コスパばつぐんの自作シェルフDIY

DIYなんてやったことない、方法も知らなければ道具も全く持ってない、という状況だったちょっと前。シェアハウスの天井塗装からはじまり、今ではDIYが趣味になるほどいろんなものを作れるようになりました。

と言っても性格は引くほどザツ。職人肌なんてもんではないので、設計などは全くしません。とりあえず木材やDIY用具ををひととおり用意してみて、切ったりくっつけたり。必要になったときにやっと計測、失敗したらしたでイメージを変更。そんな要領でゆるゆると作っています。

高松市内につくった小さな女性限定シェアハウス(ALINCO house)、おかげさまで6月から半年間、満室となりました。内覧会はもうちょっとの間やってます。

 

ちいさなシェアハウス(ありんこハウス)完成!?

2017.04.23

シェアハウスの中の紹介はこちらから。

 

シェアハウスに、自作シェルフ

今回はシェアハウスの中に、2種類の棚を作ってみました。作り方はどちらも同じ、初心者にも真似できる単純な仕組みになっています。

 

廊下にオリジナルギャラリー

シェアハウスの中でもここ、ろうかの壁面はみんなが通って見る場所なのに、まっしろで有効活用できていません。そこで、この壁面にギャラリーを作ってみました。

 

使った木材は、自作ポストと宅配ボックスこたつDIYでも使ったOSBボード。

軽くて安くて、コスパばつぐんです。このOSBボードを家の内装に取り入れる場合には、ちょっとだけじゃなく、できるだけたくさんの場所に使うことがポイント。ちょっとだけ使うと、かえって悪目立ちしてしまうようです。

 

ブラックアンドデッカーの丸ノコヘッドをつかって、ちょうど良い幅、長さにカットします。

丸ノコ、サンダー、インパクトドライバーはもう使いこなせるようになりました。初心者にも、びっくりするほど使いやすくて機能的。プロにも勧められました。

 

端材。こんなに細かくもカットできます。

 

棚板を支えるために、端材をつかって厚みをもたせたOSBボードをつくりました。まずこれを壁面にわたし、柱に釘でくっつけます。

今回は全てのパーツをOSBボードでつくりましたが、この棚板の支えは、もっと厚みのある木材(しならないもの)を使ったほうが、棚板が安定するんだろうなと。

 

ホームセンターで手に入れたアームを、両サイドの柱にくっつけます。

壁が漆喰塗り(もとは砂壁)で釘をさすことができないので、今回は木でできた柱にくっつけました。

 

つや消し白のアーム、シンプルでなかなかいいです。

両サイドをアームで強化。この上に、いよいよ棚板をのせます。

 

斜め下から見ると、こんなかんじ。

 

瀬戸内観光のガイドブックを飾って・・・みんなで共有できるギャラリーになりました。

 

何にもなかった廊下が一気ににぎやかに。なんだか、ゲストハウスでよく見るような風景になりました。

柱から柱、さらに柱から柱と、2連のシェルフをつくってみました。ちょっとしなっていますが。

 

シェアメンバーみんなで、シェアしたいものをたくさん並べていけるといいな。

 

無線LANルーター置き場

同じ要領で洗面所上の柱を利用して、ここにもつくってみました!こちらもOSBボード。

ここには横向きに柱がわたされているので、棚板を支えるための木材は必要ありませんでした。

 

斜め上から見ると、こんなかんじ。

インターネット回線の工事も完了したので、ここにルーターを設置する予定。ここにルーターを置けば、リビングに置いてジャマになることもないし、2階の部屋からでも繋がりやすくなるはず!

 

いろいろDIYアイディア

シェルフ以外にも、シェアハウスの中で自作したものを公開しています。

ついこの間までDIY経験ゼロの初心者でしたが、今ではいろんなものを作っています。

DIYをはじめようかと思っている人、ぜひ挑戦してほしいです!工具や作り方など、ご質問なども気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

arinkolog

ARINKO LOGにお越しいただきありがとうございます。オーナーのありんこです。都会生まれ都会育ち、瀬戸内の田舎に女ひとり移住しました。このブログでは、瀬戸内の魅力に惹かれて1人で香川に移住した、田舎好き都会育ち女子の日常を発信しています。

*詳しいプロフィールを見る*

最新情報配信中!フォローしてね!