素朴さと雑さとちょこっとオシャレ

ALINCO houseでのシェア暮らし

高松市内にみんなで作った小さなシェアハウス

もともとボロ家だった小さな小さな一軒家を、古家の良さを残しつつ全面的にリノベーションして作ったので、夏の暑さはそこそこ厳しかった・・・そして冬の寒さも厳しくなりそう。エアコンが全部屋にあるので、とりあえずエアコンを使っているときはとても快適。

個室の3人みんながエアコンフル稼働だったんで、夏の電気代にぶったまげるかと思ってましたが、案外高くなかった。なぜだろ。とりあえず安心。そして今年は涼しくなるのがはやい!9月に入ると同時にいっきに涼しくなりました。紅葉の時期も、今年は早く来るのかな・・・

 

ALINCO houseのミニ農園

シェアハウスのすぐ隣、更地だったところを開拓して、小さな小さな畑をつくりました。

夏から育てていたミニトマトときゅうりについては、とりあえず撤退。ミニトマトは、脇芽を取りすぎたのか日当たりが良くなかったのかなんなのか、あんまりできませんでしたが、きゅうりは豊作。自分たちで育てた、収穫したての野菜のおいしさは格別!土と太陽と水と、一緒に育ててくれたシェアハウスの仲間にありがとうです。(アリンコハウスミニ農園

こちらは、8月中頃〜苗を植えていたオクラ。5本くらいいっきに植えましたが、気付いたときには片っ端から虫に食われ・・・こんな状態に。薄い緑色のイモムシたちの仕業です。それでもあきらめきれず、5本中2本だけ、オクラの実がひとつだけなっていた苗と、比較的虫食いが少なかった苗だけそのままに。

農薬を使うのはなんだかイヤだし、まあ最終的に失敗しても、売りに出すわけではなく自分で消費するだけのものなので、気長に、地道に、イモムシを見つけては手で取り除き、見つけてはまた手で取り除き、を繰り返す日々。そして最近涼しくなってきてからは、あまりイモムシたちを見かけなくなりました。ついに勝利。若葉がちょっとずつ増えてきました!

 

1つだけなっていた実というのがこちら。まだまだ小さいです。そしてなかなか生長してくれない・・・もともとそんなに良い土じゃないっていうのはあるけど。追肥したらどうにかなるのかなあ。

 

さらに、8月末に新しい野菜が仲間入り。サラダやカルパッチョなどに使える、水菜です。今回は試しに、苗ではなくタネから。植え付けから4日目くらいに、芽が出てきてくれました!このまま、大きく育ってくれたらいいなあ。

毎日ちょっとずつ使える野菜で、買うと保存が効かないもの。サラダの主役になるこの水菜は、どれだけあってもありがたいものです。

ネギやミョウガなど薬味に使える野菜、バジルやミントなどのハーブでもいいなあと思っていましたが、植え付けの時期が合わず今回はパス。

 

ボロ網戸の張り替え

シェアハウスオーナーだけどけっこうガサツでズボラ。一緒に住んでいる仲間が、いろいろと抜けてるところをやってくれます。網戸が破れてて、でかい虫が入って来そうだよ!シャワールームは柔らかいタワシの方が傷がつかないから、買っといたよ!などなど・・・本当にありがとうです。

こちらが問題の網戸。もうすぐ張り替えます、とか書いといて、しばらくほったらかし。

 

とりあえず虫の侵入を防ぐためにテープだけ貼っといた状態。リノベ工事の段階で、とりあえず個室の網戸は張り替えて新しくなっていたんですが、ここは2階の小さな窓、盲点でした。

そういやときどき、どっから侵入したんだろ、っていうちょっと大きめの虫を家の中で見かけることもあったなあ・・・たぶんここです。

ちょっと涼しくなってきて、ようやく気が向いたので張り替え作業を行いました。

 

素朴さと雑さとおしゃれと。

玄関先。

小鳥たちは、シェアハウスを作ったときのお祝いとしてもらったもの。この色、好きだなあ。

まだまだ地方では浸透してない暮らし方、シェアハウスでの生活。家具や家電を買う必要がないから引っ越しするときの初期費用がかからないし、かなり安価で住むことができる。などなど利点のあるシェア暮らしですが、もちろんそれはそうなんだけど、それだけじゃなく、居心地の良い落ち着く空間と仲間がいるというおもしろさは、シェアハウスならでは。

とくに都会では近年、いろんなスタイルのシェアハウスが増えてきているようですが、やっぱりいちばんは、素朴で清潔で落ちつけること。家だからね。素朴さと雑さと、やりすぎないオシャレ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です