シェアなかまとボジョレーヌーヴォー@高松

ボジョレー・ヌーボー2017

高松の小さなシェアハウスから

フランスのブルゴーニュ地方、ボジョレーの新鮮なブドウでつくられたボジョレー・ヌーボー。毎年この時期に収穫されたブドウで醸造された、毎年この時期にしか味わえない新酒ですが、2017年の解禁日は11月16日木曜。なぜかは知りませんが、毎年11月第3週の木曜日と決められているそうです。

初物が好きな日本人の性格からか、世界中でもこれだけ盛り上がっているのは日本だけなよう。この時期のフランスからのワイン輸入量は日本がダントツ1位。普段ワインをそこまで飲まない日本人がこれだけ盛り上がっているというほど、ボジョレー・ヌーボーの味が日本人に合うということなのかな。

ボジョレー・ヌーボーパーティー、高松でもやっていたので行ってみました。市内にある女性限定シェアハウス( ALINCO house)から自転車で。ALINCO houseでシェア暮らししているなかまたちと一緒に参加しました^^

 

ボジョレーヌーボー解禁日は木曜日。パーティーはド平日の真昼間から。

みんな仕事があるので、夜合流。高松では、商店街の中のイベントスペースでやってました。

 

ボジョレー・ヌーボーパーティーへ

スペシャルゲストさんたちも参加。ミス・ブルゴーニュも。ミス・ブルゴーニュがわざわざ高松に来てくれくれるなんてすごい!

日本のおかげでボジョレー・ヌーボーがよく出回っているというのは事実だろうけど、なぜわざわざ香川まで。

 

パーティーは15:00からやっていたみたいですが、平日仕事をしている人たちはもちろん夜からの参加。なかなかたくさんの人が集まっていました。

食べ物を売っているお店は、黄色、緑、オレンジ、3つのカラフルなテント。もうパーティー終盤ということもあってか、人だかりはできているものの、大行列ができているとか飲食するための席が空いてないとかいうことはありませんでした。どのお店もまだもう少し食べるものはあったし、それなりに快適。

 

ワインに合うおつまみを中心に、いろんな料理やデザートが売られていました。値段は、イベントにしてはまあまあ良心的。

 

人気のものは売り切れていたりもしましたが、おつまみだけじゃなく、がっつりと食事もできます。

 

まだ11月半ばなのに、異常な寒さ。そんな中、グラタンやシチューなどはかなり人気なようでした。

 

ボジョレー・ヌーボー見当たらず・・・

夜遅く、まだどのお店も商品は残っているようでしたが、肝心のボジョレー・ヌーボーが見当たらない。

 

ふつうのワインや、カクテルはまだまだたくさんあるようでしたが。

 

と思ったら・・・

なんと、ボジョレー・ヌーボーは完売!遅かったか・・・どのメニューを見ても大きな×がつけられていました、残念。

 

なんのために来たんだか・・・笑。とりあえず他の飲み物を注文。グラスはなんだかオシャレげですが、プラスチック製。持ち帰ってOKとのことでした。

 

ボジョレーヌーボーじゃありませんが、雰囲気だけでも満喫。

 

現地で合流したALINCO houseのなかまが、席をとっておいてくれたので、みんなで食事。

それぞれがてきとうに買ってきたものを、シェアしました。

 

一応、テーブルにもフードメニューが置かれてましたよー。イベントで出店していた飲食店さんたちは、けっこう有名な人気店ばかりだったよう。

 

ミス・ブルゴーニュ登場

尋常じゃないほどの寒さの中での屋外パーティー、アーティストや野球選手などゲストさんたちががんばって盛り上げてました。

 

みんなで、かんぱーい。ボジョレーヌーボーないけど。

 

パーティー終盤、フランスからわざわざ来てたスペシャルゲストのミス・ブルゴーニュと、ラブレ・ロワ副社長の紹介。ミス・ブルゴーニュ、ありえないほどの顔のちっささ。

 

ミス・ブルゴーニュをもっと近くで見たい・・・と思ってるところで、こんな看板を発見。

”ワインを飲んで、ミス・ブルゴーニュと写真を撮ろう!”

ワイン飲んでないけど、というか売り切れだったけど・・・(TT)もしやミス・ブルゴーニュがここに来てくれるのか?

 

来てくれました!!人形かと思うくらいの美貌。何度も言うけど、顔がめちゃくちゃ小さい。

一緒に写真に写ってくれました。自分も写真に入ると、顔の大きさの違いで公開処刑かただの引き立て役かどっちかという感じでしたが。ボジョレー・ヌーボー売り切れ後のパーティー終盤、こんなうれしいことが待ってたとは。

 

そしてさらにパーティー終盤、人がかなり減ってきた頃、もうひとつうれしいことがありました。

1個400円で売られていたティラミスが何個か残っていたのですが、買いませんかー!の人たちに巻き込まれ・・・ドケチ3人の交渉の結果なんと全員が半額で食べることができました。この自家製ティラミスが予想以上に濃厚でおいしい。

なんだか得した気分になり、体が冷え切ったところで退散。となりの席にいた、アメリカに住んでいるという女の人と仲良くなり、飲みに行く約束もできました。素敵な出逢いもあり、美味しいものもあり、ALINCO houseのなかまとの楽しい思い出になりました。なかったのは、ボジョレー・ヌーボーだけ。

 

今年のボジョレー・ヌーボーは特別おいしくできたそうですよー

 

 

高松の女性限定シェアハウス、ALINCO house。つい先日、入居なかま募集を再開しました。

内覧希望やご質問など、気軽にどうぞ^^(お問い合わせはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です