シェアハウスの小さな小さな畑

ALINCO house

高松市内の女性限定シェアハウス、ALINCO house

リノベーションした一軒家の横のこれまた小さな土地、車をなんとか一台とめてますが、その横っちょのスペースで家庭菜園でもできたらなーと思ってはや3ヶ月ほど。ようやく形になってきました。

シェアハウスの中の紹介→ちいさなシェアハウス完成!?

 

こちらはシェアハウス完成直前くらいの写真。まだ春先だったので、シェアハウス横の土地はほぼまっさらな状態。雑草がほとんど生えてません。

 

更地に畑をつくる!

シェアハウス横のスペース、初夏に入りこんなかんじに。どっから生えてきたんだよと言いたくなるほど見事な、でっかい雑草?が数カ所にニョキニョキ・・・。

そしてそのでっかい植物目当てか何か知らないけど、一時期は毛虫がそこそこの数発生。虫は基本平気な人ですが、ゴキブリと蛾だけはまじで勘弁。蛾の幼虫、毛虫たちも含みます。

毛虫発生の時点ではまだ畑を作る前だったので、とりあえずアースジェットで毛虫を撃退。植物にはかけちゃダメですが、一番人体に影響のない、効率のある毛虫撃退法だそう。

 

毛虫たちがいなくなってくれたので、これ以上増えないうちにひたすら草抜き作業。草抜きって、めんどくさいですが、なんだか心落ち着くので嫌いじゃないです。

 

雑草がそこそこなくなってきたら、次は土を耕す作業。このために購入した、女性でも使いやすいというちょっと軽めのスコップで、何年間掘られてないのかわからない更地の土を、一生懸命掘り起こします。これがけっこう固い。どれくらい固かったかというと、はじめにスコップを土にグサッとさしたとき、「土のすぐ下はコンクリートかな??」とおもったくらい。

 

夏野菜の植えつけ

そんなこんなで、土の下はコンクリートじゃないとわかって耕し続けること2時間ほど。女一人でのかなり力のいる作業、心を無にしてひたすら掘り続けました。小学生のとき以来かな?久しぶりに、手にマメができました。これがけっこう楽しかったんですがね。

知り合いの畑からもらってきた土を2袋ほど追加し、さらに肥料をまぜまぜ。土の酸性、アルカリ性とかわからないし、肥料の量もまあまあてきとう。うまくいくかはわからないけど、とりあえずやってみます。今回植えたのは、夏野菜、キュウリとミニトマトの苗。

 

キュウリとトマト、それぞれ2本ずつ。日当たりがあんまり良くないので、それでも育つかなーという植物のチョイスです。

 

畝を2本作ったので、それぞれの畝に植えつけてみました。植えつけのときは、畝に穴を掘ったあと、穴に水をジャージャーと入れて池を作ってしまってから、その池にズボッと植え付けるのが良いよう。これでもかというくらい、水を与えると良いようです。

これは、植えつけ後1、2週間ほどたってからの写真。早めの段階で、支柱を立ててあげます。キュウリのほうは、ツルがくるくると巻きつくためのネットを張ってあげました。

 

こちらキュウリ。いいかんじで、育ってます。

 

のびてきたツルが、どんどんとネットに巻きついてくれてます^^

 

キュウリの花。実がなるのは、もうすぐかな・・・。

 

こちらはミニトマト。下のほうに、小さな実がなってます。ミニトマトは、まずは木を強くしなきゃならないので、脇芽をどんどん取っちゃうのが良いそうです。はじめのほうは、こういう実や花も、取ってしまったほうがいいんだって。

 

キュウリはほとんど水でできてるので、生長過程でたっぷりと水をあげる。ミニトマトは、できるだけ水をあげないほうが甘くなるそう。

梅雨の時期は、必然的に大量に水を与えられますが、特にミニトマトは日照量のことが心配・・・。ま、それ以前に土がうまくできてるのか知らないですが。今のところ、キュウリのほうはちょっとずつ伸びてきてます^^大きく生長してほしいな。

 

 

いろいろDIY

シェアハウスの中で自作したものを公開してます。こちらもみてね。

3 件のコメント

  • おおおー畑育ってますね!僕も小さいころ親と畑をしてましたが、自分で作ったものができると嬉しいですよね。うまいことできるといいですね(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です