベーションしたシェアハウスを経営してます。ALINCO houseについてはこちら

いろいろな想いがあって作ったシェアハウスですが、とても立地が良いので、移動手段に自転車を使えば比較的どこへでも行けてしまいます。徒歩圏内にも大型スーパーあり。ここに住む人にとっては最低限どれくらいのお金があれば生活できるのか、計算してみました。

 

  • 家賃 3万5千

場所にもよりますが、もっと安いところもたくさんあります。ボロではない、キレイ目のところに住むにはこれくらい。

  • 共益費、光熱費 1万〜

共用スペースの使用、インターネット、一部の日用品、電気、ガス、水道料金

  • 通信費 5千〜

ケータイ代など

  • 税金、保険料、年金 3万〜

どこに住んでもあまり変わらず。

  • 食費 1万〜

調味料は無料。自炊。もらいものの食材を共用にすることも。

  • 洋服、医療、日用品費 千

病気などとくに何もなければ、ほぼゼロ。

9万円程度。一人暮らしよりはちょっと少ない額で暮らせるようです。

 

 

ちょっと視点を変えると、暮らし方が変わる

ここまで読むと、自分に合うトカイナカを探して移住すれば、仕事しなくても、生活できるじゃん!と思ってしまいそうですが、今回紹介した月々かかる最低限のお金というのは、引っ越し作業、家や仕事探し、もろもろの契約などが全部済み、安定したあと、病気などせずに健康に生活しているときの生活費についてです。あくまで最低限という目安。

家を借りるときにはいろいろと、想定外の初期費用がかかる上に、家具の準備などなど結局お金がたくさん必要になります。ALINCO houseでは初期費用も家具もいらないので、そういう意味ではとくに、我ながらおすすめ。シェアハウスそれぞれの地域に数カ所ずつあったりしますが、それぞれ雰囲気のシステムもさまざま。一概にはこうとは言えませんが。

高〜い家賃や駐車場代を払って、そこらじゅうにある誘惑に負けて高〜い買い物をしながら、まじめに毎日毎日働く。これがふつうの生活なんかじゃないんだと、ちょっと視点を変えるだけで見えてくるんじゃないでしょうか。住む場所、かかわる人、食べる物、着る物、暮らし方、こうでなきゃいけない、ということは全くなく、それぞれが自分で好きなようにできるはず。お金というモンスターに縛られず、それでもお金はやっぱり便利で不可欠なので最低限は持ちつつ、自分を見失わないように心穏やかに暮らせたらいいね。

いくら貯金をしたって人間、いつ死ぬかわからないし。なんにせよ、周りじゃなくて、自分が満足できたらいいんじゃないでしょうか。

 

ということで、自分は毎月いくら使ってるのか、最低いくらあれば生活できるのか、数ヶ月間〜2年間くらい、きっちりつけてみるのがおすすめです。この記事を参考にしてもらえたらなお嬉しい。

 

高松の小さなシェアハウス(ALINCO house)、現在は満室ですが。お問い合わせ随時受け付けてます。こちらからお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です